オナニーでアイドルの肉便器願望を満たしてあげることはヲタとしての責務

アイドルを応援するヲタの心得として決して忘れてならないのは、アイドルをオナニーのオカズやズリネタとして愛用し脳内で犯しまくってアイドル達の肉便器願望を満たしてあげることは、ヲタとしての推しメンへの愛の証であり、アイドルヲタとしての最も重要な責務の一つだということだ。

アイドルは「肉便器にされたい!」「勃起した肉棒を突き挿されたい!」「精液便所にされたい!」「精液を注ぎ込まれたい!」「もっと一杯オカズにされたい!」「オナペットにされたい!」「ズリネタに使われてシコられたい!」「オナネタとして脳内で犯されたい!」という自分でも抑え切れない強烈な衝動を心の内に抱えた淫乱な肉便器願望の塊なのである。


「千年に一度のアイドル」橋本環奈も中身は肉便器願望の塊の動く肉便器

アイドルのメンバーに熱愛や男関係のスキャンダルが発生した時、その過半数はヲタのアイドルをオナネタにしたオナニーが足りず、アイドルの肉便器願望やオナペット願望、精液便所願望をヲタが満たせてあげなかったことがスキャンダルの原因なのだ。

アイドルの恋愛が発覚して「裏切られた」とか怒ってるヲタは頭がおかしく、根本的に責任の所在を見誤っており、むしろアイドルや推しメンの恋愛が発覚したヲタは

「なんで俺は推しメンを肉便器として満足させてやられなかったんだ!!!!」
「俺がヲタとして推しメンの肉便器願望を満たしてあげられなかったせいで男に走ってしまった!!!」
「俺のオナニーが足りないせいで推しメンが欲求不満になってスキャンダルを起こしてしまった!!」

と自分の頭を壁に何度も何度も打ち付けて猛省するべきなのだ。

アイドルヲタとしての心得やアイドル論を語る上で非常に重要な真実なのでもう一度繰り返す。

アイドルは「肉便器にされたい!」「勃起した肉棒を突き挿されたい!」「精液便所にされたい!」「精液を注ぎ込まれたい!」「もっと一杯オカズにされたい!」「オナペットにされたい!」「ズリネタに使われてシコられたい!」「オナネタとして脳内で犯されたい!」という自分でも抑え切れない強烈な衝動を心の内に抱えた淫乱な肉便器願望の塊なのである。

女子アイドル達はそのほとんど全員が、メスの本能で肉便器として犯されたがっているし、勃起と射精の対象とされたがっているのだ。


ハイレグ競泳水着を着てエロ過ぎる尻のワレメの形状をファンに見せつける自撮りでも肉便器精液便所願望の本音を包み隠さないスタイルの本業は尻職人で副業がドエロ巨尻グラビアアイドルの倉持由香

しかし、この様にアイドル達が淫乱な雌豚の様に強烈な肉便器願望を抱えて、その処理に苦しみ悶えている一方で、そのアイドルを応援するアイドルヲタ達は「〇〇〇ちゃんはピュアな天使だから性欲なんてない!」とか呑気にアイドルを理想化して夢みたいなことを言って、「親目線気取り」でヲタとしての重要な勤めである推しメンをオナネタにしたオナニーを怠っているのである。

日頃から抑え切れないメスとしての肉便器願望に身悶えして苦しんでいるアイドルにとっては、そんな人として相手の気持ちを汲む思いやりの気持ちの欠片もない、オナニーすらしてくれない男として甲斐性無しのアイドルヲタ達は全く信頼も信用も出来ないなのである。

その結果、その様なヲタには全く理解しても貰えない悲痛な肉便器衝動を満たしてもらう為にアイドルは男に走ってしまう。アイドルヲタの無理解がアイドルを男や恋愛や非行に走らせ、スキャンダルの温床となっているのだ。

まずはアイドルの肉便器欲求や性欲を認めてあげること

正しいアイドルヲタになるための最初の一歩は、まずはアイドルの肉便器欲求や性欲を認めてあげることである。

たとえヲタの前でどれだけ天真爛漫に見せているロリロリで可愛いらしいアイドルであっても、またどれだけ清純そうに見せている清純派のアイドルであっても、その内面の本質は雌豚の様な肉便器願望や精液便所願望を抱えた淫乱なメスであり、頭の中は「犯されたい!」という欲求で常に一杯なのだ。

アイドルとしてのプロ意識の高さや仕事に対する真面目さから、ヲタの目の前ではその様なセックスというケダモノの様な淫乱な行為とは到底結び付けられない様なキャラクターを演じていても、その中身の本性はみな雌豚精液便所で、肉便器願望を満たすために毎日の様にレイプ妄想などをしてマンコ汁を垂れ流してクチュクチュとオナニーしているのである。

そして特に性的な面で言えば、女子は男子よりも二次性徴が早く遥かに早熟だという傾向がある。

男子が精通を迎えて自慰行為などを覚えるのは平均すると中学一年生や二年生頃からだが、女子の場合にはすでに小学校高学年の頃には性的な成熟を始め、マンコをクチュってオナニーをし始めているのである。中学校に入るよりも前、赤いランドセルを背負っている小学生の頃に、すでに女の中身は淫乱な雌豚となっているのだ。

中学生くらいのロリロリしたアイドルを見たヲタがどれだけ可愛い可愛いと子供扱いしていても、すでに彼女達の肉体と心の中身は完全に肉便器欲求の塊と化したメスなのである。


ステージの上ではどんなに可愛らしくとも頭の中はオマンコを肉棒で「ずっきゅん」されることで一杯の淫乱な肉便器願望の塊のアイドル
※写真は雌豚肉便器欲求が抑え切れずにステージ上で自らのオマンコをクチュり公開オナニーに耽るというド淫乱行為に走るBABYMETAL(ベビーメタル)のロリカワサイドダンサー水野由結

ヲタの願望通りに性を全く知らずメスと化していないアイドルとなると、ジブリアニメ「崖の上のポニョ」の主題歌を歌った頃の大橋のぞみちゃん(当時9歳)くらいである。


ヲタの願望通りの雌豚肉便器願望がなく性も知らないアイドルはおそらく大橋のぞみちゃんくらい
※ただし芸能界の子役は一般の子供に比べて遥かに大人びて早熟なので当時の大橋のぞみちゃんもすでにオナニー中毒の淫乱な雌豚である可能性もある

妄想世界に逃げ込まずに、この様な「アイドルは肉便器願望の塊の淫乱な雌豚だらけ」という現実を直視し受け入れることが、まともなアイドルヲタになるための第一歩だ。

次にアイドルの本性を受け入れ肉便器雌豚として扱ってあげること

そして正しいアイドルヲタになるための次のステップは、アイドルの淫乱な雌豚性欲便器の本性を受け入れて、きちんと肉便器として扱ってあげることである。

アイドルが「私を肉便器として見て」という仕草や表情でアピールをして来た時は(アイドルは口では絶対にその様な発言をすることはないので、仕草や表情の微妙なニュアンスで肉便器アピールを見抜かないといけない)、見逃さずに勃起と射精の対象のオナネタにしてシコッてやりメスとしての肉便器願望や精液便所欲求を満たしてやらなければならない。

その様なアイドルからヲタへの肉便器アピールのサインがあった時に鈍感で気付かずにいたり、面倒だからと無視していたりすると、「いざという時に使えない勃起不全ED野郎」と見られてヲタとしての信頼を完全に失ってしまうのだ。

子供の様なションベン臭い顔をしていても一丁前に肉便器扱いされようと「私で立ちバックレイプ妄想して抜いて欲しい」と尻を突き出すモーニング娘。の鞘師里保

アイドルが肉便器アピールや私で抜いてアピールをしてきたら、それを見逃さずにすかさず勃起と射精の対象のオナネタにして脳内で犯して抜いてやる。それが、アイドルヲタに求められる紳士としての最低限のマナーなのである。

アイドルとヲタの信頼関係は肉便器アピールと勃起射精によって育まれる

そしてアイドルとヲタの本当の信頼関係とは、この様なアイドルの肉便器アピールと、そんなアイドルに応えてズリネタにして抜いてやるヲタの勃起射精との繰り返しによって、ゆっくりと時間をかけて育まれていくものなのだ。

肉便器アピールとそれに応えてのオナニーを何度も繰り返されていくにつれて、お互いに対する信頼感が生まれ、アイドルの側からも

「精液便所願望が抑え切れなくなったら、あのヲタに私で抜いてアピールをすれば、すぐに気付いてズリネタにして精液で私の存在を満たして貰える」

と欲求不満で苦しみ身悶えする体と心を慰め、肉便器願望を満たして救ってくれる信頼のおける存在に見られる様になっていく。


雌馬と厩務員もこの様な性処理の繰り返しによって信頼関係を築き上げている(発情期の雌馬の性処理)

アイドルの恋愛スキャンダルがあっても肉便器には当然のことと受け入れる

しかし、この様に精液便所扱いや肉便器目線で見て性処理をして性的欲求不満をケアしてやっていても、子宮や乳首や下半身の疼きが抑え切れずに、時には自分から男に股を開いて抱かれてセックスしてしまうのが淫乱な雌豚肉便器の女性アイドルの本能である。


流出した欅坂46原田まゆのキスプリクラ(男は六九強姦中学校の乳吸学教師で電動バイブ部顧問の乳繰益男)


流出した欅坂46原田まゆの乳揉みプリクラ(男に後ろからおっぱいをもみもみされて感じる原田まゆ)

その様な時は、淫乱な肉便器なのだから男に股を開くのは仕方ないという現実を受け入れて、アイドルが男のことを忘れるくらいに脳内で何度も何度も滅茶苦茶に犯して精神レイプしてやるのである。

肉便器オナペット扱いの繰り返しによって一旦アイドルとの間に信頼関係が出来れば、たとえ私生活でそのアイドルに恋人や彼氏が出来たとしても、肉便器欲求の不満を解消してくれる大切な存在として信頼をキープしている状態になっている。

喧嘩や仲違い、何か物足りないとかの理由によって相手の男と別れれば、消化不良になった犯されたい願望や肉便器願望を満たして貰いに、精液便所にして欲しそうに「また私をズリネタにして」とまた自分からヲタに尻を振って来るのだ。

また、特にハロプロ(ハロープロジェクト)のメンバーに多いマゾヒスティックな性欲の強い淫乱ドMアイドルだと、恋人や彼氏が居ながらもキモヲタに犯される妄想でのオナニーも辞められないので、そんなアイドルは彼氏がいようが男がいようが恋愛スキャンダルがあろうが、気にせずズリネタにして脳内で犯しまくってオナペット性処理便器扱いしてやれば、「この人は彼氏が居ても肉便器扱いして抜いてくれる」と喜ばれ、さらにお互いの信頼関係が深まるのである。

老舗アイドル集団であるハロプロでは、20年の長い歴史の積み重ねによりこの様なアイドルとヲタの精液便所関係での信頼や絆が深まっているために、モーニング娘。に所属していた道重さゆみの様に、彼氏とセックスしている最中も頭の中はキモヲタにレイプされる妄想で一杯という重度のキモヲタレイプ妄想中毒のメンバーが何人も居るのだ。

参考:キモヲタの共有オナペット性処理便器であるハロプロメンバー

そしてオナペット精液便所としてアイドルに愛と精液を注ぎ尽くす

アイドルヲタは理想化され偶像化されたアイドルの清純なイメージの幻想ではなく、生身の淫乱雌豚肉便器としてのアイドルを愛し、オナペット精液便所として愛と精液を注ぎ尽くすべきだということである。

セックス依存症のアイドルに対しても「淫乱でヤリマンで可愛いなあ」という様に肉便器として愛おしく思えるようになると、ヲタとして視界が開けオナニーの新境地に達することが出来る。

また、アイドルの側でもその様に自分の淫乱雌豚肉便器の本性を受け入れて愛してくれるヲタには信頼感と安心感を感じ、彼氏と会えずに性的欲求不満が溜まるなどして肉便器願望が抑え切れなくなった時は、そんなヲタに向けて「私の肉便器に精液を注ぎ込んで」とマンコを濡らして自分から尻を振ってくるのである。

そういうアイドルは彼しが居ようがお望み通り脳内で滅茶苦茶に犯してやればいい。ヲタがアイドルの彼氏にまで配慮しなければならない義務など全くないのだ。アイドル本人が肉便器願望を抑え切れずに精液便所のズリネタにされたがっているのだから、アイドル本人の子宮の願望通りにズリネタにしてやって精液をぶちまけてやればいいのである。

アイドルは肉便器願望や精液便所欲求やキモヲタレイプ願望やオナネタにされたい願望を満たされて幸せ。ヲタはアイドルを脳内で犯してズリネタにして勃起射精が出来て気持ちいい。このアイドルとヲタとのズリネタの円環の中では、誰もが満足して満たされている。

コメントを残す