なぜ女ハロヲタはハロメンのおっぱいやおっぱいレイプ妄想が大好きなのか

なぜ女ハロヲタはハロメンのおっぱいやおっぱいレイプ妄想が大好きで、このブログのおっぱいレイプ妄想の記事を異様に熱心に熟読するのだろうか。

ブログ開設から4ヶ月目でハロメンをオナペットにして抜きまくるこの変態ブログのアクセス数が月間1万PVに到達したことで、変態ブログを読む変態読者の傾向を考察する以下の記事を公開した。

【月間1万PV到達】この変態妄想オナニーブログの変態読者の傾向

Googleではそのユーザーが他に閲覧しているサイトなどから、ユーザーの男女や年齢や趣味・興味の対象などを推定している。ブログ管理者はプライバシーの保護により個人を特定することは出来ないが、Googleの提供するアクセス解析のビッグデータからブログの読者の性別や年齢など全体的な傾向を知ることが出来る。

そしてこのGoogleの提供する統計のビッグデータから浮かび上がってきた事実が、このブログを読む変態女ハロヲタは、ハロメンのおっぱいやハロメンのおっぱいを揉みしだき揉み潰し貪り尽くしながら膣を犯すおっぱいレイプ妄想を、男のハロヲタ以上に異常に好むということである。

以下がGoogle解析での2017年7月1日から2017年8月31日までの二か月間での男ヲタのページ閲覧データだ。

ハロメンをズリネタにするおっぱいランキングやエロ尻ランキングが人気で、真莉愛ちゃんやフェアリーズの野元空さん飯窪さんやさゆの変態記事、ハロヲタにおすすめのAV女優、またハロメンをズリネタにオナニーすることの快感を考察した記事「何故ハロメンでオナニーした後は虚しさを感じず幸福感と達成感に満たされるのか」などもよく閲覧されている。

男のハロヲタはおっぱいが大好きで、記事の閲覧数はおっぱいランキングが1位、エロ尻ランキングの1.5倍の閲覧数となっている。

次は女ハロヲタのデータだ。このブログを閲覧する女ハロヲタの全体の数は、大体男ヲタの約5分の1程度となっている。

男のハロヲタのデータとの違いとしてまず目につくのが、男ヲタのおっぱい好きをさらに上回る異常なおっぱいランキング人気の高さだ。

男ヲタの場合は、おっぱいランキングの記事の閲覧数はエロ尻ランキングの記事の1.5倍程度だったが、女ハロヲタの場合はハロメンのおっぱいへの関心度がさらに圧倒的に高く、おっぱいランキングの記事閲覧数はエロ尻ランキングの記事閲覧数の3倍近くに達している。

この変態オナニーブログ内の全ての記事の中でも、おっぱいランキングの記事がずば抜けて突出して閲覧されている。

そしてさらに、おっぱいランキングの記事の閲覧時間も男ヲタの平均閲覧時間よりも30秒近くも長く(女ハロヲタの記事閲覧時間は約2分50秒)、女ハロヲタはエロおっぱいランキングの記事を異常に熱心に熟読している。

女ハロヲタに異常に人気の「ハロプロメンバーおっぱい&エロ乳首ランキングベスト10」は、おっぱいレイプ妄想で脳内でおっぱいを鷲掴みにしてグニャ揉みで揉みしだきたいハロメンのエロおっぱいランキングだ。勃起した肉棒をハロメンの膣に突き挿しながらおっぱいを揉み潰したい気持ちをぶちまけている。

女ハロヲタはこの様に、大好きな可愛いハロメン達が、乳首を弄り回され乳房を乱暴に揉み潰され揉みしだかれながら勃起した肉棒で膣を貫かれて突きまくられた挙句に、胸を鷲掴みにされながら子宮に精液をぶちまけられ、乳も膣も一緒にめちゃくちゃに犯されるおっぱいレイプ妄想が異常に大好きなのだ。

なぜ女ハロヲタは、ハロメンのおっぱいを勃起と射精の性的対象のズリネタにしたおっぱいレイプ妄想が異常に大好きなのだろうか。

女ハロヲタの心理を推察すると、その視点の置き方によって、おっぱいレイプ妄想を異常に好む理由は以下の3つに分けられる。

  1. 男ヲタと同じ様に可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンをおっぱいレイプでめちゃくちゃに犯したい(主観的・タチレズ視点)
  2. おっぱいレイプで乳と膣を一緒にめちゃくちゃに犯される可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンに感情移入してクチュるのが異常に好き(主観的・ドM視点)
  3. 可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンがおっぱいレイプでヲタに犯されている様子を想像するのが異常に好き(傍観的・第三者視点)

1の「男ヲタと同じ様に可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンをおっぱいレイプでめちゃくちゃに犯したい」は、男ヲタと完全に同じ様なエロ目線・犯したい目線でハロメンを見ている同性愛的なレズ女ヲタの心理だ。

「女の子だって、男と同じ様に、可愛い女の子のエッチなおっぱいはグニャ揉みで揉みしだいて犯したいんだよ?」

というのが、本当は言いたくても言えない彼女達の本音の主張だ。

真性のレズビアンではなくとも、性的対象として女の子も好きという同性愛的な気質を持った女の子は、実はごく当たり前の様にいると言われている。さらに言えば、特に10代から20代前半までの若い年代の女子の場合、重度のレズであるか軽度のレズであるかその程度は別として、多少の同性愛的な気質を持った女子の方が、むしろ全体の女子の過半数を占める、という見解もある。

しかし、精神的・性欲的には同性愛的な要素を持っていても、身体的に女性である彼女達には女の子の膣を貫くペニスがない。

女の子の膣を貫くペニスがなければ、多くの男がエロ妄想でする様に「バックや立バックからハロメンのエロ尻を犯す」ということは、なかなか自分を犯す側に置き換えて想像し難いのだ。

一方で、女の子のおっぱいを手で揉みしだいたり鷲掴みにしたり、指で乳首を弄り回し舌で乳首を舐め回して乳首を口に含んで吸い上げたりという妄想は、身体的に女性でペニスを持たない同性愛的な女子でも生々しく出来る。

身体的には完全な女子であっても、おっぱいを揉みしだく手も、乳首を舐めまわす舌も、乳首に吸い付く口も、全て男と同じ様に持っていて、男と全く同じ様に女の子をおっぱいを犯し尽くすことが出来るからだ。

この様な理由で、タチレズ視点の同性愛的な女ハロヲタは、ハロメンのエロ尻を犯す尻レイプ妄想よりも、ハロメンのエロおっぱいを犯すおっぱいレイプ妄想を好み、そしてハロメンに対するおっぱいレイプ願望に共感して記事を読んでいると推察できる。

2の「おっぱいレイプで乳と膣を一緒にめちゃくちゃに犯される可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンに感情移入してクチュるのが異常に好き」というのは、強烈なレイプ願望や犯され願望を持ったドM的な女ハロヲタの心理だ。

「もっと私のおっぱいをめちゃくちゃに犯して…一方的に欲情する様におっぱいを犯されると、女として求められてることの実感で心の隙間が満たされるの…」

というのが、本当は言いたくても言えない彼女達の本音の主張だ。

しかも、とてもエッチで可愛らしいハロメン達に感情移入して、ブレることなく一途にハロメンに欲情しまくっているヲタに犯される妄想をすることで、真性ドMの女ハロヲタ達は、現実では決して味わえない様なレイプのファンタジー世界を仮想体験することができる。

自分が花の様に可憐で可愛らしいハロメンになるという、その設定だけで女ハロヲタにとってはまるで夢心地の様なファンタジーの脳内妄想世界。

そしてそんなエッチで可愛らしいハロメンには熱烈なヲタがいて、ハロメンに性的に欲情しまくり、ハロメンに対して一方的に性欲をぶちまけまくっている。

「あんな風に強烈に性的に求められたら気持ちいいだろうなあ…」

という気持ちから、ドM的な女ハロヲタは、ハロメンに感情移入してヲタにレイプされまくる妄想でオナニーをしてクチュることを好む。女として性的に非常に強く求められまくってる感で、ドM的な女ハロヲタは下腹部や子宮のあたりがグッとなり、オマンコがぐっしょりと濡れるのだ。

そんなドM的な女ハロヲタが尻レイプよりもおっぱいレイプを好む理由は、ハロメンを四つん這いにさせて後ろから犯したり立ちバックでハロメンを蹂躙する尻レイプでは、まるでハロメンが雌豚や家畜の様な扱いで犯されてしまうことに対して抵抗感があるからだ。

当の本人であるハロメン自身には、ヲタに雌豚や家畜の様に扱われて肉便器にされて犯されたいという真性ドM的な凌辱願望もある。尻をエッチに突き出して写真を撮る山木梨沙さんなどがその筆頭だ。


発情した雌馬の様に凌辱願望が爆発してしまい立ちバックの姿勢で後ろからケツを犯されたそうにエッチなお尻を突き出すカントリーガールズの山木梨沙さん

しかし、女ハロヲタにとってはハロメンは大好きで大好きでとても大切な存在だ。そんな大好きなハロメンが雌豚や家畜や肉便器の様な扱いにされることを女ハロヲタはあまり好まないのだ。たとえハロメン本人が真性ドM的な凌辱願望で雌豚や家畜や肉便器の様に扱われたがっていても。

女ハロヲタとしては、尊い存在であるハロメンにはたとえ脳内エロ妄想の世界であったとしても、バックや立ちバックから雌豚や家畜の様に精神的にも身体の体勢的にも見下され肉便器の様な粗末な扱いをされて膣や肛門アナルと共に尻やケツを犯されるのではなく、しっかりと真正面から同じ目線の高さで目と顔を見合わせてレイプされて犯されて欲しい。

「同じレイプでも、おっぱいレイプの方が尻レイプよりも精神的にハロメンを貴い存在として見ている感じがする」

「ハロメンになってヲタから性的に強烈に求められて滅茶苦茶に犯されてレイプされたい…でも、ハロメンがヲタから粗末な扱いをされるのは嫌だ…」

そんなドM犯され願望を持つ女ハロヲタの複雑な想いが、女ハロヲタからのハロメンおっぱいレイプ妄想の圧倒的な人気につながっているのだ。

3の「可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンがおっぱいレイプでヲタに犯されている様子を想像するのが異常に好き」というのは、801(やおい)などを愛好する様な第三者視点で傍観的な気質の女ハロヲタに見られる嗜好だ。

この3つめの女ハロヲタのエロ妄想パターンでは、801(やおい)妄想と同様に、ハロメンがヲタにレイプされている妄想を行う間、妄想の主体である女ハロヲタの自分はその世界から存在を完全に消し、神の様に傍観的な第三者視点でその様子を眺める。

そして、この完全に第三者視点でハロメンがヲタにレイプされている妄想では、ハロメンとヲタは一種のカップリング的な扱いをされている。

身体的な性別では完全に男で女ハロヲタではないが、女装家のオカマであり精神的には女ヲタのマツコ・デラックスも、この3つめのパターンのハロヲタである。

そしてさらに、ハロプロの変態プロデューサーであったつんくも、男でありながらこの801女的な視点でハロメンとハロヲタの関係を俯瞰し、多くの歌詞を書いているのだ。

さらに言えば道重さゆみも、ハロメンとして自分自身がキモヲタに犯される凌辱レイプ妄想で日常的にクチュっていながらも、また一方で第三者的視点で鞘師などのハロメンがヲタに犯されているエロ妄想でクチュることも好む。

そして、一般的な感覚では到底信じられないことなのだが、801女的な視点でハロプロの世界を俯瞰する彼女達(彼ら)にとっては、ハロメンとハロヲタはカップリングとして釣り合っている。

彼女達は自分が気に入ったハロメンとハロヲタの関係を「お似合いだね♡」と満足そうに眺めながらクチュるのが幸せで、性的に満たされるのだ。

例えると、俺が鞘師を脳内で乳首レイプしまくってシコっていることに対して、さゆが「おっぱいと乳首をいっぱい気持ちよくされて良かったね鞘師」「ふふふ、もっといっぱい鞘師で抜いてあげてね」と思っている、という様な感じである。

真性ドM女のレイプ妄想の場合は、薄汚いホームレスやキモおっさんに犯されるという妄想設定も鉄板的な需要があるが、801女の第三者視点の脳内やおいエロ妄想では、オッサンやキモい男はその世界に存在せず、全てがイケメン美男子同士の関係に美化されている。

そんな801女と同様に、第三者視点でハロメンがヲタに犯される妄想が好きな女子は、キモヲタを含めて全てを美化して見ているのである。

自分が気に入っているハロメンを自分が好きなハロヲタが犯す、その世界にうっとりと浸りながら自分のクリトリスを弄り、マンコをクチュクチュとクチュるのだ。(マツコ・デラックスの場合は、勃起した肉棒をしごきアナルに異物を突っ込んでいる)

そして3つめの801的な女ハロヲタのエロ妄想パターンでは、ハロメンとハロヲタは釣り合いのとれたカップリングなので、レイプもハロメンが一方的に見下されて雌豚扱いや家畜扱いされる尻レイプではなく、対等な目線でのおっぱいレイプの方が需要がある。(ただし、マツコ・デラックスの場合は、小片リサさんが尻レイプでヲタに肛門を犯される設定が好きなようだ)

この様に説明してきた理由で、ハロメンを脳内で勃起と射精の為の性的対象としてレイプしまくるこのブログを読む3パターンの女ハロヲタは、エロ尻レイプ妄想よりもエロおっぱいレイプ妄想をより好むものと推測される。

改めて女ハロヲタが圧倒的にハロメンへのおっぱいレイプ妄想記事を好む理由をまとめる

  1. 男ヲタと同じ様に可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンをめちゃくちゃに犯したい女ハロヲタがおっぱいレイプ妄想を好む理由
    【理由】女ハロヲタにはペニスが無いために、尻レイプと違ってペニスが不要なおっぱいレイプに共感できるから
  2. めちゃくちゃに犯される可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンに感情移入してクチュるのが好きな女ハロヲタがおっぱいレイプ妄想を好む理由
    【理由】大好きなハロメンに対して尻レイプで雌豚や家畜の様に粗末な扱いをして欲しくないから
  3. 可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンがヲタに犯されている様子を第三者視点で想像するのが好きな女ハロヲタがおっぱいレイプ妄想を好む理由
    【理由】ハロメンと脳内でハロメンを犯すハロヲタは対等なカップリングの関係であって欲しいので、ハロメンが一方的に見下されて雌豚扱いや家畜扱いされる尻レイプ妄想を好まないから

ハロメンがオマンコを濡らしてヲタに向かってお尻をフリフリして「お尻をめちゃくちゃに犯して」と雌豚の様に尻レイプされたそうにしてきても、ハロメンのことは尻ではなくおっぱいで犯して欲しい女ハロヲタの感情に配慮して、おっぱいレイプ妄想でハロメンを犯してシコってやるのが無難な対応だろう。

しかし、ハロメンをズリネタとしたお尻レイプ妄想でのオナニーは本当に素晴らしいものである。

ハロヲタとしてハロメンのおっぱいのエロや魅力だけでなく、もっとハロメンのお尻のエロの魅力、ハロメンのお尻を犯す妄想で勃起射精することの素晴らしさをもっと伝えていかなければと、このブログの新たな使命を認識させられた。

コメントを残す