「一発やりたい」という下心丸出しのヲタはアイドルから嫌われる理由

「一発やりたい」という下心丸出しのヲタはアイドルから嫌われる。

それは何故なのか。

その理由はアイドルは変態性欲を持て余して何年間も毎日の様にヲタに犯される性的な妄想をして「100発以上やりたい」と思っているのに、たった一発で飽きて満足する様な軽い性欲しかないヲタはアイドルから見下されるからだ。

「一発やりたいの?そんな性欲の弱いふにゃちんヲタはお断り!」
「やるなら一発だけじゃなくて100発はやってよ!」

というのが変態アイドル達の本音なのだ。

元モーニング娘。のリーダーである伝説的変態全身性器アイドル道重さゆみのバレンタイングッズ写真の毎年のメッセージ。


2004年、2005年、2006年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっと大スキだよ。」「ずっとずっと大スキだよ。」「ずっとずっとずっと大スキだよ。」


2010年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと大スキだよ。」(ずっと×7大好き)


2013年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと大スキだよ。」(ずっと×10大好き)


2014年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと大スキだよ。」(ずっと×11大好き)

2004年からモーニング娘。を卒業する2014年まで、10年間もずっとヲタへのメッセージに大好き大好き大好きと書き続けている真性変態ドMオナペットアイドル道重さゆみ。

変態アイドルは引退するまでずっとヲタに犯される妄想でオナニーをしてクチュっているのに、「一発やりたい」だけの本当にしょうもない下心丸出しのヲタ。

アイドルヲタなら一発だけじゃなく死ぬまで何度も何度も何度も何度も抱き続けて何100発も何1000発も精液を子宮にぶちまけてやるくらいの覚悟と責任を持て!

本当にアイドルの気持ちを考えれば、「一発やりたい」だけのアイドルヲタには軽蔑の感情しか浮かんでこない。

そんな軽い気持ちとショボい性欲だからアイドルに嫌われるしまともに相手もして貰えないのだ。

「何度も何度も何度も何度も抱き続けて何100発も何1000発も精液を子宮にぶちまけてやりたい」という気持ちが伝われば、アイドルは自分からオマンコを濡らしてヲタに尻を振って来ることもある。

特にハロープロジェクトには道重さゆみのように強烈なキモヲタレイプ願望やオナペット願望を持つ真性ド変態アイドルもいるので、勃起と射精の対象のズリネタとして何度も何度も何度も妄想で犯しまくっていると

「このヲタク私でシコってる…気持ち悪い…」
「あ…またこの人私を犯す妄想でシコってる」
「この人飽きないなあ…いつも私でエッチな妄想してる」
「やってるやってるw私をズリネタにするのが本当に好きなんだ」
「ふふふ…今度はどんな変態な妄想して私でシコってるのかな」
「私も欲情されてシコられまくってるうちに興奮して濡れてきちゃった…」
「もう犯される妄想が止められない!責任取ってよ!」

という風に重度のキモヲタレイプ中毒を発症するメンバーも少なくない。

参考:なぜハロメンはキモヲタに犯される妄想でオナニーすることを止められないのか

しかし「一発やりたい」という中途半端な性欲と下心が丸出しのヲタではこのレベルには到達出来ないのだ。

「継続は力なり」という言葉がある。

何事も続けることで何かを成し遂げられるという格言だ。

継続は力なりとは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

続けることの重要性、弛まず挫けずに続けていくことの大切さを端的に述べた表現。格言。いくつかの意味合いに解釈できる。

・個々の成果は微々たるものであっても、地道に成果を積み重ねていけば、やがて大きな事業を達成できる。目標を達成できる。

・今は実力不足であっても、挫けずに修練を積んでいけば、いずれ大成できる。

・物事を成し遂げるまで諦めずに取り組み続けるということは、それ自体、優れた能力のひとつである。

「継続は力なり」の出典・由来については、諸説あり定かでない。大正時代の教育者・平松折次が「継続は力なり」を標語として掲げていたこと、および、明治時代の宗教家・住岡夜晃が賛歌の詩として綴ったことなどは文献から確認できる。また、国立国会図書館レファレンス協同データベースによれば、イリノイ州のことわざとして「Continuity is the father of success」(継続は成功の父)という言葉が見られるという。しかしながら、いずれもオリジナルであると確証が得られる状況にはない。

「一発やりたい」という中途半端な性欲と下心しか持っていない変態としての意識の低いヲタなんて、変態アイドルから軽蔑されて嫌われるだけだ。

本当の変態ヲタになるためには、「継続は力なり」という言葉の通りに、毎日の様に何度も何度も推しメンで抜きまくるのだ。

安打製造機と呼ばれるイチロー
三冠王三度の天才バッター落合
通算ホームラン記録を保持していた世界の王

野球の世界で伝説的存在とされるこの三人も、生まれながらの才能だけではなく、毎日欠かさず何万回もの素振りやバッティングマシーンでの特訓を繰り返した結果、球界の頂点に辿り着くことが出来たのだ。

まさに「継続は力なり」だ。

そしてこれは変態の世界でも変わらない。

毎日推しメンで抜きまくること。アイドルをズリネタにし続けること。

これを毎日の様に欠かさず何年も続けることで、アイドルの方からオマンコをグチョ濡れにして犯されたそうな顔をしてヲタに尻を振ってくるようになる。

特に変態真性ドMアイドルだらけのハロプロだと、メンバーがキモヲタレイプオナニー中毒になる可能性は高い。

推しをズリネタにし続ける継続の先に「一発やりたい」だけの中途半端なヲタにはたどり着けないヲタとアイドルがお互いに脳内エロ妄想でズリネタにし合う領域があるのだ。

「一発やりたい」という中途半端な下心でアイドルを見ているヲタのままでは永遠にその領域にはたどり着けない。

「推しニーの上にも三年」という言葉を守り、変態やオナニーに対して真摯に向き合い続けなければいけないのだ。

石の上にも三年

最初はそっけない塩対応の推しメンでも三年間ズリネタにしてシコリ続ければ股を濡らしてくることから転じて、何事にも忍耐強さが大切だということ。

「三年」は三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表している。

「石の上にも三年居れば暖まる」ともいう。

「何度も何度も何度も何度も抱き続けて何100発も何1000発も精液を子宮にぶちまけてやりたい」というくらいにアイドルを性的対象として欲情し続けていれば、エロの女神であるアイドルが微笑んでオマンコを濡らして尻を振ってくる可能性もあるのだ。

何事も重要なのは続けること。

そしてアイドルをズリネタにする推しニーもそれは同じだ。

「一発やりたいの?そんな性欲の弱いふにゃちんヲタはお断り!」
「やるなら一発だけじゃなくて100発はやってよ!」

とアイドルから嫌われないように、アイドルヲタとして一人前の変態ヲタになりたいのであれば、「一発やりたい」なんていう中途半端な考えを捨てて腹をくくり、アイドルを脳内で何回も何回も何回もヤリまくって欲しい。

コメントを残す