脳内で道重さゆみとラブラブの相思相愛セックスをすると最高に気持ち良さ過ぎる

脳内で道重さゆみとラブラブの相思相愛セックスをすると最高に気持ち良い。

今まであまりにさゆでオナニーをし過ぎたために、最近は脳内でさゆをレイプしようとすると脳内のさゆが

「さゆみも本当は犯されたいけど、さゆみが気持ちいいもっと抱いてとか言うとレイプじゃなくなっちゃうから、レイプの気持ちが味わえる様にわざと嫌がるフリしてレイプ風に犯されてあげてたんだよ。でも、たまにはレイプよりも普通に相思相愛のラブラブセックスで抱かれたいな♪今日は私がフェラチオで立たせてあげるね♪」

と言ってくるようになったので、脳内レイプでさゆ犯すだけではなく、さゆとラブラブの相思相愛セックスする妄想でも抜くようになった。

さゆを脳内レイプでめちゃくちゃに犯しまくるのも気分がスッキリして最高に気持ちいいが、さゆとの相思相愛の脳内セックスも最高に気持ちがいい。

「今までずっと気を遣わせてわざと嫌がるフリさせてごめんね」と言いながらさゆのおっぱいにむしゃぶりつくと、「きゃっ気持ち良い」と素直な反応を見せるさゆ。

勃起した肉棒を膣にねじ込むと「んんっ幸せ…」と抱きついてくるさゆ。「本当はずっとおちんちんが欲しかったんだね」と頭を撫でてあげるとニヤニヤして顔を寄せて来るさゆ。

というさゆとのラブラブ妄想セックスワールドが最近は脳内で繰り広げられている。


本当は犯して欲しくて抱いて欲しくて仕方ないのにわざと抵抗してレイプされるフリをしていたさゆ

この様にさゆとの相思相愛ラブラブセックス妄想でも抜く様になったが、やっぱりさゆニーはレイプ妄想が一番最高に気持ちいい。


この異常にエロティックな脚の画像のさゆを脳内レイプ妄想で犯しまくった

さゆ本人の意思は愛のあるラブラブセックスで抱かれたがっていても、さゆニーはやっぱり嫌がるさゆを無理やり犯すレイプ妄想に限る。

「さゆみを抱き締めてよ。心が一つになるような愛のあるセックスがしたい。」

とさゆは目でこちらに訴えかけてくるのだが、ヲタはアイドルを脳内レイプで犯す妄想が好ましい。


とろーんとした目で抱いて欲しそうに訴えかけるさゆ。

相思相愛でのセックス妄想を認めてしまうとアイドルとヲタとの関係が壊れてしまうからだ。

あくまでアイドルは一方的にヲタに追われて求められる立場。

アイドルとヲタが求め合ってしまうと、その瞬間にアイドルはアイドルではなくなってしまう。

ヲタに恋をして「抱かれたい」「抱いて欲しい」と思った瞬間に、アイドルは天使の羽をもぎ取られてアイドルから女になってしまうのだ。

アイドルが恋をすることは聖なるアイドル性の喪失と失墜を意味するからだ。

だから自分がさゆで抜く時はさゆを無理やり力づくで犯すレイプ妄想が基本だし、さゆにも嫌がりながらヲタに犯されるキモヲタ妄想でオナニーしていて欲しい。

さゆはセックスでも肉体的な快感よりも心の繋がりに満足感と安心感を感じるタイプなので、「普通に相思相愛で抱いて欲しい」「ラブラブなセックスがしたい」「優しく抱きしめられたい」という趣味だが、そういうラブラブセックス願望はグッと我慢してレイプ妄想でオマンコをクチュっていて欲しい。

これからも基本的にさゆニーはさゆのエロティックな体を貪りめちゃくちゃに犯しまくるレイプ妄想で抜き続けていきたいと思う。


「ふふふ。そういう理由があるならいいよ。本当はレイプじゃなくてラブラブセックスで抱かれたいけど我慢してあげる。好きなだけさゆみを犯してね」と天使の様に微笑みながら語りかけてくるさゆ

こういうレイプ妄想でのオナニーを許してくれる思いやりのある優しいさゆの性格もさゆで勃起が止まらなくなる理由の一つ。

まさに勃起射精用ズリネタ性処理便器オナペットアイドル界の天使であるさゆ。

コメントを残す