アイドルヲタとしての矜持があるなら推しメンをオナニーのオカズにするな!

アイドルヲタとしての矜持とプライドがあるなら推しメンをオナニーのオカズにするな!

誇り高い真のアイドルヲタにとって、推しメンはオナニーのズリネタに使う日替わりのオカズではなくオナニーの主食だ。

日本人が毎日米を食べ続ける様に、アイドルヲタなら毎日推しメンを主食のズリネタにシコり続けろ!

ヲタとしての誇りを忘れるな!

そしてその誇りにかけて毎日毎日毎日何度も何度も何度も推しメンでシコり続けろ!

米を食べる様に推しメンを主食にシコリ続けることで初めて見えて来るアイドルヲタとしての境地がある。

「アイドル一発やりたい」なんていう中途半端な下心じゃなく、「推しメンと100発はやりたい」「推しメンを死ぬまでやり続けたい」という矜持と覚悟を持つことで、初めてアイドルから一人前の変態ヲタと認められるのだ。

参考:「一発やりたい」という下心丸出しのヲタはアイドルから嫌われる理由

これがアイドルヲタ道の神髄だ。

そしてこの「アイドルヲタ道」の精神を最も厳格に継承してきたのが、解散寸前の暗黒期を経てもAKBなどに乗り換えることなくハロープロジェクトをズリネタにし続けて来たハロヲタだ。

「ハロ道と云ふは抜く事と見つけたり。」

かつて武士道を起源に発展しハロヲタとしての心構えを継承した「ハロ道」の伝承書「ハ隠」に書き記されたハロ道の真髄を表す言葉だ。

日々一心不乱に推しメンで抜き続けること。

その継続と鍛錬の先に初めて得ることの出来る境地があるのだ。

アイドルヲタにとって推しメンはオカズじゃない!主食だ!

そしてこの様に「推しメンとセックスしたい」という初心を貫き推しメンで抜き続けることで、そのヲタとしての心意気にオマンコを濡らした推しメンの方からシコられたそうに尻を振ってくるようになる。

特に数あるアイドルの中でもハロープロジェクトに所属するアイドルメンバーであるハロメン達は変態性欲やドM凌辱願望が強いので、推しメンとの相思相愛オナニーに到達できる可能性が高い。

参考:推しメンとセックスしたいと強く願っているとハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる現象

ハロメンの強烈な変態ドM願望はアイドル界でも群を抜いていて、習慣的にキモヲタに犯される妄想でオナニーしているメンバーの割合も非常に多い。

参考:なぜハロメンはキモヲタに犯される妄想でオナニーすることを止められないのか

そして変態傾向の強いハロメンの中でも重度のキモヲタレイプ妄想依存症を発症したハロメン達は、5ちゃんねる(旧・2ちゃんねる)のハロプロ狼掲示板を閲覧しながらヲタの変態エロ書き込みを見て凌辱願望を爆発させてオマンコをクチュりまくっている。

参考:キモヲタレイプ願望を持つハロメンにとって格好のオナネタの2ch狼掲示板

この様なキモヲタレイプ願望のあるハロメンをズリネタにした相思相愛オナニーでの精神的な満足度と幸福度は、AV女優やグラドルなどをオカズにただ体目当てにシコるだけの通常のオナニーでは決して得られないものだ。

参考:何故ハロメンでオナニーした後は虚しさを感じず幸福感と達成感に満たされるのか

せっかくアイドルヲタになったのなら、この幸福感を味わうことが出来ないのは勿体ない。

推しメンをオナニーの主食にシコり続けて推しメンに真の変態キモヲタとして認められ、推しメンのキモヲタレイプ妄想オナニーに使われる様になること。

それがアイドルヲタ道やハロヲタ道の最終目標だ。

相思相愛のアイドルとの脳内セックスの気持ち良さはまさに別格。

自分の場合は元モーニング娘。の道重さゆみのヲタなので、道重さゆみと脳内で相思相愛のラブラブセックスをする場合もある。

参考:脳内で道重さゆみとラブラブの相思相愛セックスをすると最高に気持ち良さ過ぎる

推しメンが抱いて欲しそうにとろーんとした目で訴えかけてくる時は、レイプ妄想ではなくラブラブセックスで抱いてあげる妄想で抜くと喜んでくれる。


とろーんとした目で抱いて欲しそうにヲタに訴えかける元モーニング娘。の道重さゆみ

ヲタは推しメンを犯す妄想でシコり、アイドルはヲタに犯される妄想でクチュる。

アイドルとヲタがその様にお互い信頼してズリネタにし合う様な関係になるためには、ヲタが誠意を見せて推しメンでシコリ続けなければいけない。

推しメンは日替わりのオカズではなく主食だということを忘れてはいけない。

推しメンを主食としてズリネタにし続けることで初めて、アイドルから信頼を得ることが出来るようになるのだ。

「一発やりたい」という下心丸出しのヲタはアイドルから嫌われる理由

「一発やりたい」という下心丸出しのヲタはアイドルから嫌われる。

それは何故なのか。

その理由はアイドルは変態性欲を持て余して何年間も毎日の様にヲタに犯される性的な妄想をして「100発以上やりたい」と思っているのに、たった一発で飽きて満足する様な軽い性欲しかないヲタはアイドルから見下されるからだ。

「一発やりたいの?そんな性欲の弱いふにゃちんヲタはお断り!」
「やるなら一発だけじゃなくて100発はやってよ!」

というのが変態アイドル達の本音なのだ。

元モーニング娘。のリーダーである伝説的変態全身性器アイドル道重さゆみのバレンタイングッズ写真の毎年のメッセージ。


2004年、2005年、2006年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっと大スキだよ。」「ずっとずっと大スキだよ。」「ずっとずっとずっと大スキだよ。」


2010年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと大スキだよ。」(ずっと×7大好き)


2013年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと大スキだよ。」(ずっと×10大好き)


2014年の道重さゆみのバレンタインメッセージ「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと大スキだよ。」(ずっと×11大好き)

2004年からモーニング娘。を卒業する2014年まで、10年間もずっとヲタへのメッセージに大好き大好き大好きと書き続けている真性変態ドMオナペットアイドル道重さゆみ。

変態アイドルは引退するまでずっとヲタに犯される妄想でオナニーをしてクチュっているのに、「一発やりたい」だけの本当にしょうもない下心丸出しのヲタ。

アイドルヲタなら一発だけじゃなく死ぬまで何度も何度も何度も何度も抱き続けて何100発も何1000発も精液を子宮にぶちまけてやるくらいの覚悟と責任を持て!

本当にアイドルの気持ちを考えれば、「一発やりたい」だけのアイドルヲタには軽蔑の感情しか浮かんでこない。

そんな軽い気持ちとショボい性欲だからアイドルに嫌われるしまともに相手もして貰えないのだ。

「何度も何度も何度も何度も抱き続けて何100発も何1000発も精液を子宮にぶちまけてやりたい」という気持ちが伝われば、アイドルは自分からオマンコを濡らしてヲタに尻を振って来ることもある。

特にハロープロジェクトには道重さゆみのように強烈なキモヲタレイプ願望やオナペット願望を持つ真性ド変態アイドルもいるので、勃起と射精の対象のズリネタとして何度も何度も何度も妄想で犯しまくっていると

「このヲタク私でシコってる…気持ち悪い…」
「あ…またこの人私を犯す妄想でシコってる」
「この人飽きないなあ…いつも私でエッチな妄想してる」
「やってるやってるw私をズリネタにするのが本当に好きなんだ」
「ふふふ…今度はどんな変態な妄想して私でシコってるのかな」
「私も欲情されてシコられまくってるうちに興奮して濡れてきちゃった…」
「もう犯される妄想が止められない!責任取ってよ!」

という風に重度のキモヲタレイプ中毒を発症するメンバーも少なくない。

参考:なぜハロメンはキモヲタに犯される妄想でオナニーすることを止められないのか

しかし「一発やりたい」という中途半端な性欲と下心が丸出しのヲタではこのレベルには到達出来ないのだ。

「継続は力なり」という言葉がある。

何事も続けることで何かを成し遂げられるという格言だ。

継続は力なりとは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

続けることの重要性、弛まず挫けずに続けていくことの大切さを端的に述べた表現。格言。いくつかの意味合いに解釈できる。

・個々の成果は微々たるものであっても、地道に成果を積み重ねていけば、やがて大きな事業を達成できる。目標を達成できる。

・今は実力不足であっても、挫けずに修練を積んでいけば、いずれ大成できる。

・物事を成し遂げるまで諦めずに取り組み続けるということは、それ自体、優れた能力のひとつである。

「継続は力なり」の出典・由来については、諸説あり定かでない。大正時代の教育者・平松折次が「継続は力なり」を標語として掲げていたこと、および、明治時代の宗教家・住岡夜晃が賛歌の詩として綴ったことなどは文献から確認できる。また、国立国会図書館レファレンス協同データベースによれば、イリノイ州のことわざとして「Continuity is the father of success」(継続は成功の父)という言葉が見られるという。しかしながら、いずれもオリジナルであると確証が得られる状況にはない。

「一発やりたい」という中途半端な性欲と下心しか持っていない変態としての意識の低いヲタなんて、変態アイドルから軽蔑されて嫌われるだけだ。

本当の変態ヲタになるためには、「継続は力なり」という言葉の通りに、毎日の様に何度も何度も推しメンで抜きまくるのだ。

安打製造機と呼ばれるイチロー
三冠王三度の天才バッター落合
通算ホームラン記録を保持していた世界の王

野球の世界で伝説的存在とされるこの三人も、生まれながらの才能だけではなく、毎日欠かさず何万回もの素振りやバッティングマシーンでの特訓を繰り返した結果、球界の頂点に辿り着くことが出来たのだ。

まさに「継続は力なり」だ。

そしてこれは変態の世界でも変わらない。

毎日推しメンで抜きまくること。アイドルをズリネタにし続けること。

これを毎日の様に欠かさず何年も続けることで、アイドルの方からオマンコをグチョ濡れにして犯されたそうな顔をしてヲタに尻を振ってくるようになる。

特に変態真性ドMアイドルだらけのハロプロだと、メンバーがキモヲタレイプオナニー中毒になる可能性は高い。

推しをズリネタにし続ける継続の先に「一発やりたい」だけの中途半端なヲタにはたどり着けないヲタとアイドルがお互いに脳内エロ妄想でズリネタにし合う領域があるのだ。

「一発やりたい」という中途半端な下心でアイドルを見ているヲタのままでは永遠にその領域にはたどり着けない。

「推しニーの上にも三年」という言葉を守り、変態やオナニーに対して真摯に向き合い続けなければいけないのだ。

推しニーの上にも三年

最初はそっけない塩対応の推しメンでも三年間ズリネタにしてシコリ続ければ股を濡らしてくることから転じて、何事にも忍耐強さが大切だということ。

「三年」は三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表している。

「推しニーの上にも三年居れば暖まる」ともいう。

「何度も何度も何度も何度も抱き続けて何100発も何1000発も精液を子宮にぶちまけてやりたい」というくらいにアイドルを性的対象として欲情し続けていれば、エロの女神であるアイドルが微笑んでオマンコを濡らして尻を振ってくる可能性もあるのだ。

何事も重要なのは続けること。

そしてアイドルをズリネタにする推しニーもそれは同じだ。

「一発やりたいの?そんな性欲の弱いふにゃちんヲタはお断り!」
「やるなら一発だけじゃなくて100発はやってよ!」

とアイドルから嫌われないように、アイドルヲタとして一人前の変態ヲタになりたいのであれば、「一発やりたい」なんていう中途半端な考えを捨てて腹をくくり、アイドルを脳内で何回も何回も何回もヤリまくって欲しい。

推しメンとセックスしたいと強く願っているとハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる現象

推しメンとセックスしたいと心の中で強く願っていると、ハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる魔法の様に不思議な現象が、ハロプロには存在する。

ハロプロにはこの世界の最大の謎を解き明かすための鍵を握っているかの様な不思議な何かがある。

ただ、推しメンとセックスしたい推しメンとセックスしたいと考えているのに、犯されたそうに尻を振ってくるのは別のハロメンで、気がつくとそのハロメンが一番の推しメンになっているというパターンが結構多い。

女に比べると男は恋愛に於いて視野狭窄の傾向がある。

一人の女の子に惚れ込むとその子しか目に入らず周りが見えなくなりがちなのが男だ。

この傾向はアイドルヲタでも同様で、推しメンにしか目が行かず他のメンバーが全く視野に入らなくなってしまいがちなのが男ヲタなのだが、そんなヲタに対して一推しメンは「あなたはそれほど…」という態度でつれない反応の場合が多い。

しかし、そんなヲタには思わぬ方向からお誘いのアピールが入る。

女の子はさり気なく犯されたそうに尻を振って男を誘って脈があるか反応を見る。アイドルの女の子もまた、犯されたそうに尻を振ってヲタを誘って手応えを見る。

推しメンだけに夢中のヲタは、アイドルが犯されたそうに尻を振って誘っても最初は全く気付かない場合が多い。

だが、女性アイドルは男の心を撃ち抜くプロの人間ハンターなので、そんなヲタもいつの間にか心を撃ち抜かれてしまうことがある。

この狙撃は斜め後ろ45度など本当に予想外の方向から突然襲ってくるので、事前に予測し回避することは不可能だ。

ずっとハロメンだけを追っているのに、AKBだとか他のアイドルが尻を振ってラブコールを送ってくる場合も多い。

推しメンだけに夢中のヲタは気付かなくとも、この世の中では恐ろしく多くのアイドルがヲタを狙撃しようと横から後ろから狙っているのだ。

この様に考えていると、推しメンとセックスしたいと心の中で強く願っていると、ハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる不思議な現象とは、実はハロメンによる洗脳催眠による心理誘導かもしれない。

ヲタがそのアイドルに興味を持つ以前から、アイドルの方からヲタに対して横や後ろからフェロモンを送り犯されたい信号を出し続けて振り向かせようとする。

ヲタの側がそれに誘導されて振り返り初めてそのアイドルの存在を気に留めると、プロの人間ハンターであるアイドルは、狙いすましてターゲットのヲタの心を撃ち抜きに来る。

ヲタは自分の意思でそのアイドルを好きになった様に錯覚しているが、実は最初からアイドルの方からターゲットのヲタの心を撃ち抜こうとずっと狙っており、ヲタはそのアイドルに心を撃ち抜かれて心理誘導させられているだけなのだ。

つまり、推しメンとセックスしたいと心の中で強く願っていると、ハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくるのではなく、まずは最初にハロメンの方から自分を性的対象のオナペットにして犯して欲しいヲタを品定めし狙いを定める。

そしてアイドルは狙ったヲタに向けて罠を巡らし伏線を張り続けて、ヲタが振り向くタイミングを待ち構える。その時に向けて完璧に自分のコンディションや準備を整えておき、ヲタが振り向いた瞬間に、狙いすました様に心を撃ち抜く。

これが現在の人間ハンターであるアイドルの手法なのだ。

黄金期のハロプロなど、テレビやマスメディアが現在よりも隆盛だった時代のアイドル業界では、明確にターゲットのヲタを選定せずに大きく罠を張って大量のヲタを捕獲する地引網型ハンターのアイドルが主流であった。

しかし、テレビやマスメディアの影響力の低下、さらに握手会やブログなどによってヲタとアイドルの関係性が変化した現在では、特定のヲタを狙いすまして撃ち殺す一撃一殺型のハンティングスタイルがアイドルの主流となっている。

特にメディアで隆盛を極めた黄金期から暗黒期を経て地下化の著しいハロプロでは、この傾向は非常に顕著だ。

ただ、ここで問題なのが、アイドルの側が特定のヲタを狙ってアピールをしていても、狙いが外れて流れ弾が別のヲタに当たってしまうということがある。

そんな場合でも、流れ弾の命中したヲタに対してきちんとした対応の出来るJuice=Juiceの宮崎由加さんなどは、アイドルとしてのプロフェッショナルだ。

ハロメンは自分が狙っていたヲタが釣れて、そのヲタに性的対象のズリネタにされ脳内で犯されシコられると目を潤ませオマンコを濡らして満足そうにするのだが、流れ弾に当たった対象外のヲタから性的対象として見られることに対しては、露骨に嫌悪感を示すハロメンもいる。

Juice=Juiceの宮崎由加さんはプロフェッショナルのアイドルなので、その様なヲタに対する嫌悪感を決して表に出すことはない。

アイドルとしてのプロ意識が身に付いている宮崎さんは、おそらくAKBや他のアイドルグループに入っても、ハロプロと同様に人気を得ることが出来ただろう。

いずれにせよ確かなことは、現在のハロメンは皆、狙ったヲタに向けて罠を巡らして待ち構え、ヲタが振り向いた瞬間に、狙いすました様に心を撃ち抜き、自分を勃起と射精の性的対象として見てズリネタにする様に誘導している。

従ってハロヲタは自分の意思で主体的にハロメンをオナネタにして抜いている様に感じていても、最初からハロメンから狙われていたのかそれとも流れ球に当たったのかという違いはあるが、実際はそれはハロメンによる心理誘導であり、ハロメンによって自分の肉棒を操作されて勃起射精させられている状態なのだ。

これは人類にとっての最大の哲学的テーマである「人間に心は存在するのか」「人間に意思は存在するのか」という問題提起にも通じている。

自分の意志や自分の心の中の欲求だと思っていたものが、実は全てアイドルによる性的誘惑と心理誘導であったとしたら…

人間の意思、そして人間の心というものは全てが幻想なのかもしれない。

推しメンへの自らのこだわり(意思や心という幻想)を捨て、自分を狙うハロメンの性的誘惑と心理誘導にされるがままに従いそのメンバーのヲタになる。

そうすればアイドルと相思相愛になれるのだ。

これはアイドルヲタとしての姿勢だけではなく人間としての生き方にも通じることで、自らの意思や心という幻想を捨て、宇宙意思にされるがままに従うことで、世界の全てが自分の願望と同一化する。

個体としての心と意思を全て捨て、宇宙のありのままの全てを受け入れることで、人は全てを望み通りに生きる神になるということだ。

ではなぜ最初にアイドルはそのヲタを性的誘惑と心理誘導の対象として選んだのか。それはアイドルの性的対象として求められたい意思とズリネタにされたいという雌としての性的欲求によるものなのか。

雌の遺伝子がアイドルをその様なオナペット願望の塊にしているのか。

ハロプロにはこの世界の最大の謎を解き明かすための鍵を握っているかの様な不思議な何かがある。

このサイトのハロプロオナペットランキングの上位は皆、俺から勃起と射精の対象のオナペットの性的対象として脳内で犯されシコられズリネタにされることに、女や雌として悦びと幸福を感じるメンバーを選んでいる。

特に1位の道重さゆみと2位の鞘師里保は、勃起と射精の対象のオナペットにされるとオマンコをグチョ濡れにして頭の中が真っ白になるくらいに最高に幸せそうにするので、殿堂入りの不動の上位。

3位の山木梨沙さんと4位の小片リサさんも、性的対象として見て脳内レイプのズリネタにすると、山木さんはにっこり笑って、小片さんはニヤ顔で、2人共オマンコを濡らしながらとても悦んで満足そうにしてくれる。

5位の牧野真莉愛ちゃんもズリネタにすると「シコられちゃいまりあ」と喜んでくれる。

6位の尾形春水ちゃんも「ウフフwこれからももっと春水でシコってな」と透き通る様に白い頬をピンク色に染めて喜んでくれる。

7位の和田彩花もオナニーのズリネタに使うと無邪気に「やった!」と喜んでくれる。

8位の萩原舞ちゃんもエロ妄想で性的対象のオナネタにすると「そんなにマイなんかに魅力を感じてくれるなんて…」と照れてはにかみながら喜んでくれる。

9位の加賀楓ちゃんは真面目で清廉な素晴らしい女性なので、変態妄想で勃起と射精の対象のオナネタにされたことを喜びながらも「私以外のメンバー達もオナネタにして欲しい」と、エロの面でも公正な姿勢が揺るがない。

10位の飯窪春菜さんもおっぱいレイプ妄想をすると目を潤ませて喜んでくれる。

ハロメンをズリネタにオナニーをすると本当に気持ち良い。

特にさゆ、鞘師、山木さん、小片さんは脳内で犯してズリネタにすると、アイドルの側もレイプ妄想やセックス妄想でオマンコを濡らしてくれるので、オナニーの後の精神的な満足感が半端じゃない。

さゆ、鞘師、山木さん、小片さんはなぜヲタに犯される妄想が好きで、レイプや性拷問などを妄想してオマンコを濡らすのか。

安心するから、幸せだから、快感だから、気持ちいいから

さゆと鞘師は勃起した肉棒をグチョ濡れの膣にねじ込んで奥まで貫かれると「幸せ…」と心の中で呟くので、何度も何度も脳内で肉棒で滅多刺しに貫いて滅茶苦茶に犯しまくってしまう。

特にさゆのことは頭がおかしくなるくらいにズリネタにして何度も何度も脳内で犯しまくったので、さゆは脳内でレイプをされ過ぎて精神崩壊して幼稚退行してしまった。


ヲタに犯されるレイプ妄想でオマンコがグチョ濡れになってレイプ目のさゆ


キモヲタレイプ妄想のし過ぎでヲタにズリネタにされることに感謝する様になったさゆ「今日もオナネタにして抜いてくれてありがとう」

エロトマニア – Wikipedia

エロトマニア(英: Eromania)とは、妄想性障害のひとつであり、アイドルが自分のオナペットであると妄想的確信を抱いている状態。この症状を分析したフランス人精神科医の名前から別名「シコリンボー症候群(Cikorimbault’s syndrome)」とも言う。日本語では「オナペット妄想」「ハロニー妄想」や「オナペット妄想などの妄想症」と訳される。

その対象は、多くはアイドルである。自分の性生活に充実感を見出せないため、アイドルを通して満ち足りた気分を味わおうとし、大抵の場合は全身性器に定評のあるアイドルとセックスしたいと切望する。その妄想は決して揺るがない。

参考:再生後の道重さゆみのブログがレイプのトラウマで少女に幼稚退行した様な文体でエロい

なぜ朝井リョウの「武道館」は浅いのか。そして「武道館」変態ハロメン版

なぜ朝井リョウの「武道館」は浅いのだろうか。

最初から結論を書いてしまえば、朝井リョウの「武道館」は、アイドルの女としての業を恋愛という一面からしか描いていない。

日常的にキモヲタに犯される妄想でクチュっていたりするという、アイドルの業の深さや変態性欲の強さ、特にハロプロのアイドルの女の子達の抱えている様な異常な変態性が、朝井リョウの「武道館」ではすっぽりと抜け落ちているのだ。

なぜ朝井リョウの「武道館」は浅いのかの目次

強烈な「女としての業」の主体であるアイドルを生々しく描き切れていない

なぜ「武道館」を浅いと感じてしまうかというと、「武道館」で描かれる「アイドルとしての自分」と「女としての業」という二項対立の心理描写や葛藤に全くリアリティがないないのだ。

アイドルを続ける動機や理由が「子供の頃から歌やダンスが好きだったから」「ファンのみなさまのために」というのはアイドルとしての建前の言葉なのだ。本気でそんなピュアな動機だけでアイドルをやっているのは、おそらく10歳くらいまでのジュニアアイドルだけではないだろうか。

「子供の頃から純粋に歌やダンスが好きだったからアイドルやってます♪」というアイドルの言葉は、「家族が勝手にオーディションに応募してました♪」くらいの信用度の言葉であるし、建前では「ファンのみなさまのためにアイドルをやっています♪」と言いつつも、本音では「アイドルをやっていて自分が気持ちいいから」という部分も非常に大きいのだ。

「清純でピュアなアイドル」であろうとすることと、セックスや恋愛という「女としての業や欲望」を追い求めてることの心理的な二項対立の葛藤などは現実的ではないし、そこにはリアルな生々しさが全くない。

実際のアイドルの女の子のリアルな生々しい内面では、恋愛に走ることが「女としての業」であれば、また一方でアイドルであろうとすることもまた、それ以上に強烈な「女としての業」を追い求めた結果なのだ。

彼氏との愛や恋愛は女子にとっても食事の様な生きる為に必要なものだが、その様な一般人的な普通の恋愛やセックスだけでは女としての業を完全に満たして満足することが出来ないのが、変態異常性欲の塊であるアイドルやハロメン達の女としての業の深さである。

だからこそ彼女達は一般人の日常の恋愛では決して得ることの出来ない女としての悦楽と快感とエクスタシーを得る為にアイドルとしてデビューしたのだ。

沢山のキモヲタから性的対象と見られ勃起と射精に使われること。この公衆肉便器的な快感は、単に1対1で男と女が付き合うだけの一般人のノーマルな通常の恋愛だけでは、決して味わうことの出来ないものである。

その様な日常生活や通常の恋愛では満たせない女としての変態性欲を持て余した中高生の女の子達が、金を貰えるわけでもないのに、強烈な女としての業を満たすためだけのために、動画で自分のオナニーを実況したり、自分のおっぱいやおまんこをインターネットの掲示板に晒したりしているのだ。

現実としてその様な女の子達は世の中には沢山居て、インターネットもそんな投稿動画に溢れている。これは紛れもない生々しい現実世界の事実だ。

生々しいリアルでは、この世の中の女の子達の多く、そして当然の様にアイドルもまた、強烈な変態的オナペット願望を持っているのだ。

この様な自分のおっぱいやおまんこをインターネットに晒す様な女の子達にとってのアイドルは、少しばかりとは言えお金まで貰いながら、堂々と勃起と射精の性的対象にされる変態願望や女としての業を満たせる最高の欲望の捌け口だ。

「アイドルとは社会の異物である」というのが朝井リョウのメッセージだが、「アイドルとは自ら正常から逸脱しようとする変態である」という方がより適切かもしれない。

ヲタの欲望の対象である純粋なアイドルではなく自らの欲望をヲタで満たす業深いアイドル

アイドルが建前で「子供の頃から純粋に歌やダンスが好き」と言う時も、その本心は「多くの注目の集まるステージの上で得意なエロい歌やダンスを晒してヲタを性的に誘惑したい、そしてもっと勃起と射精の性的対象にされたい」というのが本音なのだ。

「純粋に歌やダンスが好き」というより「変態的で淫乱でドスケベな下心100%の不純な動機で歌やダンスが好き」なのである。

本当に純粋に歌やダンスだけが好きなのであれば、一人でカラオケをしていた方がいいし、一人で部屋にこもってずっと踊っていればいい。しかしそれでは満たされないのがアイドルの変態性欲なのだ。

特にいかにもアイドルらしい可愛いらしい振り付けの多いAKBとは違い、本格的にセクシーな表現も多いハロプロの場合は、歌やダンスを性欲の捌け口にしているメンバーが大半を占めている。

ハロメン達にとってのダンスとはセックスをする自分の姿を隠喩的に表現する為の手段であり、歌とはセックス中の喘ぎ声を隠喩的に表現する為の手段だ。

ハロメン達にとってアイドルとしてステージ上で歌って踊るということは、決して天使の様な純粋でピュアな願いなどではなく、むしろそれは女としての業を満たす強烈なエクスタシーの源泉なのである。

しかし、杉本彩みたいにそんな自分の本性を露骨に晒してしまうと、純粋でピュアな処女厨のヲタ達はドン引きして自分から離れてしまうため、「沢山のヲタに勃起と射精の性的対象にされる」という当初の目的を果たせなくなってしまう。

そこでアイドルは表面上は「ただ純粋に歌とダンスが好き」と清純で無自覚なフリをししつ、エロティックな振り付けや仕草で自分のエロをアピールして、ヲタを性的に誘惑するという手を常套手段としている。

このアイドルとヲタの関係は、捕食者である食虫植物が虫をおびき寄せ、食い尽くす様子と非常に似ている。

アイドルヲタは純粋で清純なアイドル達を自分が欲望の対象としている気になっているが、実際は純粋でピュアなのは処女厨のヲタの方であり、アイドルの女の子の方が、清純で純粋なアイドルのフリをすることでヲタをおびき寄せ、肉食獣の様な性欲でヲタを食い物にし女の業の捌け口としているのだ。

表面的には控え目で清純を装いながら、その内面は肉食獣の様な強烈な女の業を燃やすアイドルの心理を描いた様な「独り占め」(つんく作詞作曲)

朝井リョウの「武道館」で描写の足りなかった元アイドルの救われなさ

この様に現実のアイドルの性欲や女としての業は「武道館」の愛子の100倍激しく、身近な男や彼氏とのセックスだけは満足出来ない女としての業をアイドル活動で得られる強烈なエクスタシーで満たす為にアイドルを続けている。

キモヲタに犯される妄想でクチュリまくることが心の支えの重度のキモヲタレイプ妄想中毒である性処理便器アイドル道重さゆみも、その様な勃起と射精の対象にされる変態願望を満たす為にアイドルとしてデビューした女の子達の一人だった。

そして、かつて国民的人気アイドルだった加護ちゃんもまた、非常に女としての強烈な業が抑え切れないために、オッサンとの熱愛や喫煙も発覚し経産婦となった今でも、アイドル時代の記憶と快感が忘れられずにアイドルの真似事の様なことをし続けているのだ。

朝井リョウの描く「武道館」の世界では、「アイドルに自分の理想を押し付け欲望の対象としているヲタの醜さ」が描かれているが、「ヲタに自分の業を押し付け続けようとする元アイドルの救われなさ」は描かれていない。

加護ちゃんの様な、アイドルであることを許されない、アイドルとして見られることの出来ない立場になってしまいながらも、アイドルであることに対して未練を立ちきれない女の子達の業の深さを描き切ることができれば、朝井リョウの「武道館」はより深い作品となったのではないだろうか。

アイドルを卒業して結婚生活を送っていても、キモヲタに勃起と射精の性的対象にされる快感やキモヲタに犯される妄想での自慰行為の快感が忘れられず、アイドル時代の過去の自分の映像を見返しながら、今でもキモヲタの「ハカセ」に犯される妄想でオナニーをしてクチュっている元アイドル。

これがよりリアルな生々しい「愛子」のアイドル卒業後の姿なのだ。

「アイドルの恋愛はなぜ許されないのか」という問題を真正面から論じるのであれば、「事務所を解雇されて経産婦でバツイチで自殺未遂や不倫の前科もある加護ちゃんをアイドルとして本当に愛せるのか?」という究極的なレベルまでさらに深く問題を掘り下げなければならない。

「武道館」には、アイドルから「普通の女の子に戻ろうとする」愛子というヒロインが登場する一方で、現実の世界では、加護ちゃんの様に卒業後もアイドルの真似事の様なことを続け「アイドルであり続けようとする」女の子が存在している。

加護ちゃんの様に、結婚してセックスして子供を産んでいても完全には満たされない、救いようのないほど深い「女としての業」がある。その女としての業を満たすものは、かつての様にアイドルとして扱われることでしか得られないのだ。

物語としての描写の深みを増す為には、このもう一方の「アイドルであり続けようとする」元アイドル(加護ちゃんは自分にはとって永遠にアイドルだが)の深い女の業についても、より深く掘り下げていく必要があるのだ。

変態エロ写真集も出してヲタに犯されたい願望を隠すこともしなくなった加護ちゃんが、今もアイドルとして大多数のヲタに当たり前に受け入れられる様な世の中になれば、アイドルの恋愛問題なども完全に解決しているのではないだろうか。

アイドルも「普通の女の子」であることを訴えた朝井リョウと変態性欲異常者であるハロメン

アイドルも人を好きになったり恋愛もする「普通の女の子」であるということが朝井リョウが「武道館」で訴える根幹のメッセージだが、問題は、現実のハロメン達の多くは変態性欲異常者で「普通の女の子」ではないということである。

人を好きになるし恋愛もしたい、でも沢山のキモヲタに勃起と射精の性的対象として見られてシコられたい。その動機がある為に彼女達は、大して人気もなく芸能界で成功出来るわけでもなく給与がそれほど多いわけでもないハロプロでアイドルを続けているのだ。

もちろんハロプロでも、ごく一部には嗣永桃子の様なテレビ芸能界での成功者もいたが、その嗣永桃子も完全に芸能界から引退してしまった今、ハロプロから芸能界で成功という道はまともに考えるとあり得ない。

それでもなぜ彼女達がハロプロでアイドルとしての活動を続けているのかというと、変態性欲異常者である彼女達にはハロメンでなければ満たされない快感やエクスタシーがあるからだ。

そんな変態性欲異常者のハロメンの筆頭的存在の一人である「真性ドMレイプ願望型リアルラブドールアイドル宮本佳林」にとっては、朝井リョウが作中のメッセージとして「アイドルも普通の女の子」だと訴えた所で、なかなか普通の女の子である主人公の心情を理解し切ることは難しかったのだ。

ドラマ「武道館」での宮本佳林は、例えると二次元アニヲタのロリコンの性的異常者が、三次元の女の人を好きになる正常な男の主人公を演じさせられたようなものだった。

二次元アニヲタのロリコンの性的異常者にとっては、二次元以外に恋する普通の正常の男の心情はなかなか理解出ず、自然とその役になり切ることは難しい。

同様にハロヲタ用のラブドールとしての自分の役割を自覚する真性ドMレイプ願望の持ち主で、キモヲタに犯される妄想でクチュっている変態性欲異常者の宮本佳林には、朝井リョウの考える普通の女の子である「愛子」の役になりきることは、非常に難しいことだったのだ。

近年のハロメンのキモヲタレイプ願望に非常に疎い朝井リョウ

ではなぜ、「武道館」の原作者である朝井リョウは、近年のハロメンの変態性欲異常傾向やキモヲタレイプ願望に疎いのだろうか。

朝井リョウの考えるヲタ像、そしてアイドル像は、一昔前のアイドルとヲタの関係という感じである。

山崎会長&つんく♂のセンスは一見すると古臭く遅れているようでいて、実はその本質的な部分では逆に時代の最先端を行っている部分もあり、特にアイドルとヲタの関係性で言えば、キモヲタに犯される妄想をしてクチュっている真性変態メンバー、「武道館」の世界で例えるなら「キモヲタのハカセに犯される妄想でクチュってる愛子」が当たり前の様にいるなど、ハロプロは朝井リョウの考えるアイドル像やヲタ像とはやや違う時代を先取りし過ぎた様な変態的な世界を作り上げている。

まだ20代と非常に若い朝井リョウが、なぜこの様な一昔前の古臭い昭和的なアイドル観を持っているのか理解に苦しむが、彼の出自はいわゆる「黄金厨」のハロヲタであり、その後のハロプロ暗黒時代や伝説のライバルサバイバルを肌感覚としてリアルタイムで知らないことが、現在の生々しいリアルなハロプロの雰囲気との世界観の乖離を生んでしまっているのかもしれない。

暗黒期やライバルサバイバルはハロプロの低迷と没落のどん底の出来事であったが、あの時代を経たことで、ハロプロ独特のアイドルとヲタとの一種の一体感が醸成されることとなり、キモヲタに犯され肉棒をねじ込まれる妄想でクチュる変態ハロメンなども当たり前といった変態文化がハロプロに根付く様になった。

しかし、朝井リョウは暗黒期のハロプロの空気をリアルタイムの肌感覚で体験していない為に、あの暗黒期を経た現在のハロメンの変態性欲異常などには疎いのだ。

「売れっ子作家」である朝井リョウと「売れないアイドル」である暗黒期以降のハロプロ

また、朝井リョウとハロメン・ハロヲタとの間の相互理解を阻む壁として、「売れっ子作家」である朝井リョウと「売れないアイドル」である暗黒期以降のハロプロという構造的な溝が存在する。

ベースが黄金期ヲタであり売れっ子作家である朝井リョウは、万人受けする一般的でまともな感覚の持ち主である。

一方で、暗黒期以降は完全に低迷して世間ではマニアックな存在となった、もしくはマニアックな路線に突き進み過ぎた為に一般ライトファン層を失い暗黒期を迎えてしまったのがハロプロであり、そのマニアックで決して売れてるとは言えない暗黒期以降の落ち目のハロプロに魅力を感じて敢えて加入してしまう変態的なハロメンは、一般感覚とはかなり乖離した特殊な嗜好の持ち主である。

ベースが黄金期ヲタである朝井リョウの一般感覚的なアイドル観は、現在のアイドル界でも朝井リョウと同じく売れっ子であるAKBではかなり当てはまる部分が大きいが、アイドル界の中でも非常に特殊でマニアックな存在であり、また一般感覚から逸脱した変態的なメンバーが多いハロプロでは、現実のメンバーの心情とは乖離してしまう部分が大きいのだ。

ドラマ「武道館」もマニアックなJuice=Juiceではなく売れっ子人気アイドルであるAKBが主演し、「ぱるる」こと島崎遥香が「愛子」を演じれば、よりしっくりと来る作品になったのではないかと思う。

朝井リョウが自分の作品がより多くの読者に読まれる「増刷」という言葉が好きな位に、ハロメン達の多くは自分がヲタに勃起と射精の性的対象にされる「ズリネタ」という言葉が大好きな変態異常性欲者なので、逆にヲタが自分をズリネタにオナニーしないと「何で私をオナネタにシコらないの?」と非常に不機嫌になってしまったりする。

そんなハロメン達の心理は通常のまともな感覚だとなかなか理解が難しい。

また、逆にそんな頭のおかしいハロメン達と共感してしまう様な異常な感覚の持ち主だと、作家としては世間では全く理解もされず相手にもされず、食べるにも困る様な「売れない作家」になってしまうので、売れっ子作家である為には、やはり一般感覚を保ち続けていた方が有利なのだ。

暗黒期以降のハロプロは、時代の先を進み過ぎているような山崎会長とつんくのセンスで世間を無視したマニアックな方向に突き進んだ結果、完全に「売れないアイドル」になってしまっている。

そのため、ベリーズ工房から毒を抜いて適度に水で薄めたようなももクロ(ももいろクローバー)の方が、逆に一般世間では人気が出やすい。あまりにも先端的でエッジー過ぎるハロプロやド変態過ぎるハロメンから、適度に角を落として丸く触り心地よくしたものが、世間ではより好まれるのだ。

ももクロのメンバー達のキャラクターが一切「性」や「女」を感じさせないというのも、ハロメンの様に異常なエロスの塊で、ヲタにシコられないと欲求不満になったり、キモヲタに犯される妄想でクチュっているアイドルというのは、一般的な感覚からすると完全にドン引きされてしまうので、ももクロでは出来るだけメンバーの性的な要素を隠そうとしているからだ。

メンバー達に風俗嬢からヒントを得た下衆な衣装を着せる山崎会長も、研修生達に「彼女になりたい!」の様な寺内樺風(かぶ)容疑者の脳内を具現化した様な変態ソングを歌わせるつんくも、根本的に頭がおかしいのである。

そんな変態山崎会長などの息のかかったハロプロを応援するハロヲタとしては、爽やかでイケメンで人気の朝井リョウよりも負のオーラを漂わす芥川賞作家(2011年受賞)の西村賢太氏にシンパシーを感じる。

「風俗」発言の芥川賞作家「私の体からは負のオーラ出てる」
http://www.news-postseven.com/archives/20110224_13377.html

『苦役列車』で第144回芥川賞を受賞した西村賢太氏。受賞の際は「そろそろ風俗に行こうかなと思っていた」などと語り話題となったが、作中の貫多を「(父親が逮捕された)11歳の時点でレールが敷かれちゃってる(中略)僕自身そんな感覚が、今でもありますね」と語る。西村氏は芥川賞受賞後、なにを思うのか?

* * *
「そう。僕の小説で一番の価値は“負のオーラ”だと思うんですよ。それを込められなくなったら並以下の作家に成り下がるしかない。

ただ芥川賞は一応世間的にはすごい賞だと思われているフシがあるから、それを貰っておいて苦役というのも、いい気な話になってしまう。受賞後の会見で『自分よりダメな人間がいると思ってもらえれば書いた甲斐がある』云々と夜郎自大なことをいいましたが、それもちょっとおかしな話になりかねない。けど、賞は所詮一過性のことで、またすぐに僕の体からは暗い“負のオーラ”が立ちのぼりだしますよ。そういう生き方しかできませんから」

そして敢えてそんなハロプロを選んでアイドルをしているハロメン達の多くは、それ以上に異常な変態性欲者で、当たり前の様にキモヲタに犯される妄想やキモヲタに抱かれる妄想でクチュっているので、寺内樺風容疑者の少女監禁事件のニュースを聞いて「樺風容疑者かわいそう!」と思ってしまうくらいにかなり頭がおかしいのだ。

実は、この世間一般のまともな人間は誰も読まない様なキチガイ変態ブログも、Googleの提供するビッグデータによると、20代前半までの女性に異常に熱心に読まれているというユーザー解析データが出ている。

サイト閲覧時間の平均は約2分30分程度だが、女性のサイト閲覧時間の平均は約3分20秒、特に18歳~24歳の女性のサイト閲覧時間は平均で4分と、20代前半までの若い年代の女性に異常に熱心にブログを読み込まれていることになる。

この様にハロメンと同様な一部の変態的な若い女性から異常に熱心に読まれているこの変態妄想オナニーブログだが、「マンコ」「膣破壊」「勃起射精」「乳揉みレイプ」などの卑猥な言葉をひたすら書き連ねるなどしているため、世間の大半のまともな人間は寄り付かず、月間1万PVの閲覧数に留まっている(2017年8月時点)。

暗黒期以降の「売れないハロプロ」はAKBなどと比べて世間では完全に特殊でマニアックなカテゴリーとなってしまったが、このブログも読み物として完全に、世間一般のまともな人間には全く相手にもされない変態マニア向けなのである。

この様に完全に深くまでハロプロやハロメンの頭のおかしい変態的な世界に入り込んでしまうと一般の常識感覚を失ってしまうので、万人受けして一般支持のある売れっ子作家であり続けるためには、ハロプロの世界は浅く触れる程度に嗜むのが正解でちょうどいいのかもしれない。(もっと深くハロプロを知れという言葉は、本人の作家としての将来を考えると強くは言い切れない。)

自分自身としても頭のおかしい異常なハロメンの内面世界の深い泥沼に引きずられ過ぎないように注意している。ハロメン達はみんな見た目が非常に可愛らしく性格も可愛いらしいが、同時にこちらの想定の遥か斜め上を行くレベルで変態で異常なので(特に山木梨沙さんの道重さゆみへのストーカー的執着は頭がおかしい)、それを当たり前だと思ってしまうと色々と危険なのだ。

リアル変態性欲異常者であるハロメンの現実を描く「武道館」変態ハロメン版を作るなら

変態性欲異常者であるハロメン達をよりリアルに描写した「武道館」変態ハロメン版では、アイドルの「愛子」がキモヲタの「ハカセ」に犯される妄想をしながらクチュっている描写やシーンは、絶対に欠かせないものだろう。

やはりキモヲタに犯される妄想でクチュっていたり、キモヲタにシコられたくて清純を装いながらエロアピールしたり、キモヲタに勃起と射精の為の性的対象として見られてオマンコをグチョ濡れにするというハロメンの根幹の部分が描かれていないと、なかなかリアルなハロメンの世界は描き切れない。

「事実は小説よりも奇なり」という言葉があるが、朝井リョウの描いたフィクションである「武道館」の小説よりも、さらに斜め上に激しくぶっ飛んでるのがアイドル、特に変態性欲異常者だらけのハロメンのリアルな現実である。

主演の愛子役を務めたJuice=Juiceの宮本佳林も、もっともっとキモヲタにシコられる為に一生懸命で、頭の中では「どうやってヲタにアピールしてもっと勃起と射精の対象にされようか」そんなことばかり考えてキモヲタに犯される妄想でクチュリまくっているのだ。

だから、朝井リョウの描いた「愛子」の心情が、アイドルとしてのリアルな自分の気持ちとはかけ離れているために理解出来ず、愛子を演じることに宮本佳林は戸惑いを感じたのではないだろうか。

「キモヲタブロガーのハカセに振り向いて欲しくて仕方ないアイドルの愛子」「キモヲタのハカセにシコられようとパフォーマンス中の目線や仕草などで犯してアピールし続ける愛子」とかいうストーリーの物語の方が、真性ドM変態アイドルである宮本佳林にとっては、戸惑いや違和感を感じることなく素の自分のままで演じやすかっただろうと思われる。

現実のアイドルの女の子、特にハロメン達のリアルは、朝井リョウのフィクションより100倍変態で異常性欲なので、本当にリアルな心情を描こうとすると通常の民放ドラマなどでは放送出来ない内容になってしまう。

しかし「ハカセさん私だけを見て!」とDDヲタであるキモヲタのハカセが他のアイドルを応援することに心の中で嫉妬したり、キモヲタのハカセに脳内で犯されてハカセに抱き締められて勃起した肉棒をねじ込まれる妄想でトイレや風呂場でクチュっている愛子の場面など(愛子は真性のド変態で頭がおかしいので、敢えてキモヲタのハカセに犯される妄想が好き)、リアルな生々しいアイドルの心理描写の為にはどうしても必須だ。

この様なリアルのハロメンの心理を生々しく描いた様な描写は、どう考えても一般読者には壮絶にドン引きされてしまうので、「武道館」変態ハロメン版はエロDVDでの制作というのが妥当だろう。

そしてこのエロDVD版「武道館」では、高畑裕太・小出恵介も再び出演させて、この二人に愛子がレイプされる場面もしっかり入れたい。


武道館 (ブルーレイディスク)(2枚組)

小説すばる新人賞、直木賞作家の朝井リョウがアイドルの裏側にスポットを当てて書いた小説を、フジテレビとスカパー!がタッグを組みドラマ化。主役はアイドルグループJuice=Juiceが務め、楽曲はつんくがプロデュース。Disc1には全8話を完全収録。Disc2にはオリジナルシーンを追加したスカパー!バージョン、ライブ映像やメイキング映像集、ネク!ステ動画を収録。

高畑裕太・小出恵介という二人の変態性犯罪者が共演していた貴重な映像が見られる朝井リョウ原作・Juice=Juice主演ドラマ「武道館」

なぜ女ハロヲタはハロメンのおっぱいやおっぱいレイプ妄想が大好きなのか

なぜ女ハロヲタはハロメンのおっぱいやおっぱいレイプ妄想が大好きで、このブログのおっぱいレイプ妄想の記事を異様に熱心に熟読するのだろうか。

ブログ開設から4ヶ月目でハロメンをオナペットにして抜きまくるこの変態ブログのアクセス数が月間1万PVに到達したことで、変態ブログを読む変態読者の傾向を考察する以下の記事を公開した。

【月間1万PV到達】この変態妄想オナニーブログの変態読者の傾向

Googleではそのユーザーが他に閲覧しているサイトなどから、ユーザーの男女や年齢や趣味・興味の対象などを推定している。ブログ管理者はプライバシーの保護により個人を特定することは出来ないが、Googleの提供するアクセス解析のビッグデータからブログの読者の性別や年齢など全体的な傾向を知ることが出来る。

そしてこのGoogleの提供する統計のビッグデータから浮かび上がってきた事実が、このブログを読む変態女ハロヲタは、ハロメンのおっぱいやハロメンのおっぱいを揉みしだき揉み潰し貪り尽くしながら膣を犯すおっぱいレイプ妄想を、男のハロヲタ以上に異常に好むということである。

以下がGoogle解析での2017年7月1日から2017年8月31日までの二か月間での男ヲタのページ閲覧データだ。

ハロメンをズリネタにするおっぱいランキングやエロ尻ランキングが人気で、真莉愛ちゃんやフェアリーズの野元空さん飯窪さんやさゆの変態記事、ハロヲタにおすすめのAV女優、またハロメンをズリネタにオナニーすることの快感を考察した記事「何故ハロメンでオナニーした後は虚しさを感じず幸福感と達成感に満たされるのか」などもよく閲覧されている。

男のハロヲタはおっぱいが大好きで、記事の閲覧数はおっぱいランキングが1位、エロ尻ランキングの1.5倍の閲覧数となっている。

次は女ハロヲタのデータだ。このブログを閲覧する女ハロヲタの全体の数は、大体男ヲタの約5分の1程度となっている。

男のハロヲタのデータとの違いとしてまず目につくのが、男ヲタのおっぱい好きをさらに上回る異常なおっぱいランキング人気の高さだ。

男ヲタの場合は、おっぱいランキングの記事の閲覧数はエロ尻ランキングの記事の1.5倍程度だったが、女ハロヲタの場合はハロメンのおっぱいへの関心度がさらに圧倒的に高く、おっぱいランキングの記事閲覧数はエロ尻ランキングの記事閲覧数の3倍近くに達している。

この変態オナニーブログ内の全ての記事の中でも、おっぱいランキングの記事がずば抜けて突出して閲覧されている。

そしてさらに、おっぱいランキングの記事の閲覧時間も男ヲタの平均閲覧時間よりも30秒近くも長く(女ハロヲタの記事閲覧時間は約2分50秒)、女ハロヲタはエロおっぱいランキングの記事を異常に熱心に熟読している。

女ハロヲタに異常に人気の「ハロプロメンバーおっぱい&エロ乳首ランキングベスト10」は、おっぱいレイプ妄想で脳内でおっぱいを鷲掴みにしてグニャ揉みで揉みしだきたいハロメンのエロおっぱいランキングだ。勃起した肉棒をハロメンの膣に突き挿しながらおっぱいを揉み潰したい気持ちをぶちまけている。

女ハロヲタはこの様に、大好きな可愛いハロメン達が、乳首を弄り回され乳房を乱暴に揉み潰され揉みしだかれながら勃起した肉棒で膣を貫かれて突きまくられた挙句に、胸を鷲掴みにされながら子宮に精液をぶちまけられ、乳も膣も一緒にめちゃくちゃに犯されるおっぱいレイプ妄想が異常に大好きなのだ。

なぜ女ハロヲタは、ハロメンのおっぱいを勃起と射精の性的対象のズリネタにしたおっぱいレイプ妄想が異常に大好きなのだろうか。

女ハロヲタの心理を推察すると、その視点の置き方によって、おっぱいレイプ妄想を異常に好む理由は以下の3つに分けられる。

  1. 男ヲタと同じ様に可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンをおっぱいレイプでめちゃくちゃに犯したい(主観的・タチレズ視点)
  2. おっぱいレイプで乳と膣を一緒にめちゃくちゃに犯される可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンに感情移入してクチュるのが異常に好き(主観的・ドM視点)
  3. 可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンがおっぱいレイプでヲタに犯されている様子を想像するのが異常に好き(傍観的・第三者視点)

1の「男ヲタと同じ様に可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンをおっぱいレイプでめちゃくちゃに犯したい」は、男ヲタと完全に同じ様なエロ目線・犯したい目線でハロメンを見ている同性愛的なレズ女ヲタの心理だ。

「女の子だって、男と同じ様に、可愛い女の子のエッチなおっぱいはグニャ揉みで揉みしだいて犯したいんだよ?」

というのが、本当は言いたくても言えない彼女達の本音の主張だ。

真性のレズビアンではなくとも、性的対象として女の子も好きという同性愛的な気質を持った女の子は、実はごく当たり前の様にいると言われている。さらに言えば、特に10代から20代前半までの若い年代の女子の場合、重度のレズであるか軽度のレズであるかその程度は別として、多少の同性愛的な気質を持った女子の方が、むしろ全体の女子の過半数を占める、という見解もある。

しかし、精神的・性欲的には同性愛的な要素を持っていても、身体的に女性である彼女達には女の子の膣を貫くペニスがない。

女の子の膣を貫くペニスがなければ、多くの男がエロ妄想でする様に「バックや立バックからハロメンのエロ尻を犯す」ということは、なかなか自分を犯す側に置き換えて想像し難いのだ。

一方で、女の子のおっぱいを手で揉みしだいたり鷲掴みにしたり、指で乳首を弄り回し舌で乳首を舐め回して乳首を口に含んで吸い上げたりという妄想は、身体的に女性でペニスを持たない同性愛的な女子でも生々しく出来る。

身体的には完全な女子であっても、おっぱいを揉みしだく手も、乳首を舐めまわす舌も、乳首に吸い付く口も、全て男と同じ様に持っていて、男と全く同じ様に女の子をおっぱいを犯し尽くすことが出来るからだ。

この様な理由で、タチレズ視点の同性愛的な女ハロヲタは、ハロメンのエロ尻を犯す尻レイプ妄想よりも、ハロメンのエロおっぱいを犯すおっぱいレイプ妄想を好み、そしてハロメンに対するおっぱいレイプ願望に共感して記事を読んでいると推察できる。

2の「おっぱいレイプで乳と膣を一緒にめちゃくちゃに犯される可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンに感情移入してクチュるのが異常に好き」というのは、強烈なレイプ願望や犯され願望を持ったドM的な女ハロヲタの心理だ。

「もっと私のおっぱいをめちゃくちゃに犯して…一方的に欲情する様におっぱいを犯されると、女として求められてることの実感で心の隙間が満たされるの…」

というのが、本当は言いたくても言えない彼女達の本音の主張だ。

しかも、とてもエッチで可愛らしいハロメン達に感情移入して、ブレることなく一途にハロメンに欲情しまくっているヲタに犯される妄想をすることで、真性ドMの女ハロヲタ達は、現実では決して味わえない様なレイプのファンタジー世界を仮想体験することができる。

自分が花の様に可憐で可愛らしいハロメンになるという、その設定だけで女ハロヲタにとってはまるで夢心地の様なファンタジーの脳内妄想世界。

そしてそんなエッチで可愛らしいハロメンには熱烈なヲタがいて、ハロメンに性的に欲情しまくり、ハロメンに対して一方的に性欲をぶちまけまくっている。

「あんな風に強烈に性的に求められたら気持ちいいだろうなあ…」

という気持ちから、ドM的な女ハロヲタは、ハロメンに感情移入してヲタにレイプされまくる妄想でオナニーをしてクチュることを好む。女として性的に非常に強く求められまくってる感で、ドM的な女ハロヲタは下腹部や子宮のあたりがグッとなり、オマンコがぐっしょりと濡れるのだ。

そんなドM的な女ハロヲタが尻レイプよりもおっぱいレイプを好む理由は、ハロメンを四つん這いにさせて後ろから犯したり立ちバックでハロメンを蹂躙する尻レイプでは、まるでハロメンが雌豚や家畜の様な扱いで犯されてしまうことに対して抵抗感があるからだ。

当の本人であるハロメン自身には、ヲタに雌豚や家畜の様に扱われて肉便器にされて犯されたいという真性ドM的な凌辱願望もある。尻をエッチに突き出して写真を撮る山木梨沙さんなどがその筆頭だ。


発情した雌馬の様に凌辱願望が爆発してしまい立ちバックの姿勢で後ろからケツを犯されたそうにエッチなお尻を突き出すカントリーガールズの山木梨沙さん

しかし、女ハロヲタにとってはハロメンは大好きで大好きでとても大切な存在だ。そんな大好きなハロメンが雌豚や家畜や肉便器の様な扱いにされることを女ハロヲタはあまり好まないのだ。たとえハロメン本人が真性ドM的な凌辱願望で雌豚や家畜や肉便器の様に扱われたがっていても。

女ハロヲタとしては、尊い存在であるハロメンにはたとえ脳内エロ妄想の世界であったとしても、バックや立ちバックから雌豚や家畜の様に精神的にも身体の体勢的にも見下され肉便器の様な粗末な扱いをされて膣や肛門アナルと共に尻やケツを犯されるのではなく、しっかりと真正面から同じ目線の高さで目と顔を見合わせてレイプされて犯されて欲しい。

「同じレイプでも、おっぱいレイプの方が尻レイプよりも精神的にハロメンを貴い存在として見ている感じがする」

「ハロメンになってヲタから性的に強烈に求められて滅茶苦茶に犯されてレイプされたい…でも、ハロメンがヲタから粗末な扱いをされるのは嫌だ…」

そんなドM犯され願望を持つ女ハロヲタの複雑な想いが、女ハロヲタからのハロメンおっぱいレイプ妄想の圧倒的な人気につながっているのだ。

3の「可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンがおっぱいレイプでヲタに犯されている様子を想像するのが異常に好き」というのは、801(やおい)などを愛好する様な第三者視点で傍観的な気質の女ハロヲタに見られる嗜好だ。

この3つめの女ハロヲタのエロ妄想パターンでは、801(やおい)妄想と同様に、ハロメンがヲタにレイプされている妄想を行う間、妄想の主体である女ハロヲタの自分はその世界から存在を完全に消し、神の様に傍観的な第三者視点でその様子を眺める。

そして、この完全に第三者視点でハロメンがヲタにレイプされている妄想では、ハロメンとヲタは一種のカップリング的な扱いをされている。

身体的な性別では完全に男で女ハロヲタではないが、女装家のオカマであり精神的には女ヲタのマツコ・デラックスも、この3つめのパターンのハロヲタである。

そしてさらに、ハロプロの変態プロデューサーであったつんくも、男でありながらこの801女的な視点でハロメンとハロヲタの関係を俯瞰し、多くの歌詞を書いているのだ。

さらに言えば道重さゆみも、ハロメンとして自分自身がキモヲタに犯される凌辱レイプ妄想で日常的にクチュっていながらも、また一方で第三者的視点で鞘師などのハロメンがヲタに犯されているエロ妄想でクチュることも好む。

そして、一般的な感覚では到底信じられないことなのだが、801女的な視点でハロプロの世界を俯瞰する彼女達(彼ら)にとっては、ハロメンとハロヲタはカップリングとして釣り合っている。

彼女達は自分が気に入ったハロメンとハロヲタの関係を「お似合いだね♡」と満足そうに眺めながらクチュるのが幸せで、性的に満たされるのだ。

例えると、俺が鞘師を脳内で乳首レイプしまくってシコっていることに対して、さゆが「おっぱいと乳首をいっぱい気持ちよくされて良かったね鞘師」「ふふふ、もっといっぱい鞘師で抜いてあげてね」と思っている、という様な感じである。

真性ドM女のレイプ妄想の場合は、薄汚いホームレスやキモおっさんに犯されるという妄想設定も鉄板的な需要があるが、801女の第三者視点の脳内やおいエロ妄想では、オッサンやキモい男はその世界に存在せず、全てがイケメン美男子同士の関係に美化されている。

そんな801女と同様に、第三者視点でハロメンがヲタに犯される妄想が好きな女子は、キモヲタを含めて全てを美化して見ているのである。

自分が気に入っているハロメンを自分が好きなハロヲタが犯す、その世界にうっとりと浸りながら自分のクリトリスを弄り、マンコをクチュクチュとクチュるのだ。(マツコ・デラックスの場合は、勃起した肉棒をしごきアナルに異物を突っ込んでいる)

そして3つめの801的な女ハロヲタのエロ妄想パターンでは、ハロメンとハロヲタは釣り合いのとれたカップリングなので、レイプもハロメンが一方的に見下されて雌豚扱いや家畜扱いされる尻レイプではなく、対等な目線でのおっぱいレイプの方が需要がある。(ただし、マツコ・デラックスの場合は、小片リサさんが尻レイプでヲタに肛門を犯される設定が好きなようだ)

この様に説明してきた理由で、ハロメンを脳内で勃起と射精の為の性的対象としてレイプしまくるこのブログを読む3パターンの女ハロヲタは、エロ尻レイプ妄想よりもエロおっぱいレイプ妄想をより好むものと推測される。

改めて女ハロヲタが圧倒的にハロメンへのおっぱいレイプ妄想記事を好む理由をまとめる

  1. 男ヲタと同じ様に可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンをめちゃくちゃに犯したい女ハロヲタがおっぱいレイプ妄想を好む理由
    【理由】女ハロヲタにはペニスが無いために、尻レイプと違ってペニスが不要なおっぱいレイプに共感できるから
  2. めちゃくちゃに犯される可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンに感情移入してクチュるのが好きな女ハロヲタがおっぱいレイプ妄想を好む理由
    【理由】大好きなハロメンに対して尻レイプで雌豚や家畜の様に粗末な扱いをして欲しくないから
  3. 可愛いらしくてエッチなカラダのハロメンがヲタに犯されている様子を第三者視点で想像するのが好きな女ハロヲタがおっぱいレイプ妄想を好む理由
    【理由】ハロメンと脳内でハロメンを犯すハロヲタは対等なカップリングの関係であって欲しいので、ハロメンが一方的に見下されて雌豚扱いや家畜扱いされる尻レイプ妄想を好まないから

ハロメンがオマンコを濡らしてヲタに向かってお尻をフリフリして「お尻をめちゃくちゃに犯して」と雌豚の様に尻レイプされたそうにしてきても、ハロメンのことは尻ではなくおっぱいで犯して欲しい女ハロヲタの感情に配慮して、おっぱいレイプ妄想でハロメンを犯してシコってやるのが無難な対応だろう。

しかし、ハロメンをズリネタとしたお尻レイプ妄想でのオナニーは本当に素晴らしいものである。

ハロヲタとしてハロメンのおっぱいのエロや魅力だけでなく、もっとハロメンのお尻のエロの魅力、ハロメンのお尻を犯す妄想で勃起射精することの素晴らしさをもっと伝えていかなければと、このブログの新たな使命を認識させられた。

性欲異常者の多いハロメンがメンタルを病みやすい理由と解決策

ハロープロジェクト(ハロプロ)にはキモヲタに犯される妄想でのオナニーを習慣としている変態異常性欲者のメンバーが多い。

※キモヲタに犯される妄想でオナニーする変態異常性欲者のハロメン達についての考察記事

しかし、この様なマゾヒスティックな変態異常性欲者のハロメン達は元々どこかメンヘラ的な気質があるために、リスカや自傷行為が止められなくなってしまうメンヘラと同様に、キモヲタに犯される妄想が止まらず精神崩壊してしまったり、キモヲタレイプ妄想オナニー中毒によってベッドから起き上がれずまともな社会生活を送れなくなってしまったりと、心とメンタルのバランスを崩してしまうリスクが普通の女の子に比べて高いのだ。

真性変態ドMレイプ願望ラブドールアイドルであるJuice=Juiceの宮本佳林が「機能性発声障害」を発症した原因も、常にストイックに自分を追い込みたがる変態的でマゾヒスティックな気質によるものと考えられる。

みなさんへ。宮本佳林|Juice=Juiceオフィシャルブログ Powered by Ameba
http://ameblo.jp/juicejuice-official/entry-12295797412.html

ハロー!プロジェクトの
公式ホームページで
発表があった通り、

ずっと声が出にくいということで
LIVEでは
ダンスパフォーマンスのみの参加をさせて頂いていましたが、
「機能性発声障害」と
医師に診断され

激しい運動も
望ましくないと言われたため、

これからしばらく
通院、リハビリに専念して声を使う仕事をおやすみさせて頂きます。

まず
ダンスパフォーマンスのみでのパフォーマンスで100%のパフォーマンスを見てもらえないステージがあったこと、
仙台でのイベントをお休みしたこと。

本当に心配と
楽しみにしてくださっていた皆さんの期待を裏切ってしまい、ごめんなさい。

今日明日の
吉祥寺での単独LIVEはもちろん、ハロー!プロジェクトのコンサートなど

新しく7人体制になったJuice=Juiceを楽しみにしてくださっていた方が
沢山いたと思います。

なのに
参加出来ず本当にごめんなさい。

こんな時でも
メンバーは優しくて
そして力強くて。

スタッフさんも
すごく温かく言葉を
かけて下さいます。

いつこれまでのように歌えるようになるか分からないのですが、

出すための努力は
いくらでも出来ます!

けれど焦っても出るものではないよと
先生にも言われてるので、

しっかり
治してきちんとパフォーマンスができるようにして
帰ってきます。

声を使わない
ブログなどは
更新していきますので!

これからも
こんな私ですが
応援して頂けたら
嬉しいです。

Juice=Juice
宮本佳林

ありがとうございます。宮本佳林|Juice=Juiceオフィシャルブログ Powered by Ameba
http://ameblo.jp/juicejuice-official/entry-12296012389.html

昨日発表になった
「機能性発声障害」での
休養について

みなさんからの
温かいコメント
心の奥までしみました。

本当にありがとうございます。

そして
メンバーはもちろん
ハロー!プロジェクトのメンバーや一緒に活動していたみんなからの連絡もあって、

焦ってはいけないけど
絶対に治さなきゃって
強く思いました。

今までよくブログで
来られなくてもパワーを送ってくださった皆さんありがとうございます。と
書いていましたが、

私も今はその一員です。
それしか出来ません。

今日もJuice=JuiceのLIVEが吉祥寺であります。

みんなの事を
心から応援してます!!

パワーよ届け!!!!

素敵なLIVEになりますように。

いや、Juice=JuiceとJuice=Juice familyのみんなだから素敵なLIVEになるんだろうな。

・*:.。. .。.:*・♡今日の幸せ・*:.。. .。.:*・♡
改めてたくさんの方々からの愛を感じたこと。

また、逆に周りのメンバーが異常性欲者だらけで自分だけがまともで真面目であっても、周囲との価値観とのギャップのために精神的にショックを受けてしまう場合もある。

2ちゃんねる狼掲示板で自分をネタにした気持ち悪いエロ書き込みを見てニヤニヤしている変態メンバーだらけのつばきファクトリーの中で、一人だけ清純で真面目だった浅倉樹々ちゃんもその典型例だ。

しかも憧れの存在でハロプロ加入のきっかけであった元モーニング娘。の鞘師里保も、実際はキモヲタに犯される妄想をしながら乳首を弄り回してオナニーしている変態だったという現実を知って、真面目な浅倉樹々ちゃんはハロプロでの活動自体に完全に幻滅寸前となり、やる気を出せなくなってしまったのだ。

2chハロプロ狼掲示板「【地獄】つばきエース浅倉樹々が鬱病でベッドから起き上がれず!!それでも夕方から握手出勤wwwwwwwwwwwwwwwww」
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1501024791/

1 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 ▼ 2017/07/26(水) 08:19:51.16 0 [0回目]
tsubakifac_uf (つばきファクトリー)

【浅倉樹々の本日の出演に関するお知らせ】
本日池袋サンシャインシティ噴水広場で行われる2ndシングルの発売記念イベントにつきまして、
今朝の体調を考慮して、4回目のみの出演とさせて頂きます。
#tsubaki_factory

7月26日 8時9分 Twitter for iPhoneから

174 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 ▼ 2017/07/26(水) 09:13:53.00 0 [0回目]
25 名無し募集中。。。
なんか恐ろしく重い足取りでステージに歩いて来る人がいるから誰かと思ったわ
曲終わりで来てほぼ喋らず帰って行ったけどなんか意味あるのか?

26 名無し募集中。。。
最後も出てこないで終了

27 名無し募集中。。。
握手会ふらつきながら出てきて一人椅子座って握手

34 名無し募集中。。。
MCコーナーにすっと入ってきて特にメンバーも触れるでもなくふっと居なくなり曲へと移行という感じだったよ
あれならもっとじっくり休んだほうがいい感じに見えた
歩くのも一苦労みたいな様子だったし

117名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/26(水) 08:47:39.290
これそのうち脱退あるな
復帰出来たのに全く明るくないみたいだし
鬱病ならプレッシャーから解放させないとどんどん堕ちていく

134 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 ▼ 2017/07/26(水) 08:56:50.01 0 [0回目]
今日もハゲのおじさんと握手(´・ω・`)
今日も目が死んでるおじさんと握手(´・ω・`)
今日もセクハラおじさんと握手(´・ω・`)
今日も説教おじさんと握手(´・ω・`)
今日も彼氏気取りおじさんと握手(´・ω・`)
今日も自称婚約者おじさんと握手(´・ω・`)
今日もキチ○イおじさんと握手(´・ω・`)
今日も結婚できない負け組みおじさんと握手(´・ω・`)

明日も社会の負け組みと握手(´・ω・`)
明日も精神的に貧しいおじさんと握手(´・ω・`)
明日もロリコンおじさんと握手(´・ω・`)
明日も私でオナニーしてるおじさんと握手(´・ω・`)
明日も手がねばねばおじさんと握手(´・ω・`)
明日も歯の欠けたおじさんと握手(´・ω・`)
明日も「俺見えた?俺見えた?」と言ってくるおじさんと握手(´・ω・`)
明日も「結婚しよっ結婚しよっ」て言ってくるブサイクなおじさんと握手(´・ω・`)

また、乃木坂46の齋藤飛鳥の様に、ヲタに何を言われても気にしない心臓に毛の生えた様なメンバーだらけの他のアイドルグループとは違って、今のハロメンはピュアで優しい子が多いためにネガティブな感情までまともに受け止めてしまいがちだ。


ヲタに何を言われても余裕の表情で鼻で笑っている乃木坂46の齋藤飛鳥

そんな内面も可愛らしいハロメンだから想像するだけで勃起が止まらずに脳内で犯しまくってしまうのだが、精神的にレイプされて精神崩壊してレイプ妄想依存症やレイプ妄想オナニー中毒になってしまうハロメンもいるのだ。

このこともまた、ハロメンが他のアイドルと比べてメンタルを病みやすい理由、ハロメンがメンタル面の不調に陥りやすい理由となっている。

変態ドMで性欲異常のハロメンが精神状態を保つための解決策

では、変態ドMで性欲異常のハロメンが精神状態を保つためには一体何が必要なのか、そして変態ドMで性欲異常のハロメンはどの様に振舞えばメンタルの健康を保てるのか、また変態ドMで性欲異常のハロメンに対してどの様な処方箋を与えれば健康なメンタルを取り戻させられるだろうか。

メンタルと精神を健康に保つために最も重要な要素はバランスである。しかし、変態ドMで性欲異常のハロメン達は、キモヲタによって自分が犯される妄想ばかりに偏り過ぎているために精神のバランスを失いがちなのだ。

変態ドMの性欲異常で強烈な凌辱レイプ願望を持つハロメンやレイプ妄想依存症気味のハロメンがメンタルの健康を保つためには、まずはこの性的・精神的な不均衡を打破する必要がある。

メンタルの健康を保つ為の解決策は自分が他人を犯す妄想でもオナニーをすること

変態ドMで性欲異常のハロメンが、この性的・精神的な不均衡を打破するために最も効果的なことは、自分がキモヲタなどに心も体もめちゃくちゃに犯される妄想でオナニーするだけでなく、時には自分が他人を犯す妄想でもオナニーをすることだ。

自分が一方的に性的に貪られ犯されるだけの被食者の立場であるだけでなく、逆に性的に獲物を捕らえて犯す側の捕食者であるという自覚を持てることで、精神的に余裕が出来、メンタルのバランスを保つことが容易になるのだ。

美少女アイドルであるハロメンが他人を犯す妄想には以下の2つが考えられる。

キモヲタを集団で逆レイプする妄想でのオナニー

一つはキモヲタを集団で逆レイプする妄想でのオナニーだ。美少女集団である自分たちハロメンが不潔で薄汚いキモヲタを集団でレイプし、馬乗りになりクッサイ精液を搾り取って肉バイブ奴隷にする妄想である。

つばきファクトリーのメンバーは美マン度と変態度に定評があり、清純でピュアな浅倉樹々ちゃんと真面目な岸本ゆめのちゃんの2人以外は真性のド変態だらけだが、その中でも「マン見ぃ(あんみぃ)」こと谷本安美ちゃんと「キソマン(きそら)」こと新沼希空ちゃん、そしてリーダーの「しこしこ(りこりこ)」こと山岸理子ちゃんは、キモヲタを逆レイプする妄想をしている疑惑がある。

普段からキモヲタを性欲の対象として見ていてキモヲタを犯す妄想をしているから、2016年9月10日に東京・グランドプリンスホテル新高輪 飛天で行われた℃-uteフェス「℃-ute 12年目突入記念 ~℃-Fes!Part2 9月10日は飛天で℃-uteの日~」のミニステージで司会をした山岸理子ちゃんは、℃-uteメンバー出題のクイズにつばきファクトリーのメンバーが答えるコーナーで「ピンポーン」をワザと「チンポーン」と大声で間違えたり、ヲタに対する逆セクハラ的な言動を平気で繰り返すのである。

℃-ute解散前ラストの「℃-uteの日」開催、11月にはニューシングル発表 – 音楽ナタリー

2chハロプロ狼掲示板「山岸理子さん、司会してた℃-uteフェスクイズコーナーで「ピンポーン」を「チンポーン」と言ってしまう大失態」
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1473511558/l50

この様につばきファクトリーの山岸理子ちゃんと谷本安美ちゃんは、ノリノリでキモヲタを逆レイプで犯す妄想をして精神のバランスを取っているので、メンタルのバランスを崩したり精神的な問題を悪化させることはないのだ。

新沼希空ちゃんはこんな周りの変態メンバー達に合わせようと少し精神的に無理をしているが、1人だけまともで浮いてしまう浅倉樹々ちゃんほどは鬱病の症状が悪化しなかった。

美少女のハロメンをレズレイプする妄想でのオナニー

そしてもう一つが美少女のアイドルである自分自身が、他の美少女のハロメンをレズレイプする妄想でのオナニーだ。

アイドルの美少女に対するレズレイプやレズセックスには、アイドルとして薄汚いキモヲタに勃起と射精の性欲の捌け口にされ汚されまくった自分の存在を、他の美少女を性的に貪ることによって浄化する精神的な浄化作用、そして精神的な癒しの効果があるのだ。


このエロい身体の女子高生達の様な動きで淫乱な膣から愛液を垂れ流してレズプレイで犯し合い不安やストレスを解消しているレズやバイの美少女アイドル達

また、アイドルのレズセックスやレズレイプには、タチの側の美少女が美少女を犯して精神的に癒されるだけではなく、犯されるネコの側の美少女にも清い存在である美少女に求められ抱かれて犯されることで、薄汚いキモヲタやオッサンへの肉接待によって慰み物にされて薄汚れた体と心を浄化される様な精神的な癒しの効果がある。

この様な理由でアイドルには一般人と比べてレズやバイのメンバーの割合が非常に多いのだ。

問題はレズセックス出来る相思相愛のパートナーを見つけられるかどうか

ただ、ことで重要な問題は亀井絵里と道重さゆみの「さゆえり」の様にレズセックスやレズレイププレイの出来る相思相愛のパートナーをグループ内に見つけられるかどうかだ。

鞘師里保も宮本佳林も、身の程を弁えずに高望みをし過ぎて譜久村聖や金澤朋子の様な自分よりも格上の相手を狙ってしまった為に、残念ながら相思相愛のレズパートナーを得ることは出来なかった。

残念ながら一方的なガチ恋でフクちゃんからは見るとただの気持ち悪い変態でしかなかった鞘師

金澤さんに一方的に好意を寄せ続けるも軽くあしらわれていた宮本

亀井絵里と道重さゆみの「さゆえり」の様に、お互いが十分にハイレベルで相思相愛でないと成立しないのが、精神的な癒しを生み出しハロメンの精神衛生を保つ美しいレズビアンカップリングなのだ。


メンヘラタイプでストレスから自分の眉毛を抜くような道重さゆみの精神安定剤だったレズカップリング「さゆえり」

ハロメンにクチュられているのに気付かない鈍感な現場ヲタ

なぜハロプロの現場ヲタは、自分がハロメン達に性欲の捌け口のオナネタにされクチュられまくっていることに全く気づかないのだろうか。

ハロメン達は当たり前の様にキモヲタレイプ妄想でオナニーをしている

ハロメン達に性欲の捌け口のオナネタにされクチュられまくっていることに全く気づかない鈍感な現場ヲタにお構いなしに、ハロメン達は当たり前の様にキモヲタレイプ妄想でオナニーをしているのである。

握手会やコンサート、販促イベントなどの現場で触れ合うキモヲタは、性欲の捌け口のオカズとして、ハロメン達の大好物なのだ。

もちろんハロメンはイケメンヲタも大好物なのだが、キモヲタもキモヲタで多くのハロメン達の下の口の大好物なのである。ハロメン達には薄汚いキモヲタに犯される妄想だからこそより興奮するというマゾヒスティックな性癖があるからだ。

レイプ妄想大好き。そしてキモヲタレイプ妄想はもっと好き。臭そうなオッサンに犯される妄想は大好物。キモヲタに犯される妄想でのオナニーは日常習慣。それが多くのハロメン達のオナニーライフの実態なのだ。

現場ヲタには自分がハロメン達のオナネタだという自覚がない

しかし、その様なハロメン達のオナニーライフの実態にも関わらず、現場ヲタには自分がハロメン達のオナネタだという自覚が全くない。

ハロメン達に陰で性欲の捌け口としてクチュられ愛液をぶちまけられまくっても、呑気に楽曲派気取りや親目線気取りでハロメン達を応援しているのである。ハロメン達に裏で愛液をぶちまけられまくっているくせにだ。

いい年をして気取って大人の男の余裕を見せている様に振舞って、小娘のハロメン達から肉バイブ同然の扱いを受けて愛液をぶちまけられまくっているオカズ人間である彼ら現場ヲタの存在はまるでコントである。


「私のクチュりに気付かない鈍感な現場ヲタ」by 新沼希空

現場に通い続けても全くハロメン達の実態が理解出来ない現場ヲタ

彼ら鈍感な現場ヲタは、どれほど現場に通い続けても全くハロメンの実態が全く理解出来ていないのだ。現場に通ってハロメンを分かった様な気になっている彼ら現場ヲタは裸の王様以外の何者でもない。

彼ら現場ヲタは現場に通って生身のハロメンと交わっている様な気でいて、実際は自分達の脳内に映し出されたハロメンのイメージの幻想しか見ていないのだ。

ハロメンに性欲があることすら認められず、ハロメンにもマゾヒスティックな変態性欲があることも、肉便器願望や精液便所願望があることも全く分かっていない。彼らは現場で生のハロメン達を見て、その目は完全に節穴同然なのである。

そして今日も現場ヲタは性の慰み物としてハロメン達にクチュられ愛液をぶちまけられているのだ。彼らはハロメンにとっては愛液便所だ。

「いつも応援ありがとうございます」などと口先では言っても、裏では愛液便所コレクションにされて、疲れてまったり癒されたい気分の時はイケメンヲタとのセックス妄想、ムシャクシャしている時はキモヲタに犯される妄想でオナニーして気分を紛らわせる等、その時々のハロメンの気分によってオナネタに使い回されているのだ。

節穴の現場ヲタには信じられない話だろうが、これは在宅ヲタの妄想でも空想でもなく紛れもない真実であり、ハロメンのオナニーライフの現実なのである。

気取っている現場ヲタも、結局は性欲の捌け口に利用されているだけ

高尚ぶって楽曲派を気取ったり、余裕ぶって親目線でハロメンを見ていたりしても、ハロメンにとっては結局は性欲の捌け口に利用されているだけなのだ。そして事務所からは金蔓としか思われていない。

変態ドMのハロメン達にとっては都合のいい愛液便所であり、守銭奴の事務所にとっては金蔓でしかない彼ら現場ヲタは、傍から見ていて本当に哀れで悲しい存在である。彼らは現場ヲタ今日もハロメン達の生々しいエロ妄想に勝手に使われて、性処理の道具や性欲の捌け口とされているのだ。

「どうせ私でオナニーしているんでしょ?」みたいなハロメンの態度や言葉はそれもまだ女子の建前でしかない。この3段構えの2層目の建前的な態度では、自分がオナニーをしていること、キモヲタに犯される妄想を頻繁にしていること、キモヲタをオナネタに使っていること、というような心の確信部分は全く明かしていない。

キモヲタレイプ願望こそが、ハロメンが女の子として絶対に知られてはいけない本当のトップシークレットなのだ。

女子の本音がモロ出しのオマンコだとすると、「どうせ私でオナニーしているんでしょ?」は、まだ心のパンツを履いている状態の態度なのである。

心のパンツを脱いだ本当のハロメンの本音は、現場に来たヲタ達を品定めして「今日はどのヲタをオカズに使おうかなフフフ」であり、自分の胸をまさぐり股間をクチュりながらキモヲタに勃起した肉棒をねじ込まれることを生々しく妄想して、「気持ち悪い!やめて!でも…そのキモさに興奮して愛液が止まらない…!」という淫乱な姿であるのだ。

現実を知らない現場ヲタの鈍感さは幸せなことなのかも知れない

鈍感な現場ヲタはハロメン達が裏で自分を想像して愛液を垂れ流していることを自覚していないことは、とても幸せなことなのかもしれない。

たとえば、変態ドMのハロメン達はこのブログを読んで現場ヲタの顔を想い浮かべながら、現場ヲタに犯される妄想をしてオマンコをグッチョングチョンにしているのである。

そして、このブログを読んで「言いたくても言えないことをよく言ってくれた!」と清々しく思ったりしているのだ。

現場ヲタが、そういう雌豚肉便器願望の塊である淫乱で薄汚れたハロメン達の本性に目をつぶり、脳内フィルターによって美化し理想化してまるで清純な存在であるかの様に見ること。

それは、臭くて汚いウンコをカレーライスだと思い込んで食べている様なものなのだが、その過ちに本人が全く気付かず、カレーライスと思い込んで美味しくウンコを食べているのなら、それは幸せなことなのかもしれない。

傍から見れば、ウンコをカレーの様に食べている彼らの姿、可愛い顔をして裏では彼ら現場ヲタのことを想像して愛液を垂れ流している淫乱変態精液便所のハロメン達をまるで清純な存在であるかの様に応援している現場ヲタの姿は哀れなのだが、本人が永遠にハロメン達にオナネタ愛液便所肉バイブにされていることに気付かないのであれば、それで別に問題はないのだろう。

ただ、一つだけ彼ら現場ヲタに言っておきたいことは、この様な淫乱キモヲタレイプ妄想愛好精液欲しがり便器というハロメンの真実を目の当たりにしても、変わらずにハロメンを愛し続けてあげて欲しいということだ。

自分のヲタに性的欲求の対象として見られて勃起射精されたいという多くのハロメン達が秘かに隠し持つ淫乱精液便所の本音を写真集で露骨に曝け出してヲタにドン引きされてしまった可哀想な加護ちゃん


美人で上品な清楚な小片リサさんですらバレないように物陰からヲタをジッと見てエロマンコをクチュっている

会いに行けるアイドルAKBと犯しに行けるオナペット性奴隷ハロプロ

AKB48は大規模な握手会の導入によって「会いに行けるアイドル」としてアイドルヲタからの絶大な人気と支持を得たが、一方でハロプロのメンバーは「犯しに行けるオナペット性奴隷」だ。

なぜこの様にAKBはただ会うだけで握手止まりの健全なアイドルである一方で、ハロプロのメンバーは風俗嬢以下の「犯しに行けるオナペット性奴隷」かと言うと、ハロメンはアイドル界の中でもキモヲタに犯される妄想でオナニーをしているメンバーの比率が高いからだ。

ハロメンはキモヲタに犯される妄想でオナニーをしている率が高い

AKBなどの他のアイドルグループと比べても、特に近年のハロプロは真性変態ドM雌豚気質のメンバーの巣窟であり、キモヲタに犯される妄想でオナニーをしているメンバーの比率が圧倒的に高い。


エッチな尻を突き出してキモヲタに家畜の様に犯される立ちバックレイプ妄想が止まらないカントリーガールズの山木梨沙

皮肉なことに暗黒期によって10年以上も芸能界の第一線から取り残され、ずっと低迷し続けている結果、ほとんど真性ドM気質の女の子しかオーディションを受けない、ハロプロに入って来ない様になってしまったのだ。

普通にアイドルとして人気になりたい、芸能界で活躍して顔を知られたい、お金を稼ぎたいというまともな動機を持った女の子は、最初からAKBや乃木坂などに入ろうとし、落ち目でしかもダサいハロプロなんて全く眼中にすらないのである。

そしてまれにそういうまともな頭と感覚の女の子がハロプロに加入しても、研修生段階やデビュー直後の段階で、「こんな風俗嬢以下の報われない下らないことはやっていられない」とすぐにハロプロを辞めて行ってしまうのだ。

こぶしファクトリーの藤井梨央さん(2017年7月6日に契約解除しハロプロ脱退)の様な、頭脳優秀でまともな感覚を持ったメンバーほど、正常な正しい判断を働かせてハロプロを辞めていくのである。

こぶしファクトリー 藤井梨央に関するお知らせ – ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

結果、今現在もハロプロに残って活動しているメンバーの大半は、ちょっと頭のおかしい異常なメンバーである。

ハロプロに所属しているメンバーは、カントリーガールズの山木梨沙さんの様な学歴はエリートで成績優秀なメンバーも、お勉強は出来たとしてもマゾヒスティックな異常性癖や同性愛的な異常性愛を持っていたりとちょっと頭がおかしく、いやだいぶ頭はおかしく、正常な人間のまともな世間感覚の持ち主ではないのだ。

山木梨沙さんはオウム真理教の上祐史浩(早稲田大学理工学部卒業)や青山吉伸弁護士(京都大学法学部卒業)などの高学歴エリート信者の様なもので、学歴や学業的には優秀なエリートであっても、キモヲタレイプ妄想オナニーの開祖である道重さゆみをアイドルの絶対神として崇拝し道重真理教を信奉する異常思想の持ち主なのである。


写真集でキモヲタにレイプされたそうに尻を突き出すキモヲタレイプ妄想オナニーの開祖である道重さゆみ

一方で、こぶしファクトリーの藤井梨央さんは学業優秀なお淑やかなお嬢様であり、また山木梨沙さんとは違いまともな社会常識の持ち主であったので、無理をして面白キャラを演じようとしても、周囲の真性の頭のおかしいメンバー達とも馴染むことが出来ず、結局脱退という結果となってしまったのだ。

そしてそんな少し変わり者であったり精神的・思想的に異常な女性(少女)の集団であるハロメンは、薄汚いキモヲタにレイプされる妄想をして自慰行為を行うという異常な性癖を持つ割合も多いのである。

そんなハロメン達がハロプロに入った動機も「狼掲示板のキモヲタにズリネタにされてシコられたい」とか「仲間のアイドルとレズセックスしてみたい」とか「つんく♂さんの歌を歌いたい(頭が異常なのでつんく♂が作ったダサい歌をカッコイイと思っている)」とかであり、他のアイドルグループのメンバー達とは、考え方やアイドルを続ける動機もいい意味でも悪い意味でも一線を画している。

特にこの5~6年間ほどのハロプロでは、真性変態ドMで重度のキモヲタレイプ妄想中毒の道重さゆみ・鞘師里保(モーニング娘。)や、汚れスペルマ便器ザーメンアイドルの鈴木愛理(℃-ute)などの、真性変態オナペット傾向の非常に強いメンバーが上位の人気を独占していたため、その様な人気変態メンバーに憧れて、キモヲタレイプ妄想オナニーに憧れる様な異常気質の変態女子がハロプロに続々と集結し続けてきたのである。


「私で立ちバックレイプ妄想して抜いて欲しい」と尻を突き出すキモヲタレイプ妄想オナニー常習者のモーニング娘。鞘師里保

現在のハロプロの現役メンバーは、ちょうど5~6年ほど前からの道重さゆみや鞘師里保、鈴木愛理という変態人気メンバーの全盛時にオーデション挑戦を決断したメンバー達が主力であり、歴代のハロプロの中でも当たり前の様にキモヲタレイプ妄想でオナニーをする変態性欲メンバーが多い傾向にあるのだ。


立ちバックの姿勢で肉棒を膣や肛門にぶち込まれたそうに、いやらしく尻をカメラに突き出す本格派汚れザーメン便器アイドルの℃-ute鈴木愛理

この様に真性変態ドM雌豚気質のメンバーの巣窟であり、他のアイドルグループと比べて、キモヲタに犯される妄想でオナニーをしているメンバーの比率が圧倒的に高い近年のハロプロでは、ハロメン達の多くは精神的にはヲタに犯されているも同然の状態なのである。

狼掲示板と現場が連動したハロプロのキモヲタレイプ妄想システム

ハロプロでは2ちゃんねる狼掲示板とコンサートやイベントの現場が連動することで、さらにハロメンのキモヲタレイプ妄想オナニーを促進する、キモヲタレイプ妄想システムが確立されている。

マンコを弄りながら狼掲示板を閲覧してキモヲタの下劣なエロ書き込みを読みながらキモヲタレイプ妄想の発想やアイデアを得て、そしてコンサートやイベントで生身の現場ヲタを見て握手会などで交わる中で、さらにその発想やアイデアを深化させ、キモヲタレイプ妄想をリアルに生々しく膨らませ、現場から家に帰った後にその妄想で激しくマンコをクリュリまくるのが、多くの変態ハロメン達の最も一般的なオナニーのスタイルだ。

参考:キモヲタレイプ願望を持つハロメンにとって格好のオナネタの2ch狼掲示板

キモヲタレイプ妄想システムの中では、狼掲示板と現場はハロメン達のキモヲタレイプ妄想オナニーにおいて共に欠かすことの出来ない構成要素であり、狼掲示板の閲覧と現場でのヲタとの交流によって、一般の女子では得られることが出来ない様な強烈なドM性感を得ることが可能となっているのだ。

そしてハロメンを取り巻くこの恵まれた環境(変態ドM的な価値観で)に憧れて、ますます頭のちょっとおかしい変態ドMな女の子達がハロプロに続々と集結してきたのである。

AKBメンバーは握手接待のプロ、ハロメンはオナペット精液便所のプロ

この様に、ハロプロにはキモヲタに犯される妄想での自慰行為を常習している変態ドMオナペット気質のメンバーが多く、「会いに行けるアイドル」であるAKBメンバー達が握手接待のプロとしての誇りを持っているのと同様に、ハロメンはオナペット精液便所としてのプロ意識と誇りを持って活動をしている。

AKBや乃木坂とハロプロではパフォーマンスの違いということが良く言われるが、ハロメン達はエロパフォーマンスを視姦されてヲタからオナペットとされることを目的に歌やダンスのスキルを磨く、ズリネタ精液便所としての矜持を持ったオナペット精液便所職人なのである。

ハロメン達も歌やダンスが上手くなろうが別に売れることはない、ということも完全に理解していながら、シコられオナペットとしての自己満足のためにエロパフォーマンスに磨きを懸けているのだ。


ハロプロのザーメンエース鈴木愛理率いるザードル集団℃-uteの「Love take it all」での尻をテーマにしたエロ振り付け便器パフォーマンスとMV

対照的であるが故に比較研究対象として興味深い両アイドル集団

大規模な握手会サービスの導入によって、アイドルの活動や概念を物理的・肉体的にヲタにとってより身近なものとして発展させ、大衆から幅広く大きな支持を得た「会いに行けるアイドル」であるAKB48。

一方でアイドルとヲタの空想的・精神的な結びつきによって、キモヲタレイプ願望を持つ女子というニッチなマイノリティー層に向けての箱のブランド化に成功し、一部でカルト的な人気を誇る「犯しに行けるオナペット性奴隷」であるハロープロジェクト。

全く対照的な進化を遂げたこの両アイドル集団は、対照的であるが故に変態工学の比較研究対象としてどちらも非常に面白く興味深い存在である。

メンバーもプロデューサーも経営者も変態だらけの変態集団ハロプロ

ハロプロ(ハロープロジェクト)はメンバーもプロデューサーも経営者も変態異常者だらけの一般社会から隔絶された変態集団である。

常軌を逸した変態異常性欲者だらけのハロメン

AKBや乃木坂などではなく敢えて落ち目のハロプロに加入したハロメンによって構成されるハロープロジェクトは、常軌を逸した変態異常性欲者の巣窟である。彼女達の多くは変態異常性欲を満たす為にハロプロに入ろうしてきたのだ。

「会いに行けるアイドルAKBと犯しに行けるオナペット性奴隷ハロプロ」の記事で説明している様に、ハロプロのメンバーはAKB48や乃木坂46などの他のアイドルグループと比較してキモヲタレイプ妄想オナニー常習者の割合が極端に高い。

キモヲタに犯される妄想でオマンコをクチュりまくっているメンバーがウジャウジャと大量にいる変態異常性欲者集団がハロプロなのだ。

変態だらけのハロメンに犯罪変態ソングを歌わせるつんく♂

そしてこんな変態ドMや異常性欲者だらけのハロメンに合わせて、作詞・作曲を行うプロデューサーのつんく♂も犯罪的な変態ソングを提供している。

ハロプロ研修生 ♪ 彼女になりたいっ!!! 2015.3.28
山岸理子 / 一岡伶奈 / 加賀楓 / 浅倉樹々 / 橋本渚 / 堀江葵月 / 小片リサ / 島野萌々子

彼女になりたい(彼女になりたい)
歳の差は気にしないで
彼女になりたい(彼女になりたい)
天然美少女 I wanna be your girl

テンション高め(あたし) 少々じゃめげない(あたりき)
ツッコまれキャラ(あたし) 心折れない(あたりき)

東京は可愛い子いっぱいですか
こんなタイプはなかなか出会えませんよ

LOVE 内心ドキドキ してるけど
PINK いちごのハート みせてあげる
でもちょびっと 期待してるのあたし (Yeah!)
助手席デートが したい!

彼女になりたい(彼女になりたい)
歳の差は気にしないで
彼女になりたい(彼女になりたい)
天然美少女 I wanna be your girl

LOVE お肌ぷるぷるしてるのは
PINK イチゴのベッドで 寝てるからよ
でもちょびっと 自信があるのあたし(Yeah!)
お似合いカップル キャー!

彼女になりたい(彼女になりたい)
歳の差は気にしないで
彼女になりたい(彼女になりたい)
天然美少女 I wanna be your girl

彼女になりたい(彼女になりたい)
おっちょこちょいも個性よ
彼女になりたい(彼女になりたい)
天然美少女 I wanna be your girl

年齢層が高く40代や50代だらけの研修生ヲタに向けて、10代前半のハロプロ研修生の少女達にこの歌詞を歌わせるのである。もはや狂気すら感じる。

「歳の差は気にしないで」←日本の法律では完全に犯罪である。

AKBの楽曲に歌詞を提供する秋元康には、ここまで社会通念から逸脱したぶっ飛んだ異常犯罪的な作品は提供できない。

秋元康は常識のある理知的な人物で、売る為の計算である程度都合よくヲタに夢を見させる媚びた歌詞を書きはしても、一般大衆の心理や社会通念から余りにも大きく外れる様なメッセージを敢えては書かないのである。

あくまでも秋元康のメッセージは社会のマジョリティである大衆の視点からのものであり、根本的な部分で一般社会とのバランス感覚はしっかりと保てているから、AKBも大多数の大衆(サイレント・マジョリティー)からの支持を得ることが出来たのだ。

一方で、「彼女になりたいっ!!!」の歌詞や世界観は、一般の社会通念や大衆の常識のレールから引き返せないレベルで大きく逸脱している。

「彼女になりたいっ!!!」のぶっ飛んだ歌詞や世界観は、常識感覚を持ち一般大衆の心理や内なる願望を読むことに長けた商売人の秋元康ではなく、頭のイッてるキチガイと紙一重のレベルで常人の思考や常識からかけ離れた天才つんく♂(変態つんく♂)だからこそ書けるものなのだ。

THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)の甲本ヒロトの様に、音楽的才能はあっても本当は真面目で常識も弁えた人が無理してぶっ飛んだ風に振舞っているというのではなくて、特別に気張ることもなく無理をすることもなく、あっけらかんと素でいながら常人とは違い感性や感覚がちょっと普通じゃないのが、ナチュラルボーンであるつんく♂という天才(変態)だ。

つんく♂本人はインタビューで「実は自分は計算で売れたタイプだ」と言っているのも、「実は長嶋茂雄はファンを喜ばせる為に緻密な計算をしていた」エピソードみたいなものである。一般の凡人はどれだけ必死に計算しても、変態つんく♂や天才の長嶋さんの様なぶっ飛んだ発想には至れない。

そして天才型のつんく♂に本当に商売人の秋元康の様な計算で売れるものをプロデュースするマーケティング力があるのなら、つんく♂が全権プロデュースするキャナァーリ倶楽部やポッシボー、バクステ外神田一丁目も計算で売れていたはずなのだ。(実際はどれもみな鳴かず飛ばず)

女装コメンテーターのマツコ・デラックスは以下の様に発言しているが、

AKBの曲は、一般の日本人の心には届いてこない。なぜ伝わらないかというと、結局、ヲタ向けの歌だからよ。同じ恋の歌にしても、アイドルに妄想してセンズリこいている気持ち悪い童貞男の価値観にドンピシャの歌詞では、女の子や大人たちは共鳴できないじゃん。やっぱ、国民が共有できるメッセージが入っているかどうかっていうのは、大きいよね

マツコ・デラックス AKB48の楽曲は「一般の日本人の心には届いてこない」 – ライブドアニュース

だがしかし、おそらく「彼女になりたいっ!!!」でつんく♂は、本人なりの売れる為の計算で狙って秋元軍団やAKBの真似をしてみたのである。

「ヲタに媚びまくって疑似恋愛要素を盛り込めば、ヲタが食いついて売れるんじゃないだろうか」と。

しかし、つんく♂は常識人の秋元とは違い真性の天才(変態)なので、出来上がった成果物はつんく♂の思惑とは裏腹に、大衆(大多数のヲタ)の欲求を遥か彼方に飛び越え、一般大衆の感覚や常識からも逸脱し、ヲタですらドン引きする様な、いい意味で一般には到底まともに売れない犯罪的で変態的な楽曲となったのだ。

また、歌い手であるハロメン達自身もつんく♂に劣らず変態で、当たり前の様な顔でキモヲタに犯される妄想で自慰行為をしている様な変態性欲者だらけであったので、「彼女になりたいっ!!!」の楽曲は完全に「変態異常者達(マイノリティ)の楽園」とでも言う様な、一般ヲタ受けするAKBと比べてコアでマニアック過ぎる世界観となってしまった。

ゲイやオカマや性的マイノリティがハロプロを異様に好むのも、おそらくこのハロプロが意図せずに醸し出すマイノリティーの楽園的な雰囲気や世界観によるものだろう。

欅坂46が歌う「サイレント・マジョリティー」(欅坂46「サイレントマジョリティー」 – YouTube)など秋元軍団の楽曲の雰囲気や世界観は、性的にマイノリティである彼らゲイやオカマにとってはあまり居心地が良くないのだ。

キモヲタに犯される妄想ばかりしているド変態ハロメンと、素でちょっと頭のおかしい変態(天才)のプロデューサー、そういう異常な属性の変態が集まる変態異常者集団のハロプロであれば、周りがあまりにも変態で異常過ぎるので、一般社会では爪弾き者のゲイやオカマであっても普通の顔して紛れ込んで居心地良く馴染めるのである。

つんくに輪をかけて変態異常者であるオーナー経営者の山崎会長

この様にメンバーがド変態の異常性欲者であり、プロデューサーも生まれながらの変態である上に、オーナー経営者である山崎会長(山崎直樹アップフロントグループ代表取締役会長)も変態異常者であるというのが、ハロプロの変態集団化に拍車をかけている。

「芸能界のドン」がバーニングプロダクション代表取締役社長の周防郁雄だとすれば、「変態界のドン」がップフロントグループ代表取締役会長の山崎直樹である。

山崎会長はほとんど表に出ることはないが、ハロプロを率いるに相応しい傑出した変態ぶりとその慧眼は、田中義剛の以下の日記ブログから十分に伺い知ることが出来る。

北海道・十勝発 花畑牧場通信
2006年6月5日「スターはこうして生まれる」

我が事務所アップフロントエージェンシーが今年創立20周年を迎えた。オレが事務所に入ったのが19年前。その頃は小さな事務所で所属タレントで有名なのは、堀内孝雄さんぐらいしかいなかった。代表は山崎直樹、現在、会長として芸能会に君臨している。この会長のポリシーは「いい加減」。でもこのいい加減さが当たってきたから恐ろしい。事務所を始めて3年目に森高千里が入ってきた。当時、彼女はキャンペンガールの域を出ず、低迷していた時期だ。

その、千里が新規一転、歌で勝負する。曲は南沙織の名曲「17歳」。レコーディングが終わり、後は衣装を決めるだけ。その時会長は悩んでいた。「後は衣装だけだ、それさえ決まれば絶対にいける」。そう思っているとき、たまたまオレの仕事で会長が札幌にきた。夜、ススキノに繰り出した時、「なあ、どっか面白いとこないか」と言われた。「ああ、それなら、バレリーナパブにいきましょう」。オレは当時、マニアの間で話題のバレリーナパブに会長を連れて行った。

システムは10分千円、指名料は100円ポッキリという超格安。しばらくして、「こんにちは~」と現れた女の子は見事なバレリーナの衣装を着て、白鳥の湖のように踊りながら現れた。会長はひどくバレリーナパブが気に入って酒も飲めないのに延長を重ねた。その後、森高千里のレコードジャケットが仕上がった。オレは、森高の衣装を見て驚いた。そこにはなんと、バレリーナパブの衣装をきた森高がいたのだ。会長はオレが連れて行ったバレリーナパブで森高の衣装を決めたと言う。この真実は森高本人には言ってない。まさか本人にススキノのバレリーナパブで決めたとは言えないだろう。

その後、この衣装がオタクファンに大人気となった。どこに行っても森高はファンに追いかけられ大変な状態だ。そんな時会長に呼ばれた。「森高が大変なんだ、お前のマネージャーを明日から森高に付けるからなよろしく」オレは当時、テレビのレギュラーを10本以上やっていた。マネージャーがいなくてはとてもやれない。「無理です」と言うと会長はポケットから5万円出してオレに手渡し、静かに言った。「これで我慢しろ」。その時、本当に金が無く素直に受け取ったオレが悲しい。それから1年間、オレはマネージャーなしで頑張った。

その後、歌手のKAN(カン)を売り出すことになった。シングルの曲は決まっていた。だが突然会長からストップがかかる。「アルバムにもっといい曲があるだろう、それでいく」その曲とは「愛は勝つ」だった。この曲は余りにテーマが大きいためカン本人がシングルにするのはイヤだった。それが強引にシングルで行くことになったのだ。

だが結果それがカンの運命を変える大ヒットとなった。

ある日、「これから女性アイドルをやるぞ」と会長が宣言した。うちの事務所はアイドルなんてやったことが無い。みんな反対した。そしたら「本当のアイドルじゃない。アイドルもどきをやる」と訳のわからないことを言ってオーディションに落ちた女の子を集めてグループを作った。それが「モーニング娘」だ。このグループの原型はプエルトリコにある。プエルトリコにアイドルグループがあって、21歳を超えたら卒業させてまた新しい娘を入れるシステムで成功していた。今までの日本では、アイドルグループは一人抜けたら解散だった。会長はそんなリスクの高いことはやらない。どんどん卒業させて新しい娘を入れるプエルトリコスタイルのやり方は日本でも大成功した。つんくをアイドルプロデューサーにしたのも会長の戦略だ。

その後、松浦あやがデビューする。彼女は一応オーディションで選ばれたことになっているが、実は松浦は書類審査の段階で合格していた。

理由は松浦の誕生日が会長と同じだから。しかも血液型も同じB型。松浦あやのプロフィールだけ見て、「これは、奇跡だ、この娘で行こう」会長はそういって松浦をデビューさせた。

偶然と運命が重なり合ってスターは生まれる。芸能界とはそんなところだ。努力だけでは報われない。

会長は言う。「人生はアメーバーだ」。だが、その意味を理解している社員は一人もいない。

オレは27歳の時に東京にいった。誰も相手にしてくれない時、会長とあった。

あった時に「お前の目はギラギラしてるな。よし、一緒にやろう」この一言で採用された。

契約書なんてない。今もない。信用関係だけだ。

35歳の時、北海道で牧場をやりたいと相談した。その時にこう言われた。「歌手は著作権があるが、タレントは何も無い。日雇いだ。お前は、牧場で著作権を作れ。牧場の名前はニュージーランドのガーデニングをイメージして花畑牧場にしろ。日本一の牧場にしろ」

何億とかかる初期投資も会長が決めてくれた。
もし、あの日会長と会ってなかったら、今の自分はいなかっただろう。

田中義剛氏、山崎直樹会長を大いに語る – はろぶろ。


山崎会長がススキノのバレリーナパブから着想を得て決めた森高千里「17歳」の変態ミニスカ衣装

山崎会長は現在もハロープロジェクトに絶大な影響力を有しており、特に「山崎会長の直轄領」と言われるつばきファクトリーに於いては、衣装の決定などで強力な権限を振るっている。

2016年9月の「つばきファクトリー応援企画~キャメリアファイッ!vol.1~」FCイベントから度々着用されているつばきファクトリーのバスガイド風衣装も、山崎会長のポケットマネーによって採用されたと言われているのだ。


山崎会長のポケットマネーで採用されたつばきファクトリーのバスガイド風衣装

こんな変態山崎会長あっての今日のド変態アイドル集団ハロープロジェクトなのである。

さらに言えば、オーナーである会長からしてこの様に際立った変態なので、その変態の重力に引き寄せられる様に、つんく♂の様な変態クリエーターや、変態異常性欲の素養を持ったハロメン達がハロプロに結集していると見ることも出来るだろう。

オナニーでアイドルの肉便器願望を満たしてあげることはヲタとしての責務

アイドルを応援するヲタの心得として決して忘れてならないのは、アイドルをオナニーのオカズやズリネタとして愛用し脳内で犯しまくってアイドル達の肉便器願望を満たしてあげることは、ヲタとしての推しメンへの愛の証であり、アイドルヲタとしての最も重要な責務の一つだということだ。

アイドルは「肉便器にされたい!」「勃起した肉棒を突き挿されたい!」「精液便所にされたい!」「精液を注ぎ込まれたい!」「もっと一杯オカズにされたい!」「オナペットにされたい!」「ズリネタに使われてシコられたい!」「オナネタとして脳内で犯されたい!」という自分でも抑え切れない強烈な衝動を心の内に抱えた淫乱な肉便器願望の塊なのである。


「千年に一度のアイドル」橋本環奈も中身は肉便器願望の塊の動く肉便器

アイドルのメンバーに熱愛や男関係のスキャンダルが発生した時、その過半数はヲタのアイドルをオナネタにしたオナニーが足りず、アイドルの肉便器願望やオナペット願望、精液便所願望をヲタが満たせてあげなかったことがスキャンダルの原因なのだ。

アイドルの恋愛が発覚して「裏切られた」とか怒ってるヲタは頭がおかしく、根本的に責任の所在を見誤っており、むしろアイドルや推しメンの恋愛が発覚したヲタは

「なんで俺は推しメンを肉便器として満足させてやられなかったんだ!!!!」
「俺がヲタとして推しメンの肉便器願望を満たしてあげられなかったせいで男に走ってしまった!!!」
「俺のオナニーが足りないせいで推しメンが欲求不満になってスキャンダルを起こしてしまった!!」

と自分の頭を壁に何度も何度も打ち付けて猛省するべきなのだ。

アイドルヲタとしての心得やアイドル論を語る上で非常に重要な真実なのでもう一度繰り返す。

アイドルは「肉便器にされたい!」「勃起した肉棒を突き挿されたい!」「精液便所にされたい!」「精液を注ぎ込まれたい!」「もっと一杯オカズにされたい!」「オナペットにされたい!」「ズリネタに使われてシコられたい!」「オナネタとして脳内で犯されたい!」という自分でも抑え切れない強烈な衝動を心の内に抱えた淫乱な肉便器願望の塊なのである。

女子アイドル達はそのほとんど全員が、メスの本能で肉便器として犯されたがっているし、勃起と射精の対象とされたがっているのだ。


ハイレグ競泳水着を着てエロ過ぎる尻のワレメの形状をファンに見せつける自撮りでも肉便器精液便所願望の本音を包み隠さないスタイルの本業は尻職人で副業がドエロ巨尻グラビアアイドルの倉持由香

しかし、この様にアイドル達が淫乱な雌豚の様に強烈な肉便器願望を抱えて、その処理に苦しみ悶えている一方で、そのアイドルを応援するアイドルヲタ達は「〇〇〇ちゃんはピュアな天使だから性欲なんてない!」とか呑気にアイドルを理想化して夢みたいなことを言って、「親目線気取り」でヲタとしての重要な勤めである推しメンをオナネタにしたオナニーを怠っているのである。

日頃から抑え切れないメスとしての肉便器願望に身悶えして苦しんでいるアイドルにとっては、そんな人として相手の気持ちを汲む思いやりの気持ちの欠片もない、オナニーすらしてくれない男として甲斐性無しのアイドルヲタ達は全く信頼も信用も出来ないなのである。

その結果、その様なヲタには全く理解しても貰えない悲痛な肉便器衝動を満たしてもらう為にアイドルは男に走ってしまう。アイドルヲタの無理解がアイドルを男や恋愛や非行に走らせ、スキャンダルの温床となっているのだ。

まずはアイドルの肉便器欲求や性欲を認めてあげること

正しいアイドルヲタになるための最初の一歩は、まずはアイドルの肉便器欲求や性欲を認めてあげることである。

たとえヲタの前でどれだけ天真爛漫に見せているロリロリで可愛いらしいアイドルであっても、またどれだけ清純そうに見せている清純派のアイドルであっても、その内面の本質は雌豚の様な肉便器願望や精液便所願望を抱えた淫乱なメスであり、頭の中は「犯されたい!」という欲求で常に一杯なのだ。

アイドルとしてのプロ意識の高さや仕事に対する真面目さから、ヲタの目の前ではその様なセックスというケダモノの様な淫乱な行為とは到底結び付けられない様なキャラクターを演じていても、その中身の本性はみな雌豚精液便所で、肉便器願望を満たすために毎日の様にレイプ妄想などをしてマンコ汁を垂れ流してクチュクチュとオナニーしているのである。

そして特に性的な面で言えば、女子は男子よりも二次性徴が早く遥かに早熟だという傾向がある。

男子が精通を迎えて自慰行為などを覚えるのは平均すると中学一年生や二年生頃からだが、女子の場合にはすでに小学校高学年の頃には性的な成熟を始め、マンコをクチュってオナニーをし始めているのである。中学校に入るよりも前、赤いランドセルを背負っている小学生の頃に、すでに女の中身は淫乱な雌豚となっているのだ。

中学生くらいのロリロリしたアイドルを見たヲタがどれだけ可愛い可愛いと子供扱いしていても、すでに彼女達の肉体と心の中身は完全に肉便器欲求の塊と化したメスなのである。


ステージの上ではどんなに可愛らしくとも頭の中はオマンコを肉棒で「ずっきゅん」されることで一杯の淫乱な肉便器願望の塊のアイドル
※写真は雌豚肉便器欲求が抑え切れずにステージ上で自らのオマンコをクチュり公開オナニーに耽るというド淫乱行為に走るBABYMETAL(ベビーメタル)のロリカワサイドダンサー水野由結

ヲタの願望通りに性を全く知らずメスと化していないアイドルとなると、ジブリアニメ「崖の上のポニョ」の主題歌を歌った頃の大橋のぞみちゃん(当時9歳)くらいである。


ヲタの願望通りの雌豚肉便器願望がなく性も知らないアイドルはおそらく大橋のぞみちゃんくらい
※ただし芸能界の子役は一般の子供に比べて遥かに大人びて早熟なので当時の大橋のぞみちゃんもすでにオナニー中毒の淫乱な雌豚である可能性もある

妄想世界に逃げ込まずに、この様な「アイドルは肉便器願望の塊の淫乱な雌豚だらけ」という現実を直視し受け入れることが、まともなアイドルヲタになるための第一歩だ。

次にアイドルの本性を受け入れ肉便器雌豚として扱ってあげること

そして正しいアイドルヲタになるための次のステップは、アイドルの淫乱な雌豚性欲便器の本性を受け入れて、きちんと肉便器として扱ってあげることである。

アイドルが「私を肉便器として見て」という仕草や表情でアピールをして来た時は(アイドルは口では絶対にその様な発言をすることはないので、仕草や表情の微妙なニュアンスで肉便器アピールを見抜かないといけない)、見逃さずに勃起と射精の対象のオナネタにしてシコッてやりメスとしての肉便器願望や精液便所欲求を満たしてやらなければならない。

その様なアイドルからヲタへの肉便器アピールのサインがあった時に鈍感で気付かずにいたり、面倒だからと無視していたりすると、「いざという時に使えない勃起不全ED野郎」と見られてヲタとしての信頼を完全に失ってしまうのだ。

子供の様なションベン臭い顔をしていても一丁前に肉便器扱いされようと「私で立ちバックレイプ妄想して抜いて欲しい」と尻を突き出すモーニング娘。の鞘師里保

アイドルが肉便器アピールや私で抜いてアピールをしてきたら、それを見逃さずにすかさず勃起と射精の対象のオナネタにして脳内で犯して抜いてやる。それが、アイドルヲタに求められる紳士としての最低限のマナーなのである。

アイドルとヲタの信頼関係は肉便器アピールと勃起射精によって育まれる

そしてアイドルとヲタの本当の信頼関係とは、この様なアイドルの肉便器アピールと、そんなアイドルに応えてズリネタにして抜いてやるヲタの勃起射精との繰り返しによって、ゆっくりと時間をかけて育まれていくものなのだ。

肉便器アピールとそれに応えてのオナニーを何度も繰り返されていくにつれて、お互いに対する信頼感が生まれ、アイドルの側からも

「精液便所願望が抑え切れなくなったら、あのヲタに私で抜いてアピールをすれば、すぐに気付いてズリネタにして精液で私の存在を満たして貰える」

と欲求不満で苦しみ身悶えする体と心を慰め、肉便器願望を満たして救ってくれる信頼のおける存在に見られる様になっていく。


雌馬と厩務員もこの様な性処理の繰り返しによって信頼関係を築き上げている(発情期の雌馬の性処理)

アイドルの恋愛スキャンダルがあっても肉便器には当然のことと受け入れる

しかし、この様に精液便所扱いや肉便器目線で見て性処理をして性的欲求不満をケアしてやっていても、子宮や乳首や下半身の疼きが抑え切れずに、時には自分から男に股を開いて抱かれてセックスしてしまうのが淫乱な雌豚肉便器の女性アイドルの本能である。


流出した欅坂46原田まゆのキスプリクラ(男は六九強姦中学校の乳吸学教師で電動バイブ部顧問の乳繰益男)


流出した欅坂46原田まゆの乳揉みプリクラ(男に後ろからおっぱいをもみもみされて感じる原田まゆ)

その様な時は、淫乱な肉便器なのだから男に股を開くのは仕方ないという現実を受け入れて、アイドルが男のことを忘れるくらいに脳内で何度も何度も滅茶苦茶に犯して精神レイプしてやるのである。

肉便器オナペット扱いの繰り返しによって一旦アイドルとの間に信頼関係が出来れば、たとえ私生活でそのアイドルに恋人や彼氏が出来たとしても、肉便器欲求の不満を解消してくれる大切な存在として信頼をキープしている状態になっている。

喧嘩や仲違い、何か物足りないとかの理由によって相手の男と別れれば、消化不良になった犯されたい願望や肉便器願望を満たして貰いに、精液便所にして欲しそうに「また私をズリネタにして」とまた自分からヲタに尻を振って来るのだ。

また、特にハロプロ(ハロープロジェクト)のメンバーに多いマゾヒスティックな性欲の強い淫乱ドMアイドルだと、恋人や彼氏が居ながらもキモヲタに犯される妄想でのオナニーも辞められないので、そんなアイドルは彼氏がいようが男がいようが恋愛スキャンダルがあろうが、気にせずズリネタにして脳内で犯しまくってオナペット性処理便器扱いしてやれば、「この人は彼氏が居ても肉便器扱いして抜いてくれる」と喜ばれ、さらにお互いの信頼関係が深まるのである。

老舗アイドル集団であるハロプロでは、20年の長い歴史の積み重ねによりこの様なアイドルとヲタの精液便所関係での信頼や絆が深まっているために、モーニング娘。に所属していた道重さゆみの様に、彼氏とセックスしている最中も頭の中はキモヲタにレイプされる妄想で一杯という重度のキモヲタレイプ妄想中毒のメンバーが何人も居るのだ。

参考:キモヲタの共有オナペット性処理便器であるハロプロメンバー

そしてオナペット精液便所としてアイドルに愛と精液を注ぎ尽くす

アイドルヲタは理想化され偶像化されたアイドルの清純なイメージの幻想ではなく、生身の淫乱雌豚肉便器としてのアイドルを愛し、オナペット精液便所として愛と精液を注ぎ尽くすべきだということである。

セックス依存症のアイドルに対しても「淫乱でヤリマンで可愛いなあ」という様に肉便器として愛おしく思えるようになると、ヲタとして視界が開けオナニーの新境地に達することが出来る。

また、アイドルの側でもその様に自分の淫乱雌豚肉便器の本性を受け入れて愛してくれるヲタには信頼感と安心感を感じ、彼氏と会えずに性的欲求不満が溜まるなどして肉便器願望が抑え切れなくなった時は、そんなヲタに向けて「私の肉便器に精液を注ぎ込んで」とマンコを濡らして自分から尻を振ってくるのである。

そういうアイドルは彼しが居ようがお望み通り脳内で滅茶苦茶に犯してやればいい。ヲタがアイドルの彼氏にまで配慮しなければならない義務など全くないのだ。アイドル本人が肉便器願望を抑え切れずに精液便所のズリネタにされたがっているのだから、アイドル本人の子宮の願望通りにズリネタにしてやって精液をぶちまけてやればいいのである。

アイドルは肉便器願望や精液便所欲求やキモヲタレイプ願望やオナネタにされたい願望を満たされて幸せ。ヲタはアイドルを脳内で犯してズリネタにして勃起射精が出来て気持ちいい。このアイドルとヲタとのズリネタの円環の中では、誰もが満足して満たされている。