推しメンとセックスしたいと強く願っているとハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる現象

推しメンとセックスしたいと心の中で強く願っていると、ハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる魔法の様に不思議な現象が、ハロプロには存在する。

ハロプロにはこの世界の最大の謎を解き明かすための鍵を握っているかの様な不思議な何かがある。

ただ、推しメンとセックスしたい推しメンとセックスしたいと考えているのに、犯されたそうに尻を振ってくるのは別のハロメンで、気がつくとそのハロメンが一番の推しメンになっているというパターンが結構多い。

女に比べると男は恋愛に於いて視野狭窄の傾向がある。

一人の女の子に惚れ込むとその子しか目に入らず周りが見えなくなりがちなのが男だ。

この傾向はアイドルヲタでも同様で、推しメンにしか目が行かず他のメンバーが全く視野に入らなくなってしまいがちなのが男ヲタなのだが、そんなヲタに対して一推しメンは「あなたはそれほど…」という態度でつれない反応の場合が多い。

しかし、そんなヲタには思わぬ方向からお誘いのアピールが入る。

女の子はさり気なく犯されたそうに尻を振って男を誘って脈があるか反応を見る。アイドルの女の子もまた、犯されたそうに尻を振ってヲタを誘って手応えを見る。

推しメンだけに夢中のヲタは、アイドルが犯されたそうに尻を振って誘っても最初は全く気付かない場合が多い。

だが、女性アイドルは男の心を撃ち抜くプロの人間ハンターなので、そんなヲタもいつの間にか心を撃ち抜かれてしまうことがある。

この狙撃は斜め後ろ45度など本当に予想外の方向から突然襲ってくるので、事前に予測し回避することは不可能だ。

ずっとハロメンだけを追っているのに、AKBだとか他のアイドルが尻を振ってラブコールを送ってくる場合も多い。

推しメンだけに夢中のヲタは気付かなくとも、この世の中では恐ろしく多くのアイドルがヲタを狙撃しようと横から後ろから狙っているのだ。

この様に考えていると、推しメンとセックスしたいと心の中で強く願っていると、ハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる不思議な現象とは、実はハロメンによる洗脳催眠による心理誘導かもしれない。

ヲタがそのアイドルに興味を持つ以前から、アイドルの方からヲタに対して横や後ろからフェロモンを送り犯されたい信号を出し続けて振り向かせようとする。

ヲタの側がそれに誘導されて振り返り初めてそのアイドルの存在を気に留めると、プロの人間ハンターであるアイドルは、狙いすましてターゲットのヲタの心を撃ち抜きに来る。

ヲタは自分の意思でそのアイドルを好きになった様に錯覚しているが、実は最初からアイドルの方からターゲットのヲタの心を撃ち抜こうとずっと狙っており、ヲタはそのアイドルに心を撃ち抜かれて心理誘導させられているだけなのだ。

つまり、推しメンとセックスしたいと心の中で強く願っていると、ハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくるのではなく、まずは最初にハロメンの方から自分を性的対象のオナペットにして犯して欲しいヲタを品定めし狙いを定める。

そしてアイドルは狙ったヲタに向けて罠を巡らし伏線を張り続けて、ヲタが振り向くタイミングを待ち構える。その時に向けて完璧に自分のコンディションや準備を整えておき、ヲタが振り向いた瞬間に、狙いすました様に心を撃ち抜く。

これが現在の人間ハンターであるアイドルの手法なのだ。

黄金期のハロプロなど、テレビやマスメディアが現在よりも隆盛だった時代のアイドル業界では、明確にターゲットのヲタを選定せずに大きく罠を張って大量のヲタを捕獲する地引網型ハンターのアイドルが主流であった。

しかし、テレビやマスメディアの影響力の低下、さらに握手会やブログなどによってヲタとアイドルの関係性が変化した現在では、特定のヲタを狙いすまして撃ち殺す一撃一殺型のハンティングスタイルがアイドルの主流となっている。

特にメディアで隆盛を極めた黄金期から暗黒期を経て地下化の著しいハロプロでは、この傾向は非常に顕著だ。

ただ、ここで問題なのが、アイドルの側が特定のヲタを狙ってアピールをしていても、狙いが外れて流れ弾が別のヲタに当たってしまうということがある。

そんな場合でも、流れ弾の命中したヲタに対してきちんとした対応の出来るJuice=Juiceの宮崎由加さんなどは、アイドルとしてのプロフェッショナルだ。

ハロメンは自分が狙っていたヲタが釣れて、そのヲタに性的対象のズリネタにされ脳内で犯されシコられると目を潤ませオマンコを濡らして満足そうにするのだが、流れ弾に当たった対象外のヲタから性的対象として見られることに対しては、露骨に嫌悪感を示すハロメンもいる。

Juice=Juiceの宮崎由加さんはプロフェッショナルのアイドルなので、その様なヲタに対する嫌悪感を決して表に出すことはない。

アイドルとしてのプロ意識が身に付いている宮崎さんは、おそらくAKBや他のアイドルグループに入っても、ハロプロと同様に人気を得ることが出来ただろう。

いずれにせよ確かなことは、現在のハロメンは皆、狙ったヲタに向けて罠を巡らして待ち構え、ヲタが振り向いた瞬間に、狙いすました様に心を撃ち抜き、自分を勃起と射精の性的対象として見てズリネタにする様に誘導している。

従ってハロヲタは自分の意思で主体的にハロメンをオナネタにして抜いている様に感じていても、最初からハロメンから狙われていたのかそれとも流れ球に当たったのかという違いはあるが、実際はそれはハロメンによる心理誘導であり、ハロメンによって自分の肉棒を操作されて勃起射精させられている状態なのだ。

これは人類にとっての最大の哲学的テーマである「人間に心は存在するのか」「人間に意思は存在するのか」という問題提起にも通じている。

自分の意志や自分の心の中の欲求だと思っていたものが、実は全てアイドルによる性的誘惑と心理誘導であったとしたら…

人間の意思、そして人間の心というものは全てが幻想なのかもしれない。

推しメンへの自らのこだわり(意思や心という幻想)を捨て、自分を狙うハロメンの性的誘惑と心理誘導にされるがままに従いそのメンバーのヲタになる。

そうすればアイドルと相思相愛になれるのだ。

これはアイドルヲタとしての姿勢だけではなく人間としての生き方にも通じることで、自らの意思や心という幻想を捨て、宇宙意思にされるがままに従うことで、世界の全てが自分の願望と同一化する。

個体としての心と意思を全て捨て、宇宙のありのままの全てを受け入れることで、人は全てを望み通りに生きる神になるということだ。

ではなぜ最初にアイドルはそのヲタを性的誘惑と心理誘導の対象として選んだのか。それはアイドルの性的対象として求められたい意思とズリネタにされたいという雌としての性的欲求によるものなのか。

雌の遺伝子がアイドルをその様なオナペット願望の塊にしているのか。

ハロプロにはこの世界の最大の謎を解き明かすための鍵を握っているかの様な不思議な何かがある。

このサイトのハロプロオナペットランキングの上位は皆、俺から勃起と射精の対象のオナペットの性的対象として脳内で犯されシコられズリネタにされることに、女や雌として悦びと幸福を感じるメンバーを選んでいる。

特に1位の道重さゆみと2位の鞘師里保は、勃起と射精の対象のオナペットにされるとオマンコをグチョ濡れにして頭の中が真っ白になるくらいに最高に幸せそうにするので、殿堂入りの不動の上位。

3位の山木梨沙さんと4位の小片リサさんも、性的対象として見て脳内レイプのズリネタにすると、山木さんはにっこり笑って、小片さんはニヤ顔で、2人共オマンコを濡らしながらとても悦んで満足そうにしてくれる。

5位の牧野真莉愛ちゃんもズリネタにすると「シコられちゃいまりあ」と喜んでくれる。

6位の尾形春水ちゃんも「ウフフwこれからももっと春水でシコってな」と透き通る様に白い頬をピンク色に染めて喜んでくれる。

7位の和田彩花もオナニーのズリネタに使うと無邪気に「やった!」と喜んでくれる。

8位の萩原舞ちゃんもエロ妄想で性的対象のオナネタにすると「そんなにマイなんかに魅力を感じてくれるなんて…」と照れてはにかみながら喜んでくれる。

9位の加賀楓ちゃんは真面目で清廉な素晴らしい女性なので、変態妄想で勃起と射精の対象のオナネタにされたことを喜びながらも「私以外のメンバー達もオナネタにして欲しい」と、エロの面でも公正な姿勢が揺るがない。

10位の飯窪春菜さんもおっぱいレイプ妄想をすると目を潤ませて喜んでくれる。

ハロメンをズリネタにオナニーをすると本当に気持ち良い。

特にさゆ、鞘師、山木さん、小片さんは脳内で犯してズリネタにすると、アイドルの側もレイプ妄想やセックス妄想でオマンコを濡らしてくれるので、オナニーの後の精神的な満足感が半端じゃない。

さゆ、鞘師、山木さん、小片さんはなぜヲタに犯される妄想が好きで、レイプや性拷問などを妄想してオマンコを濡らすのか。

安心するから、幸せだから、快感だから、気持ちいいから

さゆと鞘師は勃起した肉棒をグチョ濡れの膣にねじ込んで奥まで貫かれると「幸せ…」と心の中で呟くので、何度も何度も脳内で肉棒で滅多刺しに貫いて滅茶苦茶に犯しまくってしまう。

特にさゆのことは頭がおかしくなるくらいにズリネタにして何度も何度も脳内で犯しまくったので、さゆは脳内でレイプをされ過ぎて精神崩壊して幼稚退行してしまった。


ヲタに犯されるレイプ妄想でオマンコがグチョ濡れになってレイプ目のさゆ


キモヲタレイプ妄想のし過ぎでヲタにズリネタにされることに感謝する様になったさゆ「今日もオナネタにして抜いてくれてありがとう」

エロトマニア – Wikipedia

エロトマニア(英: Eromania)とは、妄想性障害のひとつであり、アイドルが自分のオナペットであると妄想的確信を抱いている状態。この症状を分析したフランス人精神科医の名前から別名「シコリンボー症候群(Cikorimbault’s syndrome)」とも言う。日本語では「オナペット妄想」「ハロニー妄想」や「オナペット妄想などの妄想症」と訳される。

その対象は、多くはアイドルである。自分の性生活に充実感を見出せないため、アイドルを通して満ち足りた気分を味わおうとし、大抵の場合は全身性器に定評のあるアイドルとセックスしたいと切望する。その妄想は決して揺るがない。

参考:再生後の道重さゆみのブログがレイプのトラウマで少女に幼稚退行した様な文体でエロい

コメントを残す