和田彩花の放つ孕まされる寸前の妊活人妻の様な素朴で生々しいエロス

色黒で長い手足のアンジュルム和田彩花のエロティックさは野性的で黒人的である。アイドルでありながら飾り気がなく素朴で、原始的で生々しい剥き出しのエロスを醸し出している。

この様に飾り気がなく素朴でエロティックな和田彩花は、セックスをレジャーとして見る現代人が見失いがちな、オスがメスと交尾をしメスの体内に精子を植えつけ子供を産ませるという生殖行為の原始的で根源的なエロスを再認識させてくれる存在だ。

アフリカ彫刻からキュビスムの着想を得たパブロ・ピカソ、そしてアフリカの仮面や立像をモチーフに多くの作品やオブジェを作り上げた岡本太郎、彼ら一流の芸術家がアフリカ美術に心惹かれた理由も、人間の本質であるこの根源的で原始的な剥き出しのエロスの探求にあるだろう。

単純に子宮に向かって射精して孕ませたい。ハロメンの中でもそんな動物的でシンプルな性欲とエロ願望を最も掻き立てられるメンバーが和田彩花だ。

和田彩花は、何度も何度も何度も毎日の様に、乳房を揉み潰しながら勃起した肉棒を生で膣にねじ込み中出しで子宮に精液をぶっかけて、孕ませて土手っ腹の妊婦にさせて、子供を産ませ続けて、無限孕ませ妊娠ループをさせたくなる心と顔と体をしている。

「孕まされたくて孕まされたくて仕方ない」「妊娠したくて妊娠したくて仕方ない」「子供を産まされたくて子供を産まされたくて仕方ない」と原始的でエロティックな和田彩花の体がアピールしてくるのだ。

和田彩花のおっぱいも乳房の形自体が、揉み潰されて妊娠させられた挙句、母乳を垂れ流したそうな形をしている。まるで妊活中の人妻の様なエロスを振りまく生々しいおっぱいだ。

和田彩花の下腹部から尻もその形自体が、鷲掴みにされて内部に精液をぶちまけられて妊娠させれた挙句、赤ん坊を捻り出したくて捻り出したくて仕方ない様な形をしている。

和田彩花の黒人の様なスタイルと長い手足も、アフリカの裸族を思い起こさせ、野性的なエロを掻き立てる。発展途上国の子沢山のアフリカ黒人の様に、毎日何度も何度も何度も繰り返し生で中出しし妊娠・出産を繰り返させ、10人くらいの子供を産ませたくなる体付きだ。

この様に和田彩花のエロスとは、孕ませて妊娠させることや、子供を産ませるイメージと切り離せない。野性の動物達が交尾をするように、人間のセックスもまた、生物が子孫を増やすための生殖行為である事実を改めて思い起こさせてくれるエロスなのだ。

孕ませて「彩花お腹の中に赤ちゃんが出来たみたい」と言わせたい和田彩花

この様に直接的に妊娠のイメージと結びつく和田彩花のエロスは、他のハロメンやグラドル、AV女優とは完全に異質である。

彼女達もエロティックな身体をしていて、勃起した肉棒で貫いてやりたくなるが、あくまでも性的対象としては勃起した肉棒で膣を貫いて精液をぶちまけるまでのイメージで、孕ませて土手っ腹の妊婦にしたいとか、子供を何人も産ませたいという生物の生殖行為としての根源的なエロスは感じない。

そういう意味で、原始的なエロスを掻き立てる和田彩花はオナペットアイドルとして非常に稀有なタイプなのである。

そして、さゆや鞘師の様な普段抜いている馴染みのオナペットのハロメンでのオナニーではなく、たまにそんな稀有な原始的なエロスを掻き立てる和田彩花で抜いていると、アフリカの美にとりつかれたピカソや岡本太郎の想いが、まるで自分自身の感情であるかの様にありありと想起させられる。

ピカソや岡本太郎が西洋美術から一時的に距離を置きアフリカ美術に傾倒したことは、俺がさゆニーから一時的に距離を置き和田彩花で抜くことと、本質的には全く同じことなのではないだろうか。

そこには「根源的で原始的なエロス」への渇望がある。

パブロ・ピカソとは欲望とエロスの人である。ピカソの生涯やその経歴を学ぶと分かるが、彼は晩年まで強烈なエロスと性欲に振り回され続ける様な生涯を送った。彼がしばし作品のモチーフとして絵に描いたミノタウロスとはまさにピカソ自身の姿であり、彼は性欲の野獣でありエロスの怪物なのだ。

そんな性欲の野獣でありエロスの怪物であるピカソが、「根源的で原始的なエロス」の形を渇望し、それを暴れ狂うミノタウロスの様に追い求め続けたというのが、ピカソという1人の画家の、そしてピカソという1人の男の生涯の全てだ。

その野獣の様なエロスが、画家としての創作の面では世紀の天才ピカソを生み出し、そして私生活での女性関係の面では性器の変態ピカソを生み出した。

ピカソが20~30歳も年下の複数の女性達を愛人や妻にしたその女性遍歴から真性ロリコンであったことは有名だが、その上ピカソはSM好きのド変態で、ハードなプレイを相手の女性に強要していたと言われている。

そんな私生活ではド変態で真性ロリコンだった天才画家ピカソだが、ピカソの最後の妻であるジャクリーヌ・ロックは和田彩花にどことなく面影が似ている。


パブロ・ピカソの最後の妻ジャクリーヌ・ロック(左は本人がモデルの肖像画)


ジャクリーヌ・ロックに面影が似ていて首締め中出しセックスが似合う和田彩花

真性ロリコンド変態のピカソはハメ描き(ハメ撮りの写真じゃなくて絵画バージョン)が趣味で、自分とセックスしている最中の妻や愛人達を描いたエロ絵を数多く描き残している。ピカソ最後の妻であるジャクリーヌ・ロックも下の絵でこのピカソの性癖のハメ描きのモデルにされ、世界中にセックスを公開されている。世界的に著名な画家であるピカソならではの究極の変態羞恥プレイである。


ハメ描きが趣味のエロエロスケベジジイだったピカソ(87歳当時の作品)

そしてジャクリーヌ・ロックに面影が似ている和田彩花もまた、DV男と結婚しても一生ずっと暴力を我慢して別れずに、首締め中出しセックスなど暴力的なセックスをされるのが似合うタイプだ。ジャクリーヌ・ロックがピカソにハメ描きを公開された様に、著名なアーティストや写真家(ピカソの様な禿げたエロジジイ)と結婚してハメ撮り写真集を世界に発表されるのも似合う。

この和田彩花のDVされ属性や暴力セックスされ属性を裏付ける様に、握手会に参加した女ヲタから、和田彩花との握手会での会話をリークした以下の様なツイートがTwitterに投稿されている。
https://twitter.com/hhhhkiair/status/648098095058714624

私「じゃあ、ファルスのどこが好きなの?」

和「全部!あのね、ひどいこという所が好きなの!」

私「」

和「ひどいこと言う所が好きなの!失敗作だ……って言われるのが好きなの!」

私「」

ファルスとは演劇女子部ミュージカル「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」にてモーニング娘。の工藤遥が演じたヴァンパイアの男の役で、人里から隔離された館で少女達に薬を飲まして永遠の慰み者にしている下衆男だ。

そういう下衆男に雑で乱暴な扱われ方をすることに性的興奮を覚えるのが和田彩花で、そういう性癖だから首締め中出しセックスの快感に病みつきになったりだとか、ハメ撮り写真集を世界に発表されたりだとかがよく似合うのだ。


首絞めセックスの快感に病みつきになった和田彩花「締めて!もっと強く首を締めて!もう少しで意識が遠のいて仏像さんが見えるの!」


目の下のクマも激しいセックスの直後で疲れている様でエロい和田彩花


肉付きが年々エロティックになり乳房を揉み潰しながら勃起した肉棒で身体の芯まで貫いて精液を注ぎ込んで子供を産ませたい勃起ペニスねじ込み膣貫き子宮突き精液ぶちまけ孕ませ妊娠セックス用天然エロ土人便器和田彩花


勃起した肉棒を膣にねじ込まれて精液を子宮にぶちまけられ妊娠させられ孕まされるために生きている様なエロティックな腰つきの和田彩花


無邪気な顔をしながら強制的に精液を膣内にぶちまけられ孕まされても文句を言えないエロティックな身体付きの土人型乳揉み立ちバック用便器和田彩花


勃起と射精の対象で性欲の捌け口の対象のオナペット雌豚便器扱いで脳内で犯されまくり強制中出し孕ませ妄想用勃起射精便器にされても目をキラキラさせて「よし!一番になるぞ」と無邪気に喜ぶ天然真性ドM便器体質のハロプロオナペットランキング7位の和田彩花


和田彩花「エロティックな身体つきになったと褒められて嬉しい!私は30歳まで現役を続けるから安心してもっと脳内でたくさん私の乳房を揉み潰して勃起した肉棒で私を貫いて犯しまくってね」

真性ドMアイドル和田彩花のヲタにおすすめのAV女優は川崎舞莉

真性ドMアイドル和田彩花のヲタにおすすめのAV女優は川崎舞莉ちゃん。川崎舞莉ちゃんの目から迸る(ほとばしる)真性ドM感が首絞めセックス依存症の和田彩花を思わせる。


密会セックスに堕ちたキャリア系真正ドマゾOLを、一泊の温泉旅行に連れ出して、愛欲と○液が尽きるまで性玩具にしてやった…。 川崎舞莉(DMM.com)

リスクがあるからこそ夢中になるのでしょう。すっかり密会セックスにハマってしまった舞莉さん。シティホテルだと人の目を気にしてなかなか羽目を外せないので今回は地方の温泉宿で営みます。此処なら彼女もリラックスして心の奥底まで知る事が出来る。緊張の糸が切れ、解き放たれた欲情エロス。ズボズボとアナルに指を出し入れされて沸き起こるお尻の快楽。肉棒に飢える蜜壺にたっぷり精液を注ぎ込みます。


男根と精液奴隷願望のエリートOL・秘密の全身白濁日記 「たくさんの男の人に、何回も汚されて、輪わされたいんです…」 川崎舞莉(DMM.com)

~「肉液でドロドロに溺れてみたいの」真面目でお堅い商社OLの絶対に口外できない秘密の輪姦白書!~抑えられない性欲を我慢できずに性感倶楽部にコンタクトしてしまったエリートOLの舞莉。好奇心の強い彼女に施される過激性感体験はエスカレート…そして疼く子宮…溜め込んだ肉欲が開花!欲しがり女に群がる男たち!そして集団過激性交に発展!黒髪美人が淫乱マゾのドロドロになる!


和田彩花「川崎舞莉ちゃんをズリネタにして私とセックスする気分を味わってね」

コメントを残す