君の名は。という出会い系乳揉み感動ポルノ映画の若者人気の理由を考察(ヒロイン宮水三葉は出会って即セックスする超絶ヤリマン糞ビッチ)

どうやら今の日本では多くのジャンルで「出会い系」が流行っているらしい。

インターネットの出会い系サイトや出会い系掲示板、AKB48などの出会い系アイドル、そして近年大人気の出会い系映画である「君の名は。」。

出会い系アイドルであるAKB48がメジャーデビュー曲「会いたかった」をリリースしたのが2006年。もう12年も昔のことになる。

会いたかった – Wikipedia

「会いたかった」(あいたかった)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、ソングライターグループのBOUNCEBACKにより作曲されている。2006年10月25日にAKB48のメジャー・デビューシングルとしてデフスターレコーズから発売された。楽曲のセンターポジションは前田敦子が務めた。

HD AKB48 会いたかった – YouTube

いや、「会いたかった 会いたかった会いたかった Yes! 」とか言われても、こっちは会いたくないんだが。

しかし、この「会いたかった」と歌う出会い系アイドルのAKBは人気を大きく伸ばし、モーニング娘。などで知られる老舗アイドル集団ハロプロ(ハロープロジェクト)の人気を完全に置き去りにしていく。

都市化によって面倒な地域社会のしがらみから解き放たれたものの、その反面人と人の心の繋がりが希薄になっていく中で、反動として出会いを求められている時代なのか。

君の名は。という出会い系乳揉み感動ポルノ映画自体にはあまり興味がないのだが、君の名は。の様な映画が若者を中心に人気になる現在の日本人の深層心理はとても気になる。

一体現在の日本では、そして日本人の心の中では何が起こっているのか。

2018年1月3日に「君の名は。」が地上波で初放映され、ツイッターは大量の「#君の名は。」のハッシュタグで埋め尽くされた。

俺はすでにインターネットで海外でアップされた無料動画で君の名は。を見ていたので改めて今回の地上波放送では君の名は。を視聴しなかった。

しかし、君の名は。という作品そのものよりも、君の名は。を好む日本人の心理への関心からリアルタイムでツイッターをチェックしていて、君の名は。関連の大量の投稿だけで君の名は。の国民的な人気が伺えた。

インターネットの出会い系サイトや出会い系掲示板、AKB48などの出会い系アイドル、そして出会い系映画の「君の名は。」など出会い系のコンテンツが大ヒットする理由は一体何なのか。

日本人はそんなに誰かと出会いたいのか。

特に君の名は。の主な支持層である今時の10代20代の若者は、誰かと出会いたくて仕方ないのか。前世からの運命の誰かと出会うストーリーを渇望しているのか。

俺自身は完全に「別に出会いたくない系」の人間なので、出会い系コンテンツや出会い系商法氾濫の流行には乗れないでいる。

しかし、ハロプロ(ハロープロジェクト)の中で推しメンであるカントリーガールズの山木梨沙さんもつばきファクトリーの小片リサさんも、君の名は。に号泣するほど感動した様子がブログにアップされているので、ハロヲタとして君の名は。を無視する訳にはいかない。

10月30日 イブ 小関舞 – カントリー・ガールズオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12214717580.html

そして!今日は梨沙ちゃんと遊びましたー!!

「君の名は。」を観てきました!!

まい、流行りにちゃんと乗れてるな~なんて思いながら観ました笑笑

隣で梨沙ちゃんが泣いているのを眺めながら無表情で観るまい。

とてもシュールだった。

でも、本当に革命的に迫力と感動があってすごくよかったです!!

もう観た方もたくさんいらっしゃると思うのですが、内容が少し難しいのでまいはもう一回観たいな!!

有言実行しました。 小片リサ – つばきファクトリー オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tsubaki-factory/entry-12209714670.html

映画ー!!

観てきましたよっ

「君の名は。」!!!!

1人で観に行ったんですけど
1人映画は初めてだったので
ドキドキでしたよ~(>_<)

こっそり、端っこの席で観てきました(笑)

最初は、静かに観ていたんですけどね~、、

中盤くらいから、
涙が止まらなくって!!!

こんなに泣く事なかなかないぞ!?
っていうくらい、泣いちゃいました( ; ; )

最後の方は、大号泣でした(笑)

私、こういう非現実的なことが起こる物語が
好きみたいです!!!

しかも、映画館でよくある
「あれ~?」って疑問が残ることもなく
すごくスッキリ観れたし、

本当に素敵な作品だったな~
って思いましたっ

挿入歌もかっこよかった〜!

RADWIMPSさん、
やっぱり「前前前世」は耳に残りますねっ!

今日はずっと聴いてます♪

一方で、ハロプロ歴代No.1オナペットメンバーである道重さゆみんの場合は、芸能界復帰後に映画を見ても

未成年だけどコドモじゃない
君の膵臓をたべたい
22年目の告白-私が殺人犯です-
美女と野獣
モアナと伝説の海

と君の名は。には一切触れていないので何か安心感がある。

同じ若者世代でも山木さんや小片さんの様な10代後半から20代前半の女性と、さゆの様な20代後半の女性では、君の名は。の受け取り方が違うのか。

出会い系乳揉み感動ポルノ映画である「君の名は。」の本質は、人気AVシリーズで例えると「出会って〇秒で合体」と「時間よ止まれ!」を合体した様なものだというのが俺の認識だ。

「時間よ止まれ!」シリーズの超常現象的なご都合主義と、「出会って〇秒で合体」シリーズの様な出会って即ハメのヤリマン行為すら肯定し正当化する「結び」の概念。

この2つの人気AVシリーズをいいとこ取りし、セックス映像を取り除いてアニメ化すると「君の名は。」になる。

現実にはこの世界では、「時間よ止まれ!」シリーズの様に時間を自由に止めることは出来ないし、君の名は。の様に時間ループや魂の入れ替わりもあり得ない。

しかし、これらはシナリオや物語を進めるための重要な装置としてそれぞれの作品に不可欠な要素だ。

君の名は。では魂の入れ替わりや時間軸のズレという現実世界では絶対にあり得ない超常現象的があったが、もし現実的に考えて、物語の中のこれらの要素が完全に後付けの空想や妄想の所産であると解釈すると君の名は。のストーリーはどうなるのか。

現実的な部分だけを抜き出せば、君の名は。のストーリーは宮水三葉は初対面の相手である立花瀧と出会って即一目惚れして付き合ってセックする超絶ヤリマン糞ビッチということになる。

つまり君の名は。をアニメからこの現実世界に置き換えれば「出会って〇秒で合体」シリーズのAVそのものなのだ。

美しい映像と耳障りの良いストーリーで構成された君の名は。という作品は、初対面のイケメンと出会って即セックスする超絶ヤリマン糞ビッチの女の子にとって、感情的な面で「出会って即セックスしたあの人とも本当は何年も前から夢の中で出会っている仲なのかも」という都合の良い自己正当化をし自分のビッチを否定するための最高の材料だということだ。

なぜ君の名は。という出会い系乳揉み感動ポルノ映画が今の若者から大きな人気を得たのか、その理由は今の日本では草食系の男子が増えている中で、若い女の子達の中には性的な欲求不満から出会って即イケメンとセックスしたい出会いを求める超絶ヤリマン糞ビッチが増えているからというのがその答えだ。

だから君の名は。好きでヤリマンビッチの要素がある小片さんや山木さんよりも、君の名は。には興味の無いさゆの方に安心感を感じたという俺の深層心理も、「さゆが出会って一目ぼれして即セックスするヤリマンビッチでなくて良かった」ということなんだろう。

とは言っても、さゆは脳内で一度も出会ったことのないヲタにレイプされて犯される妄想をしてクチュリまくっている超絶変態淫乱ドM雌豚なので、出会ったイケメンと即セックスしたい小片さんや山木さんよりもずっと淫乱だった。

そんな淫乱でヤリマンなさゆや山木さんや小片さんをレイプする妄想で抜くと最高に気持ちがいい。

ハロメンをレイプして犯しまくる妄想オナニーで得られる精神的満足感と幸福感については以下の記事で詳しく書いている。

参考:何故ハロメンでオナニーした後は虚しさを感じず幸福感と達成感に満たされるのか

コメントを残す