君の名は。という出会い系乳揉み感動ポルノ映画の若者人気の理由を考察(ヒロイン宮水三葉は出会って即セックスする超絶ヤリマン糞ビッチ)

どうやら今の日本では多くのジャンルで「出会い系」が流行っているらしい。

インターネットの出会い系サイトや出会い系掲示板、AKB48などの出会い系アイドル、そして近年大人気の出会い系映画である「君の名は。」。

出会い系アイドルであるAKB48がメジャーデビュー曲「会いたかった」をリリースしたのが2006年。もう12年も昔のことになる。

会いたかった – Wikipedia

「会いたかった」(あいたかった)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、ソングライターグループのBOUNCEBACKにより作曲されている。2006年10月25日にAKB48のメジャー・デビューシングルとしてデフスターレコーズから発売された。楽曲のセンターポジションは前田敦子が務めた。

HD AKB48 会いたかった – YouTube

いや、「会いたかった 会いたかった会いたかった Yes! 」とか言われても、こっちは会いたくないんだが。

しかし、この「会いたかった」と歌う出会い系アイドルのAKBは人気を大きく伸ばし、モーニング娘。などで知られる老舗アイドル集団ハロプロ(ハロープロジェクト)の人気を完全に置き去りにしていく。

都市化によって面倒な地域社会のしがらみから解き放たれたものの、その反面人と人の心の繋がりが希薄になっていく中で、反動として出会いを求められている時代なのか。

君の名は。という出会い系乳揉み感動ポルノ映画自体にはあまり興味がないのだが、君の名は。の様な映画が若者を中心に人気になる現在の日本人の深層心理はとても気になる。

一体現在の日本では、そして日本人の心の中では何が起こっているのか。

2018年1月3日に「君の名は。」が地上波で初放映され、ツイッターは大量の「#君の名は。」のハッシュタグで埋め尽くされた。

俺はすでにインターネットで海外でアップされた無料動画で君の名は。を見ていたので改めて今回の地上波放送では君の名は。を視聴しなかった。

しかし、君の名は。という作品そのものよりも、君の名は。を好む日本人の心理への関心からリアルタイムでツイッターをチェックしていて、君の名は。関連の大量の投稿だけで君の名は。の国民的な人気が伺えた。

インターネットの出会い系サイトや出会い系掲示板、AKB48などの出会い系アイドル、そして出会い系映画の「君の名は。」など出会い系のコンテンツが大ヒットする理由は一体何なのか。

日本人はそんなに誰かと出会いたいのか。

特に君の名は。の主な支持層である今時の10代20代の若者は、誰かと出会いたくて仕方ないのか。前世からの運命の誰かと出会うストーリーを渇望しているのか。

俺自身は完全に「別に出会いたくない系」の人間なので、出会い系コンテンツや出会い系商法氾濫の流行には乗れないでいる。

しかし、ハロプロ(ハロープロジェクト)の中で推しメンであるカントリーガールズの山木梨沙さんもつばきファクトリーの小片リサさんも、君の名は。に号泣するほど感動した様子がブログにアップされているので、ハロヲタとして君の名は。を無視する訳にはいかない。

10月30日 イブ 小関舞 – カントリー・ガールズオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/countrygirls/entry-12214717580.html

そして!今日は梨沙ちゃんと遊びましたー!!

「君の名は。」を観てきました!!

まい、流行りにちゃんと乗れてるな~なんて思いながら観ました笑笑

隣で梨沙ちゃんが泣いているのを眺めながら無表情で観るまい。

とてもシュールだった。

でも、本当に革命的に迫力と感動があってすごくよかったです!!

もう観た方もたくさんいらっしゃると思うのですが、内容が少し難しいのでまいはもう一回観たいな!!

有言実行しました。 小片リサ – つばきファクトリー オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tsubaki-factory/entry-12209714670.html

映画ー!!

観てきましたよっ

「君の名は。」!!!!

1人で観に行ったんですけど
1人映画は初めてだったので
ドキドキでしたよ~(>_<)

こっそり、端っこの席で観てきました(笑)

最初は、静かに観ていたんですけどね~、、

中盤くらいから、
涙が止まらなくって!!!

こんなに泣く事なかなかないぞ!?
っていうくらい、泣いちゃいました( ; ; )

最後の方は、大号泣でした(笑)

私、こういう非現実的なことが起こる物語が
好きみたいです!!!

しかも、映画館でよくある
「あれ~?」って疑問が残ることもなく
すごくスッキリ観れたし、

本当に素敵な作品だったな~
って思いましたっ

挿入歌もかっこよかった〜!

RADWIMPSさん、
やっぱり「前前前世」は耳に残りますねっ!

今日はずっと聴いてます♪

一方で、ハロプロ歴代No.1オナペットメンバーである道重さゆみんの場合は、芸能界復帰後に映画を見ても

未成年だけどコドモじゃない
君の膵臓をたべたい
22年目の告白-私が殺人犯です-
美女と野獣
モアナと伝説の海

と君の名は。には一切触れていないので何か安心感がある。

同じ若者世代でも山木さんや小片さんの様な10代後半から20代前半の女性と、さゆの様な20代後半の女性では、君の名は。の受け取り方が違うのか。

出会い系乳揉み感動ポルノ映画である「君の名は。」の本質は、人気AVシリーズで例えると「出会って〇秒で合体」と「時間よ止まれ!」を合体した様なものだというのが俺の認識だ。

「時間よ止まれ!」シリーズの超常現象的なご都合主義と、「出会って〇秒で合体」シリーズの様な出会って即ハメのヤリマン行為すら肯定し正当化する「結び」の概念。

この2つの人気AVシリーズをいいとこ取りし、セックス映像を取り除いてアニメ化すると「君の名は。」になる。

現実にはこの世界では、「時間よ止まれ!」シリーズの様に時間を自由に止めることは出来ないし、君の名は。の様に時間ループや魂の入れ替わりもあり得ない。

しかし、これらはシナリオや物語を進めるための重要な装置としてそれぞれの作品に不可欠な要素だ。

君の名は。では魂の入れ替わりや時間軸のズレという現実世界では絶対にあり得ない超常現象的があったが、もし現実的に考えて、物語の中のこれらの要素が完全に後付けの空想や妄想の所産であると解釈すると君の名は。のストーリーはどうなるのか。

現実的な部分だけを抜き出せば、君の名は。のストーリーは宮水三葉は初対面の相手である立花瀧と出会って即一目惚れして付き合ってセックする超絶ヤリマン糞ビッチということになる。

つまり君の名は。をアニメからこの現実世界に置き換えれば「出会って〇秒で合体」シリーズのAVそのものなのだ。

美しい映像と耳障りの良いストーリーで構成された君の名は。という作品は、初対面のイケメンと出会って即セックスする超絶ヤリマン糞ビッチの女の子にとって、感情的な面で「出会って即セックスしたあの人とも本当は何年も前から夢の中で出会っている仲なのかも」という都合の良い自己正当化をし自分のビッチを否定するための最高の材料だということだ。

なぜ君の名は。という出会い系乳揉み感動ポルノ映画が今の若者から大きな人気を得たのか、その理由は今の日本では草食系の男子が増えている中で、若い女の子達の中には性的な欲求不満から出会って即イケメンとセックスしたい出会いを求める超絶ヤリマン糞ビッチが増えているからというのがその答えだ。

だから君の名は。好きでヤリマンビッチの要素がある小片さんや山木さんよりも、君の名は。には興味の無いさゆの方に安心感を感じたという俺の深層心理も、「さゆが出会って一目ぼれして即セックスするヤリマンビッチでなくて良かった」ということなんだろう。

とは言っても、さゆは脳内で一度も出会ったことのないヲタにレイプされて犯される妄想をしてクチュリまくっている超絶変態淫乱ドM雌豚なので、出会ったイケメンと即セックスしたい小片さんや山木さんよりもずっと淫乱だった。

そんな淫乱でヤリマンなさゆや山木さんや小片さんをレイプする妄想で抜くと最高に気持ちがいい。

ハロメンをレイプして犯しまくる妄想オナニーで得られる精神的満足感と幸福感については以下の記事で詳しく書いている。

参考:何故ハロメンでオナニーした後は虚しさを感じず幸福感と達成感に満たされるのか

ホームレスや浮浪者の様な存在であり続けたいという憧れと願望

ホームレスや浮浪者の様な存在であり続けたいという憧れと願望がある。常に地面と同じ高さら物事を見る虫の様な存在でありたい。

トランプゲームの大富豪で例えるなら「スペードの3」の様な存在であること。それが自分のポリシーだ。

実際にホームレスや浮浪者になるのは色々と生活が大変なんで絶対に嫌な訳だが、精神的な意味でのホームレスや浮浪者への憧れの気持ちが強い。精神的には常にホームレスや浮浪者のようでありたい。

この感覚は、キモヲタに犯される妄想でクチュっているハロメンが、実際に現実にキモヲタに犯されるのは嫌でも、精神的にキモヲタに犯されることへの憧れが強い気持ちと似ているかもしれない。

そして薄汚いホームレスや浮浪者になってハロメンをレイプする妄想は最高に抜ける。特にお嬢様の山木梨沙さんや美人の小片リサさんをホームレスになってレイプして、不潔な精液を極上オマンコに注ぎ込んで孕ませる妄想でいつもシコりまくっている。

そしてこのブログも基本的に好き勝手書いているだけだが、「ホームレスや浮浪者の様な臭いがする文章」というのは意識している。

そしてブログのデザインについてもホームレスや浮浪者のイメージに似つかわしい様に出来るだけ「みすぼらしいままで」というの意識している。SEO等で少々不利であっても完全にデフォルトのテーマから全く変えていない理由も、そのホームレスや浮浪者らしいみすぼらしさ感の追求のためで、完全なる自己満足ブログとして運営している。

台風の目の気圧が低ければ低いほど、その目の周囲を回る台風の渦は強烈な威力を発揮するが、ホームレスや浮浪者の様に空っぽの存在であり続け、脳内でさゆやハロメンの膣内に渦を巻き起こしたい。

狼掲示板を引退したもう一つの理由「素の自分で勝負する」ということ

2017年9月2日に狼掲示板を引退して、2chブラウザを削除してからもう10日ほど狼掲示板に書き込んでいない。名無しで潜伏して書き込みをするとかじゃなく、閲覧すら全くしていない状態で、狼掲示板に限らず2ch自体を全く見ていない。

狼掲示板から完全に離れてしまったせいで情報のチェックが遅れて、元カントリーガールズの稲場愛香ちゃんの復帰を知るのが少し遅れたり、こぶしファクトリーの小川麗奈ちゃんの卒業を知るのが遅れたりしてしまったが、一応メンバーのブログやまとめサイトなどはたまにチェックしているので、ハロプロの情報からは完全に離れてしまったわけではない。

狼掲示板から引退した直接の理由は

【報告】糞固定「3 ◆FWr5F.Z97A」は狼掲示板を引退した

の記事で説明している様に、数年内に年収1,000万に到達する目標(現在は年収400万円代)を実現する作業の為に、平日の昼間から狼掲示板で時間を潰している余裕がなくなったというのが第一の理由だが、もう一つの理由として、「いつまでも狼掲示板というメディアに依存せずに素の自分で勝負しなければ」という思いをずっと抱えていたのも確かだ。

いつも空気を読まず固定ハンドルで変態的な気持ち悪い書き込みをしていると、嫌われて「死ね」等とレスを付けられて叩かれる、それでも構わずに堂々と固定ハンドルで変態的な書き込みを続けていると、

「あんなに嫌われて叩かれているのに平気で書き込み続けるなんて、本当は凄い人かもしれない…」
「いつも堂々と気持ち悪い変態的な書き込みを続けていて、逆にカッコいいかもしれない…」
「また気持ち悪い聞き込みしてみんなに叩かれてる、それでも書き込み続けてる所に濡れちゃう…」

という様に、本人はただ普通に好き勝手書き込みしているだけのつもりでも、逆にいつしか一部で、実際のリアルの自分以上に自分の存在が過大に評価されてしまう場合があり得る。

生物学的には「ハンディキャップ理論」と言われる傾向の一種なのだが、通常で考えれば不利な状況に自分を追い込んでいる(狼掲示板で気持ち悪い書き込みばかりして嫌われて叩かれまくっている)ことで、逆にその様な状況でも平気でいることを、特別に優れた存在であるかの様に思われてしまう場合があるのだ。

ハンディキャップ理論 – Wikipedia

ハンディキャップ理論(ハンディキャップりろん、Handicap theory)とは、1975年にイスラエル人の生物学者アモツ・ザハヴィ(Amotz Zahavi)によって提案された動物の一見非適応的な(個体の生存の可能性が減少するような)形態や行動の進化を説明する理論である。また生物が発する信号に関する理論(シグナル理論)の重要な概念でもある。

今までの様に、狼掲示板という既存のメディアに書き込み続けてそこに寄生することで、実際の等身大の自分以上で過大評価されるのではなく、ブログという完全に自分だけのメディアで等身大の「素の自分で勝負する」という自立の道を選ぶべきなのではないか、それが変態としての真っ当な正しい生き方ではないか、というのが今年(2017年)に入ってからずっと考え続けていた思いだった。

そういう考えもあり、名無し時代から10年以上ほぼ毎日の様にずっと閲覧して書き込みを続けていた狼掲示板から引退するのに、ちょうどいい機会じゃないかということで、狼掲示板と2chを閲覧すらしないということを決めた。

ただし、2chブラウザも削除し2ch本体は絶対に見ないというルールだが、ハロプロ関連のまとめサイトなどは閲覧しているので、若干の時間差はありながらもハロプロ関連の情報はチェックは出来ている。

狼掲示板を閲覧せず書き込みなどもせず、まとめサイトからハロメンやハロプロの情報を得る毎日で、逆にライトヲタに戻った様な感覚で新鮮にハロプロを楽しめる部分もある。

これからはライトヲタや新規ヲタの様な新鮮な気持ちで、ハロメンを勃起と射精の対象のズリネタにしてシコりまくっていきたいと思います。

【報告】糞固定「3 ◆FWr5F.Z97A」は狼掲示板を引退した

※2018年4月24日に記事追記

追記で記事が長くなってきたので目次を設置

狼掲示板の引退について

俺は昨日(2017年9月2日)から2chブラウザを削除して、狼掲示板に書き込んでいない。名無しで潜伏して書き込みをするとかじゃなく、閲覧すら全くしていない。狼掲示板に限らず2ch自体を全く見ていない。(※10月22日から引退撤回し普通に狼に書き込んでいたが、2018年はまた狼からほぼ完全に離れている。)

本当にどうでもいいことなんだが、普段から変態レスや非常に気持ち悪い書き込みを連投するなどの行為で「死ね」とレスを付けられるなど嫌われているので、「現在は名無しで潜伏して書き込みをして荒らしている」とかの余計な疑いを持たれない様に、一応狼からは完全に引退しているということを報告しておく。

気持ち悪い書き込みをして「死ね」「キモい」等とレスをされると「やった!気持ち悪い書き込みが成功した!」とガッツポーズしたくなるほど嬉しいので、基本的に反応は得られないブログではその快感を得られないのが非常に寂しいが、ハロプロへの関わり方としてはこのブログで孤独にシコシコとハロメンでオナニーをして記事を更新していく。

もしも、糞固定の「3 ◆FWr5F.Z97A」としか思えない様なとても気持ち悪い書き込みをする名無しがいても、それは潜伏した糞固定の「3 ◆FWr5F.Z97A」ではなく別の誰かだ。

狼掲示板から引退する理由はアフィカスブログ

狼掲示板から引退する理由はアフィカスブログ。

狼のまとめアフィブログが嫌になったとかではなく、自分自身がアフィカスブログの運営に専念するため。

狼から引退する理由だが、現在の2倍以上の年収の1,000万円を稼ぐために、さらに収益を得る為の大量のサイト作成や、1日3記事ペースでの圧倒的な分量のブログ更新の作業をする時間が欲しいということで、その為には狼に費やしている時間を減らすしかないという結論に至った。(※だが、1日3記事更新するペースが掴めて余裕が出てきたので2017年の11月と12月は普通に狼に書き込んでいた)

物欲もなく出勤もほとんどしないので車も要らず、あまり金の要らない生活をしているので、特に金が必要とかではなく、現時点の年収450万円程度の薄給の収入でも十分暮らせているのだが、長い人生で一度くらいは本気で金稼ぎしてみるのもいいかなと、ゲームをする様な感覚が近いかもしれない。

ただ、「さらに収益を得る為に1日3記事ペースでブログ更新をしたい」という風に書いたが、残念ながらそれはこのハロプロオナペットブログのことではない。

このブログのアクセス数は開設4ヶ月目で1万PV(ページ閲覧)に到達したが、表現の自由を奪われることなく「レイプ」「マンコ」「性拷問」「セックス」などの言葉を連投して好き勝手に記事を更新したいということで、規制の厳しいGoogleアドセンスの広告なども設置せず、広告は「DMM広告しか使わない」という特に根拠もないマイルールの縛りに従っていて、PVあたりの収益は0.1円以下、収益は月1,000円以下となっている。

このハロメンをズリネタにシコりまくるハロプロオナペットブログの更新は、実質的に完全な自己満足のオナニー行為、金銭的な見返りもない一種の射精奉仕活動で、ほぼハロメンを犯すオナニーの快感という精神的な見返りを得る為だけのものだ。

他の金になるサイトやブログを更新しつつ、このブログは今までの様な3日や4日に1記事程度のペースで息抜きに更新を続けていく予定だったが、最近は滞り気味。

Twitterのアカウントもほぼ告知しかしていないので、「3 ◆FWr5F.Z97A」のハロメンを純粋に性的対象として見て勃起する気持ち悪い変態文章が読めるのはこのブログだけとなった。

ただ、年収1,000万の目処が立つまで狼も2chも卒業したと言いつつも、ハロメンをズリネタとするためのネタ元の情報源は欲しいということで、中毒性があり下らない論争などでダラダラと時間を浪費してしまう2ch狼掲示板のかわりに、他のハロプロまとめサイトなどをチェックしている。

今の時代で普通のサラリーマンだと年収1,000万円を稼ぎ続けるのは上位数%のエリート会社員だけで血反吐を吐くほど大変なのだが(というか自分には200%絶対無理)、アフィリエイトでの年収1,000万円は弱小の部類に入り誰でも比較的容易に可能だ。とは言ってもアフィリエイトでも膨大な作業は必要になるのだが、会社員として年収1,000万円稼ぐことのハードルの高さとは比べ物にならない。

今まではずっと、ドラクエでスライムだけをひたすら倒し続けてレベル99まで上げる様なページ量産方法の所謂「コンテンツファーム」で(ペラペラページのなので1日100ページとか当たり前に量産した)、1サイト月10万~15万円程度をチマチマと稼ぎ、そんなサイトを2~3個持つことで十分暮らして行ける程度の収益を得ていたが、年収5,000万のトップアフィリエイター「クロネコ屋」さんの方法を参考に、月100万など大きく稼ぐには別の方法でのアプローチが必要という結論に至り、ブログ式のアフィリエイトサイトへ参入することにした。

クロネコ屋の月100万稼ぐアフィリエイト講座
http://moonpower2020.net/

金になるサイトはずっと3,000ページ以上のページ量産方式でしか作ったことがないため、まだまだ手探り状態で成功の確信は全くないが、やらないことには何も始まらないんで、とにかくひたすらに大量の長文記事を連投中。

毎月100万とかを達成するのは失敗したとしても、このペースで1年間続けて行けば最低でも毎月10万円程度の収入にはなって年収も600万円くらいに到達するんで、集中して挑戦する価値はあるなと。

ちなみに俺が今ほぼ毎日更新してるブログがこれ
http://white-reisai.com/

想定しているアフィリエイトジャンルは「転職」と「投資」。3,000文字~10,000文字のオリジナル長文記事を1日3記事のペースでほぼ毎日投下している。

当然、もう一方のブログでは「勃起」と「射精」とか「おっぱいレイプ」とかいう言葉は一切使っていない。ただ、下のさゆをネタに使った記事はアップした。

経済成長期:モノ消費→現在:コト消費→次の消費文化:1億総アイドル時代

もう一方の転職サイトが軌道に乗り月数10万円のまとまった収益が上がり始めるまで(2018年3月頃の見込み)、こちらのハロメンズリネタ変態エロブログはしばらくは更新が休みがちになると思う。

女の子はおっぱいレイプ妄想が大好きだけど転職と投資が大嫌い

面白いのが転職サイトはこのサイトとは真逆で、女性は全然じっくりサイトを読まないこと。

このサイトでは、ハロメンに対するおっぱいレイプ妄想記事を中心に、女ヲタの方が男よりも時間を掛けてじっくり内容を読み込んでいる一方で、転職サイトだと女性は男の半分くらいの時間ですぐにサイトから立ち去ってしまう。

下がこのハロメンオナペットブログの男女別のアクセス状況のデータ。

男の平均セッション時間(サイト閲覧時間)は2分27秒、一方で女の平均セッション時間は男の約1.5倍の3分34秒。エロ関連なので女性の訪問者自体は少ないが、一旦このサイトにたどり着いて閲覧した女の人は男よりもずっと熱心にサイトの内容を読んでいる。

下が最近1週間くらいの転職サイトの男女別のアクセス状況のデータ。

男の平均セッション時間は4分52秒と高水準だが、一方で女の平均セッション時間は半分以下の2分13秒。女性の直帰率は80%を超え、検索から辿り着いてもサイトを開いた瞬間に立ち去ってしまう女性が多く、「生理的に気持ち悪がられてるんじゃないか」というレベルで女に避けられまくっている。

女の人の中にはおっぱいレイプが異常に大好きな女の人がいる一方で、女の人は転職や投資にはあまり興味がないらしい。それどころか女の人は転職や投資のことを変態オナニーブログよりもキモいとすら思ってるらしい。

これで分かったのが、女の人の前で株や投資などのお金稼ぎの話をするのはNGなので、絶対にやめた方がいいということ。話している本人は得意気でも、女の人には内心では物凄く気持ち悪いと思われている。

女の人には株や投資などのお金稼ぎの話をするよりも、おっぱいやオナニーの話をした方がずっと効果的。世の中にはおっぱいレイプ妄想が異常に大好きな女性が存在する様なので、積極的におっぱいやオナニーの話題を振ることで、その様な女性のハートをガッチリと掴むことが出来る。

2017年10月25日時点での追記

2017年9月1日にブログを立ち上げたばかりでまだほとんど広告は貼れてないものの、現時点では収益は発生していないが、10月25日時点ですでに150記事以上の長文記事を投稿した。来年中には記事数が1,000記事に達し、高単価のジャンルのためそれなりの収益が発生してくる見込み。

もう一方のブログのアクセス数の推移は下の様な感じ。

記事を沢山書いてるだけあってアクセスの上がり方が速い。2ヶ月目で1日のサイト訪問数が250人を突破。すでにこのブログの2倍くらいのアクセスに。

2017年11月6日時点での追記

現時点では未確定ながら、アフィリエイトでの収益もこのオナニーブログの総額を1日で超えてしまった。まだブログを開始したばかりの3ヶ月目で報酬は月間5万円を超えるペース。やはり高単価案件の収益性は桁が違う。

このままのペースで更新を続ければ、ドメインの評価が上がり、おそらく記事数が500記事を超える半年後には月20万円、記事数が1,000記事を超える1年後には最低でも月50万円は行くことは確実。数年後には本当に月収100万に到達するなと。

――――――――――――
※2018年1月7日追記
上の計算は発生ベースで確定率を計算に入れていなかった。技術者向けの高単価案件は求人条件が厳しく確定率が3割程度なので実際の収益はこれに0.3を掛けた程度の見込み。ただそれでも既存の月収30万強と合せると、今年中に月収50万円前後に届きそうな感じなのは今後に可能性を感じる。
――――――――――――

しかし、サイトの見た目があまりにショボ過ぎるために、Amazonアソシエイトもアドセンスも一般の転職サイトの広告もほとんどが広告掲載の承認が下りないという致命的な問題が発生。

仕方ないので唯一大手転職エージェントで承認が下りたリクルートスタッフィングの派遣登録の広告を何ページかに無理矢理貼ったものの今の所成果なし。

とりあえず、広告掲載を申請してすぐに承認をくれた転職情報サイト「キャリコネ」の広告をほぼ全ページに貼ってお茶を濁している。

ジャンルを絞ったIT専門の転職広告で成果が出てるみたいなんで、大手の広告の承認が下りるまで当面はIT関連の転職に特化したサイトにすることを検討中。

IT関連の転職と一口で言っても詳しく調べてみると想像以上に幅広く奥が深い。業務系案件のエンジニアとアプリ開発のプログラマは仕事の質が違うし、WEBデザイナーとSIerのSEでも全く違う。さらに同じSEでも金融系SEから総合家電メーカーSEまであり幅が広い。

ITという限られた分野でも、それぞれのターゲットに向けた特化した内容を書くことで大量の記事が書けそうだ。ジャンルを特化することで参考にしてるクロネコ屋さんのブログとキーワードが食い合わないのも好都合。

ただ、やはり最低限、転職サイトとしての基本装備として単価と成約率が高いDODA(ドーダじゃなくデューダと読む)の承認は欲しい。DODAには10月に申請しているのに未だに審査中なのが悩ましい。パソナの広告掲載承認は下りたが、DODAに比べてマニアックな広告主なので成約率が低そうという理由でサイトには貼っていない。

2018年1月6日時点での追記

途中少しダレて1日3記事ペースからは若干更新ペースが落ちたもののブログ開始から4か月で記事は約300記事に到達。

昨日(2018年1月5日)1日で1万円以上の高単価案件が複数成約して日給3万円以上に。こんな感じで日給3万円以上が毎日続けば確かにアフィリエイト収入だけで月収100万・年収1,000万になるのか。ただ冷やかしの可能性が大きいので承認される(契約が完全に確定する)かどうか微妙過ぎる。

自分としてはまだ作りかけの状態のページ群(複数のページを繋げて分かりやすくまとめる計画)で現段階での発生は予想していなかったので不可解で腑に落ちない。誰かがこのブログを読んで哀れんで登録してくれたのかもしれない。

――――――――――――
※2018年1月20日追記
1月4日のページ群が作りかけの状態での不可解な発生はやっぱりイタズラか冷やかしだったのか3件の発生のうち2件(2万5,000円分)はキャンセルされた。
――――――――――――

アフィリエイトサイトを4か月くらい運営してみて、とにかく発生から入金まで時間が掛かる。2017年11月に発生した広告がようやく今月(2018年1月)になって承認されて確定した(初確定)。

入金は確定月の翌々月の15日なので、発生から確定・承認を経て入金するまで4ヶ月くらいは掛かる見込み。

そしてアップした記事がGoogleに評価され検索結果に表示されて人が訪問し始めるのも3ヶ月程度の時間が掛かる。

つまりアフィリエイトで収入を得る為には、最低でも約7ヶ月間、半年以上の準備期間は必要ということ。スパンが長過ぎて完全に無収入の人は完全に干上がってしまう。

それでも一度コンテンツを作ればほぼ不労収入になるので、継続して積み重ねて行くことで長期的には一般のサラリーマンとは桁違いの収入も達成できる可能性がある。

しかし、個人的に最大の問題は未だに大手広告主で転職エージェントのDODAの広告提携が承認されないこと。10月から申請しているのに3ヶ月近く経っても音沙汰なし。俺の運営する様な月間PV数万の弱小サイトは最初から完全無視で相手にされないのか。

DODAは成約単価が約5,000円とそこそこ高い上に、幅広いキーワードで集客した記事で使えて承認率も高いので何とか提携したい。基本的にDODAでコンバージョンさせることを想定して転職記事を書いて来たのでDODAが承認されないことは想定外。

ようやく先月になって転職エージェント最大手のリクルートエージェントへの提携申請が通ったので、取りあえずDODAを貼る予定だった記事にはリクルートエージェントを貼っている。しかしリクルートエージェントの成約単価は2,000円とDODAとは雲泥の差で収益も伸び悩み気味。2018年3月までに月間収益10万円行くか行かないかのペース。

そこで最近は焦ってIT転職関連にも力を入れ始めたが、やればやるほどサイトや記事の至らない部分やユーザー視点で不足した情報が見つかり、ブラッシュアップと情報追加の作業が尽きない。

しかも長文記事を300本も投下しているのに、何度申請しても「コンテンツ不足」でGoogleアドセンスが承認されないという謎のハードルの高さ。見た目がショボ過ぎるのがいけないのか。

現時点ではPV的にはまだ月間2~3万PV程度の弱小サイトなんで、どうせアドセンスを貼ったところで収益はたかが知れてる(PV数×0.2でおそらく月4,000円程度)しまあいいかと自分を納得させている。

また、収入の伸び悩みを打開するために出会い系アフィリエイトへの参入も検討中。

2018年1月24日時点での追記

1月後半からアクセスが伸び悩み気味に。現在のままだと月間2万~3万PV・月収10万円というペース。

記事の増量で2018年内には月収20万円程度に行きそうだが、目標だった単一サイトでの月100万円には遠い。

やはり伸び悩みをカバーするため他ジャンルのブログ構築も必至と判断。

2017年8月頃に月800万円を達成したクロネコさんのサイトを見た時は、

「20歳の時に転職をして年収100万円アップを実現したジローと申します。」
「24歳で無職から正社員に就職したケンです。」

とか割と糞記事を書いていたので、「こんな嘘バレバレのなりきり記事で月800万稼げるのか。これだったら俺でも絶対に月100万は行ける」と甘く見て、その翌月の9月に転職アフィリエイトに参戦したが甘かった。

「社畜祭り」の様にガチの体験記の豊富なサイトにはどうやっても質の面で勝てないと感じていたが、クロネコさんのあからさまな嘘記事になら十分に勝負になるというのが当時の俺の目論見。

今日は社畜祭りだぞ!
https://shachiku-festival.com/

だが、アフィリエイトは甘くない。

ここ最近のクロネコさんの記事は投稿数こそ少ないものの凄まじく質が高い。

内容や情報の説得力、そして成約に向かわせる筋の通った無駄のないコピーライティング。余りにもレベルが高過ぎる。

年収1億円アフィリエイターの本気を見た。「社畜祭り」のようなガチの体験記事ではないため俺でも勝負出来る可能性はあるもののハードルは決して低くはない。

最近クロネコさんの記事の水準を基準にすると、スタートダッシュ3ヶ月で勢いを付けのために1日3記事ペースでひたすら記事量産した俺のブログは、低レベルなゴミ記事が多過ぎる。

記事数が330記事に達したタイミングで、ゴミ記事の削除・統合・リライトで300記事まで総記事数をダイエットする必要を感じる。

今後は少し更新ペースを落として質重視で新記事を追加しつつも、過去記事の取捨選択とダイエットは続け、しばらく総記事数は300記事を保つ。

まずはこうやってサイト全体の記事のクオリティを底上げしないと、最近のGoogleのアルゴリズムではアクセスが伸び悩む。

スタートダッシュでは糞記事・駄記事でも記事を投稿して積み上げて行く必要があるものの、ある程度サイトが育つと、逆にマイナスの影響のある糞記事・駄記事よりは何も記事を投稿しない方がまだマシ。

ずっとページ量産のコンテンツファームでサイト運営して収入を得て来ているので、どうしてもついついページ量産の癖が出てしまう。

ここら辺の運営の肌感覚はhtmlのコンテンツ量産型サイトと長文ブログは少し違う。

ようやく今になってブログ集客の感覚が少し掴めて来た。

ただ、最初はクズ記事でもとにかく記事を量産しまくって後から、駄記事を削除・統合してダイエットするというのが、アフィリエイト初心者には一番の近道かもしれない。

2018年1月30日時点での追記

今日更新されたクロネコ屋さんの記事の完成度が神がかってる。

仮想通貨で大損!1000万をコインチェックに預けて出金停止で死んだ男の話 – クロネコ屋の月100万稼ぐアフィリエイト講座
http://moonpower2020.net/2018/01/30/post-1003/

年収1億円アフィリエイターの筆力はやはり伊達じゃない。

内容はおそらく完全に作り話だが、話題とアクセスを集めるためにアフィリエイトのトッププロの筆力を注ぎ込んで読み応えのある作り話をぶっこんできた。

「20歳の時に転職をして年収100万円アップを実現したジローと申します。」
「24歳で無職から正社員に就職したケンです。」

とかの記事はこれなら俺でもやれる甘く見てたが、このクオリティだと素人にはなかなか簡単には真似は出来ない。

やはりガチの小説家だけあってこの手の創作文のクオリティは群を抜いてる。

作り話の記事でアクセスを集めるには、作り話であってもこのくらいのクオリティとリアリティは必要だということで、クロネコ屋さんの上の記事は今後のブログ運営の目標にして行きたいと思う。

2018年2月24日時点での追記

今月はクロネコ屋さんの顔に思い切り泥を塗る結果に。

ブログ運営がドツボにハマった。先月よりもアクセス数やPVが増えてもアフィリエイト報酬が全く発生しない。下のスクショの様に2月24日時点で今月は発生金額でたった1万円ちょっと。もう1週間以上も発生すらない。超絶的なスランプ。

先月は10万円の報酬が発生してそのうち55,000円の収益が確定した。

広告主からの報酬承認日の時間差によって、55,000円のうち23,000円が先月(2018年1月)に確定、32,000円が今月(2018年2月)に確定。

直近3ヶ月間での確定金額が5万円に達したことで、とりあえず来月にはA8シルバー会員にランクアップできるが、発生金額が先月のたった10分の1程度の1万円ちょっとの状態は余りにも絶望的。

現在の発生金額1万円ペースだと過去の割合から確定報酬は毎月5,000円程度。シルバー会員の維持どころかパール会員(確定報酬が3ヶ月で2万円未満)に陥落する。

様々な状況から、おそらくこの記事を読んでいるクロネコ屋さんなり他の誰かが応援の意味で広告からサービスに申し込んでくれていたとしか思えず、自分自身の実力での成果ではなかった。

アクセス数を増やすだけでなく、成約に結びつけるフィニッシュ力のクオリティを上げないとどうしようもない。

とりあえずリライトと共に商材の売り言葉の補足説明など成約を補助出来る記事を増設中。

今までコンテンツファームでの商用サイトでは月10万円以上の成果は出してきたものの、直接的に成約に結びつくキーワードを細かく掻き集めるコンテンツファームと、ぼんやりとしたキーワードから人を集めて成約させる長文ブログとは成約までの距離とではライティングの難易度が全く違う。

とにかく成約までの導線を全て見直し中。

これで来月も駄目なら自分には長文ブログアフィリエイトは向いてないので、ちまちまと稼ぐコンテンツファームでの収益サイト作りに専念することにする。

2018年2月28日時点での追記

ゴミの過去記事をリライトしてスカスカだった導線を色々と見直した効果が出始めたのか、今日の2,000円の発生も含め、24日からの4日間で高額案件など何件か発生し何とか月間収益3万円に。

月間たった1万円という余りにも悲惨な状況に、誰かが哀れんで申し込んでくれたのかもしれない。

ただ、この3万円の発生収益のうち一体何割が確定することか…

月間100万円の目標までの道は余りにも遠い。

ただ、導線見直し以降のこの4日くらいのペースが1ヶ月続けば、月間発生15万円程度には行く計算に。

運営開始半年でようやく微かに目標達成の可能性が見えてきたか。

しかし、未だに万能高単価広告であるDODAの広告承認が下りないという絶望。

DODAの基本装備抜きで転職関連でやるのはキツい。

Twitterでクロネコ屋さんから俺に私信。

余りにも成果を出せずにいるのを見かねてライターとして囲ってあげたい的な。

月間PV3万・月収3万のウンコライターを囲ったところで、サイトがウンコ記事まみれになってサイトの質が落ちる結果しか見えない。

今までコンテンツファーム方式の収益サイトしか運営してこなかったので、まともなブログ運営自体がこのブログで初めて。

アフィリエイトブログは今作ってる転職サイトが初めて。

コンテンツファームでのページ量産方式の収益サイトでは多少の結果は残してきたんで「ブログでもやれるだろ」という甘い考えだったが、想像以上に余りにも長文ブログはサイト運営と違った。

ページ量産よりも遥かにページの質が重要、成約まで遠いキーワードのユーザーを成約まで向かわせるライティング。

ここら辺は今までのやり方では全く経験してこなかった部分。

まだ右も左も分からない状態で(ようやく前後くらいはなんとなく分からない始めた段階)、ブログライターとしてはとにかく身に付けなければならない部分が多過ぎる。

現時点じゃおそらくライターとしても全く話にならないんで、ほぼ毎日安定的に発生を生み出して確定でブログ月収15万円超えたくらいで、何とかライターとしてもそこそこやれるんじゃないかと予想。

3日に1回程度のペースでポツリポツリと生まれる今の発生は単なるまぐれ当たりっぽいので、ライターとしての自分のスタイルが定められない。

1サイトで月10万円程度とはいえ安定的に収益を生み出せていたコンテンツファームとは違って、まだこれでやれるという手応えが全く感じられていない現状。

何か月間も余りにも結果の出ない中、手探り状態での試行錯誤が、ユーザーへのアプローチの色々な実験的な試みだが、それは自分のスタイルとして持っていた物じゃない。

まだ試しに色々やってみているというレベル。

今のアプローチを昇華してライティングのスタイルとして確立できれば、文字単価2円程度のライターになれそうだが…

まだその域には達してない。

アクセス解析ではこのページの現在の閲覧数は一日数回程度で、おそらくほぼクロネコ屋さんしか見てないので私信返し。

2018年3月5日時点での追記

2018年1月6日の追記で書いていた出会い系ジャンルへの参入を決行。

寂しい独身者の出会いナビ
http://lonely-solo-life.com

アフィリエイトは出会いマッチングサイト「PCMAX」。

まだ何も記事を書いていないが、しばらくはこっちのサイトに1日3記事ペースで記事を投入し続けていく予定。

出会い系への参入の理由は

  • 収益の伸び悩み
  • 転職ジャンルの記事を書くのに飽きた
  • 転職ジャンルの競合が強過ぎてやる気がなくなった
  • 転職ジャンルのリサーチに疲れた

という理由。

とは言え先月(2018年2月)に行ったリライトや内部リンクの施策が功を奏したのか、今月の転職サイトは頭から2日に1件くらいのペースで発生が出る様になってきているので、敢えて色々と弄繰り回さず1ヶ月間ほど様子を見て、現状での収益力と課題を見極めたい。

発生の平均単価は5,000円程なので月間15件前後の発生として月収8万円(報酬発生ベース)くらい。微妙過ぎる。

ただ、中途半端な状況で他に主軸が移るのは非常に残念な根性無しだが、ここで出会い系ジャンルも進めておくことで収益のリスクヘッジが出来るプラス面も。

昨年末の健康アップデートでの他のアフィリエイターの状況を目の当たりにして、たとえ月収100万以上の収益が出ていたとしても、単一ジャンル・単一サイトへの依存は心理的に余りにも怖い。

本業の月収30万に加えて、今年中に転職サイトで月10万、出会い系サイトで月10万くらいの副業収入が達成出来れば手堅い。

とりあえずこの3月~5月は主軸を出会い系ジャンルに置きつつ、転職サイトはその合間の作業で進めて行く。

俺にとってはアフィリエイトは思いやり。

競合ジャンルからわざわざ弱小アクセスの俺のブログをわざわざ見に来てくれた時点で、読者に対する思い入れが生まれる。

ページ下方の広告リンクまで完読してくれたユーザーはなおさら。

そして「絶対に損はさせたくないから」という動機で、色々と注意点や余計な情報を追記したり補足した記事の方が発生率が高い。

発生があるのは気持ちが乗って友人か恋人だと親身にアドバイスを書いた記事。

親身で書いた転職記事は、下みたいに就職を勧めるどころか逆に「無理して就職しなくていい」的な記事から月数件ペースで発生してる。単価1,500円前後しかないんで報酬はしょっぱいが。

無職で泣きそうなくらいに将来が不安で仕方ない方へ。無職でも平気で生きていけるので心配無用です
http://white-reisai.com/?p=4785

他人事でセールスした記事の成果は本当に駄目。転職ジャンルは競合が激しいんで発生どころかアクセスすらほぼ0。書くだけ無駄。

特に仮想通貨関連とFX関連の投資アフィは発生すら0。

ただ、先月終盤から単価7,000円のソーシャルレンディング「クラウドクレジット」のアフィリエイトが複数発生し始めてる。

半分くらい某投資系狼固定アーシュへのメッセージのつもりで書いた記事。

セールスライティングの技術の問題と言えばそれまでだが、俺は100%に自分の気持ちの乗らない記事では駄目なタイプらしい。

まあ、某イケダハヤトみたいに無責任にセールス出来るのは羨ましい才能だが、半年間の試行錯誤で自分にはその道は向いてないことを痛感した。

やっぱり人間には向き不向きはある。

2018年3月18日時点での追記

ようやく2日に1件くらいのペースで発生する様になってきたものの最低限の目標の毎日1件にはまだ及ばない。

過去記事を見直すと思いやりなく適当に誘導して広告を貼っているだけの他人事のクロージングが多く、そのままでは発生はしないのでリライト中。

追記や書き直しで記事全体の質も底上げ中。

出会い系サイトも進めようと思ったが、転職サイトから軸を移すにしてもまずは最低限度の1日1件の発生を超えてからと考え直した。

激戦ジャンルで厳しいとは言え、敢えてそれでも1日1件発生出来る実力がないと出会い系ジャンルでも大きくは稼げない。

まずは厳しい競争にさらされても自分のフォームとスタイルを固めたい。

おぼろげながらようやく何となく自分のスタイルらしきものが見えてきた。

ただ、まだまだまだまだ。

ポツポツと発生があってもまだ何か偶発的で釈然としないというか、自分の意図通りのプロセスで成約を生み出せてない。

ここでスタイルが掴めれば初心者から中級者にステップアップ出来るはず。

ブログアフィリエイトの感覚を掴みたい。

ちなみにここ数日ブログ収益化の記事ばかり書いてる理由は、どんな転職エージェントを紹介しても40代の高齢ニートや高齢引きこもりに対するフォローが欠落していたんで、それを補うためにブログという方法を提案出来ないかという考え。

サイト内検索でよく「40代ニート就職」とかで検索されて「これはどうやっても助けようない」と頭を抱えていたが、自分自身のブログから多少の収益が出る様になったことで一応の回答は出来た。

どうしてもアルバイトすらも受からない状態なら、何とかブログ収益で生活保護を受けずに最低限の収入を得て自活出来るようにならないかという発想。

ニートや引きこもりなら俺と同じで作業する時間はいくらでもあるし。

転職情報サイトとして、アルバイトすら不可能な40代ニートの為の最後の手段の一つとしてのブログ収益化の情報をまとめ中。

2018年4月12日時点での追記

4月12日時点で月間の発生数は9件。今月になって何とか3日に2件くらいで発生するペースに。

ただ、日によってのムラが非常に大きく全くしっくりと来ない。

2月後半から重点的に行っているリライトの効果でアクセスが上がり、ようやく少しずつマシにはなってきたももの当面の目標としていた安定的に1日1件発生まではまだ遠い。

否認ラッシュで確定率も50%程度。

確定率が低いので収益も頭打ち。

来月には確実にシルバー会員からゴールド会員になれるが、プラチナ会員まではまだまだ遠い。

ライティング的にもまだまだ成約率が低く「これなら絶対に勝てる」というスタイルが完全には固め切れてない。

色々な面で完全に停滞して伸び悩み気味。

コンテンツファームの場合はどうせ文章は使い回しでオリジナルテキストのプラス効果は得られないので、出来るだけ短く簡潔な表現が好まれるのだが、ブログの場合は文章を引き延ばしても全ての記事でオリジナルテキストで最低3,000文字程度を書く必要がある。

ブログはオリジナルテキストで3,000文字ないとアクセスの伸びが得られない。

この文章の水増しが苦痛で自分には合わない。

長文式のブログの場合はコンテンツファームに比べてクリック率と成約率が1桁小さいのも徒労感が半端ない。

俺が作ったコンテンツファームだと広告クリック率は10%~20%程度なのに、ブログの広告クリック率はその10分の1程度しかない。

ブログ直帰率も記事数の増加と共に上昇して現在は80%以上。

コンテンツファームの場合は直帰率30%なので差があり過ぎる。

簡潔な文章のコンテンツファームと違いブログは長文にうんざりされてユーザーに離脱されるのか。

根本的な問題として俺にはブログの才能や適性がないんじゃないか。

やはり自分が勝負出来る土俵は、ページ量産してショボいアクセスを掻き集めるコンテンツファームしかないのかと思案中。

ブログアフィリエイトは完全に暗礁に乗り上げた。

ここで諦めると今までの苦行の様な膨大な労力が完全に無駄になる感があるが、まあ月10万程度でも副収入が入る様になっただけマシなのか。

2018年4月15日時点での追記

2018年1月24日時点での追記」で宣言していた通りに記事数が330記事に達した2月後半から新規記事の追加ペースを落として追記とリライトへの切り替えを実行したことで、アクセス数は2万~3万PVから倍増して月間5万PVペースになった。

下のアクセス解析画面の様に、直近の2018年4月8日から4月14日までの1週間で11,395PV。1日平均1,600PV以上で月間5万PVペース。

しかし、PVはそれなりに伸びてるにも関わらず収益や発生数は全然思ったほど伸びない。

何故だ?

ということでサーチコンソールで先週のサイトの検索アクセスの多いキーワードをチェックした。以下がクリック数ベスト10のキーワードリスト。

  1. キーワード不明
  2. しにたいたすけて
  3. ワールドカップ 優勝候補
  4. ワールドカップ 予想
  5. ワールドカップ優勝候補
  6. ホテル フロント 仕事 きつい
  7. ワールドカップ予想
  8. キーエンス 辞めたい
  9. ファナック 激務
  10. ワールドカップ 2018 予想

1位がキーワード不明なのはサーチコンソールの仕様として、2位の検索語句が「しにたいたすけて」で、しかも3位に倍以上の大差をつけてダントツ。

しかも3位・4位・5位・7位・10位と上位の大半がワールドカップ関連の語句。

転職テーマのブログで300記事以上ある記事の大半は転職関連記事なのに、たった1記事のワールドカップ記事にしかアクセスが集まっていない…

そして転職関連記事を中心に書いているのに「しにたいたすけて」のキーワードでダントツでアクセス集まるのは何故なのか…

転職ジャンルは競争が異常に激化し過ぎてアクセスを集めることが無理ゲーなのか…

「死にたい助けて」とか言ってくる人に一体何のアフィリエイト商材を提案すればいいのか…

たった1記事で100記事以上も書いたメインテーマの転職記事よりも多くのアクセスが集まる徒労感が半端ない。

俺の方が死にたいわ。

月間5万PVペースに達しても未だにアドセンス審査に通らないが、アドセンスでの収益化が出来ないことがネックになってきた。

アフィリエイトの素質や適性は全くなくともメンヘラに好かれる才能だけはあるようなので(そんなもの要らないが)、いっそのことメンタルケアに特化したブログでも始めてアドセンスでの収益化を狙った方がいいのか。

いずれにせよ目標の月収100万まで程遠く収益が伸び悩む既存の転職ブログに対しては全く明るい展望が見えない。

2018年4月22日時点での追記

クロネコ屋さんがツールで俺のサイト全体の順位をチェックしてくれていたのか、順位が落ちてるとツイッターの私信で警告のメッセージ。

遠いキーワードから成約に結びつけるライティング力がないのがキツい。

アクセスを集めても全く思う様に収益が伸びない。

ということで最近は商標で記事を追加していくことにした。

それが以下の3ページ。

http://white-reisai.com/?p=51112
http://white-reisai.com/?p=50845
http://white-reisai.com/?p=49525

ちょうどこれ以上少しでもページを増やすとサイト全体の評価が1ランク落ちる微妙なラインだったので(体感的になんとなく察していた)出来るだけ記事を追加したくなかったが、いずれにせよ検索集客抜きにしても成約の為の補足説明として必須の内容なので仕方ない。

俺のサイトの成約率が低い理由として、補足説明が足りない部分がかなり多い。

成約の為にはもっと商標系で補強の記事を作る必要がある。

しかし、案の定、記事追加した途端、サイト全体の評価・順位ダウン。

そこでクロネコ屋さんから警告の指摘。

とはいえ、クロネコ屋さんの指摘と警告はごもっともなのだが、実は検索数が少ないものの競合が弱く上位表示可能なマニアックな商標キーワードを狙っていて

http://white-reisai.com/?p=49525

のページからは下のコンバージョンリファラーの様に、ページ作成後6日と速攻で5,000円の成果が発生している。(クリックで画像拡大してリファラーのURLをチェックできる)

俺のブログの様にまだまだ収益力のショボい糞ブログには、この即効の実収益はデカい。

ワールドカップ関連で書いた記事なんて、2記事だけで月間合計1万PVペースなのに、累計でたった500円しか収益が発生してない。

ただ、目先の収益を狙ってこういう成約直前のキーワードでの商標ページばかりを作ると、サイト全体の評価とアクセス数が完全に伸び悩むのは難しい所。

これ以上伸ばして行くには、遠いワードから成約させる力がどうしても必須。

また、クロネコ屋さん紹介の看護師ママブロガーさんのブログを見て、遠いワードからの成約率はライティング力だけの問題でなく、サイト全体のブランド力・信用力じゃないかということで、改善の方法を検討中。

確かにユーザー目線で自サイトを見てみると、完全にデフォルトのSimplicityデザインで、アイキャッチ画像すらほとんど使わず、アフィカス丸出しの俺のサイトは、見るからにめちゃくちゃ胡散臭い。

確かにこのサイトからは申込みたくないという心理が働く。

見た瞬間、アフィカスゴミサイトと判断して直帰されるのも分かる。

その結果、直帰率85%で成約率もどうしようもない状態に。

そこでサイト自体の信頼性の為に、お問合せ&サイト運営のポリシーのページを追加した。

また、サイト全体で統一的な哲学・コンセプトをどう押し出すか検討中。

下のサイトを参考に哲学・コンセプトを強化しようと思っている。

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/

オカルト系ブログだが、仮想通貨を含め世の中のあらゆる問題や事象をオカルト知識的な視点で語るというコンセプトがサイト全体で統一されているのが素晴らしい。

そのコンセプトのお陰でジャンルがバラバラでありながら、サイトとして非常にブランド力や信用力がある。

どこか癒される人柄がブログ全体から溢れ出てるのも強い。

胡散臭いジャンルであるスピリチュアル系でありながら嫌悪感を感じさせない。

SEO的には記事タイトル等も適当だが、恐らくリピーター人気が非常に高く、そのサイト評価で検索集客もそこそこ強いはず。

俺の転職ブログはリピーターが少なく、新規率が85%なのも恐らくGoogleから評価され難い理由の一つ。

このハロメンズリネタブログは新規率が60%だということを考えると、ブログとしてはリピーターがやや少ない。

とりあえずは黄金の金玉さんが当面の俺の目標。

今まで全く運任せのまぐれ当たりの発生だったのが、発生もここ最近は1日1件発生ペース。

ようやく今になって狙い通りのワードで発生が出るようになってきたので、半年以上も経ってようやく多少は、記事単体でのブログライティングの地力が進歩して来てる感じはある。

あとは記事単体ではなく黄金の金玉さんの様にサイト全体のブランド化をどうするか。

ただ、ブログのブランド化とは言っても、基礎的なライティング力を上げる為に、現時点ではデザインで差別化する・イメージ画像を使うという方法は敢えてしたくない。

画像による視覚的な力は強いが、村上春樹の本は挿絵・イラストが無くとも世界中で売れている。

下の記事で紹介されているアフィリエイターの失敗例の報告によると、

  • コンテンツSEOに強いサイト設計とSEO対策で理想的なリンク構造【失敗例も公開】
    (敢えてリンクはしないので検索して閲覧)

以下の転職ブログは、かなり綺麗なデザインに見えて300記事程度あっても、俺の糞転職ブログよりもアクセス数が少ないらしい。

  • workhacker(ワークハッカー)
    (敢えてリンクはしないので検索して閲覧)

デザイン云々の前にやれることはあるはず。

こんな理想論を言っても、実際には他で運営してるコンテンツファームサイトでは、全ページにイメージ画像入れてて直帰率30%台なので、特に読書などしない様な層には、やはり画像は絶対的に有効なのだろう。

転職サイトも数記事程度は画像を入れて訴求してみようと思っている。

そんなこんなという状況だが、1円すら使わない俺のブログをチェックしながら無料でマンツーマン指導してくれるクロネコ屋さんは神。

とはいえ、このSEOが超絶激化した2017年以降のタイミングでブログを始めた初心者ブロガーが収益を増やして行くには、ということをレクチャーするには、俺のブログはちょうどいい教材になるのかもしれない。

2018年4月23日時点での追記

フレッドアップデート以降はインターネット上に溢れ返るコンテンツへの対応でコンテキストが異常に重視されてる感じがある。

コンテンツ(内容・情報そのもの)よりもコンテキスト(文脈・権威・誰が発信する情報か)が重視される。

ただ各ページの見出しを変えただけでページ内容を使い回すコンテンツファームでそれなりに収益が出来るのに、なぜ逆に全文オリジナルの5,000文字の長文ページをいくらアップしても駄目なのか。

ページ自体は内容スカスカの使い回しコンテンツファームでも一応オリジナルの独自サービスを提供してる。

ページ自体は独自コンテンツでオリジナル長文を書いても他のサイトでも紹介してるアフィリエイトに誘導してるだけ。

この文脈の違いをGoogleに見切られてる感じがある。

何故か今年やたら成約が好調のとあるコンテンツファームサイトでも、コンテンツファームからの誘導先で顔出し実名でのお客様の声を100件以上アップしてるのが評価されてるのか。

顧客と密接な小規模事業の独自サービスはこれが出来るのが強い。

俺自身も他人の褌で相撲を取るアフィリエイトの中に何か独自サービスの提供でも考えた方がいいのか…

本業で30万の月収・アフィリエイトで月30万稼いで・他に独自サービスで月30万とかが理想的かもしれない。

まずは当面はアフィリエイトで月10万から月30万へのアップが目標。

しかし、例の看護師のママさんブログの人と違って、俺の経歴とキャリアは一般的じゃなくて再現性低いの辛い。

IT業界について色々と幅広く調べれば調べるほど俺の務め先はかなり特殊な感じらしい。

ITエンジニア転職でも在宅ワークは超少数。

現実的に再現性が低すぎるので経験者のノウハウとして伝えられない。

この時点で詰んでる感じがある。

2018年4月24日時点での追記

当初からずっと狙いながら全く結果の出なかった成約から遠いキーワードの記事からようやく初発生。

キーワードは「ももクロ 人気低迷」でリクナビNEXTに登録。

単価は1,000円程度だが、ようやく手応えの得られる成果が出た。

今までの発生や成果は全てが商標ワードや成果に直結するワードばかりだったが、こういう遠いキーワードからも成果に結びつけられると、強豪アフィリエイトサイトが潰し合う激戦ワードにこだわらず幅広いジャンルでレッドオーシャンを避けて勝負が出来る。

これを繰り得していけば、アクセス数も発生数も上がって行く。

たった1件1,000円の発生だが今までで一番大きな手ごたえを得た1件。

ようやくここに来て自分の記事作成のスタイルが掴めて来た。

ただ、ブログ全体のブランド化・統一的な哲学をどう構築していくかという部分はやはり課題で、黄金の金玉さんを参考に磨いていく必要がある。

ハロプロまとめサイトの管理人はハロプロを愛する善人

こんな感じで自分でいくつかのジャンルのブログを実際に運営してみて、ハロプロ系のブログは本当に金にならないと痛感。

転職サイトの収益も5ヶ月目での月5万円→6ヶ月目での月1万円へと絶望的な伸び悩み気味とはいえ、月間1万PV以上でも月1,000円にすらならないこのブログの収益性よりは遥かにマシ。

大してアクセスもないのに更新を続けている弱小・中堅のハロプロまとめサイトの管理人の人は、ボランティアか社会奉仕か。

月間100万PVとかの大手ハロプロまとめサイトの管理人も、収益性の低いハロプロまとめなんかを更新することに時間を費やすよりも、その時間で高単価のクレジットカードとかFXのサイトでも作って更新した方がよっぽど金になるだろうに。

大して金にならないのに趣味でハロプロまとめサイトを続けている人達には、もっと感謝の気持ちを持とうと思った。ハロプロまとめサイトの管理人をアフィカスとか言ってしまったことを非常に後悔。

これからは「いつもハロプロの為に更新してくれてありがとう」とまとめサイト管理人に手を合わせながらハロプロまとめサイトを利用しようと思う。

実際にブログを始めてみてクロネコ屋さんはガチだった

もう一方の転職サイトはこのページの上で紹介した「月100万稼ぐアフィリエイト講座」のクロネコ屋さんのノウハウを参考に更新している。

俺はサイト運営経験があって細かいノウハウは不要なんで、クロネコ屋さんの有料のnoteは購入せず、色々と調べて(クロネコ屋さんの運営するメインサイトも特定して参考にさせて貰いつつ)無料の情報だけを参考にアフィリエイトをさせて貰ってるが、実際にたった4ヶ月ちょっと実践してみてクロネコ屋さんの方法はガチだった。

仕事で商用サイト運営経験はあるものの本格的にアフィリエイトを始めたのは初めてで、noteも購入せず一切金を払っていないが、Twitterやブログの完全に無料の情報で作業するだけで月10万円・年100万円以上のペースで収入が増えている。さらに今年終わり頃には単一サイトだけで月20万円・年200万円ペースに達することは確実。

今までの月収30万円台がすでに月収40万円近くになり、さらに年内に月収50万円も確実に見えて来てる。

さらに他ジャンルのアフィリエイトへの新展開や努力次第でもっと上も目指せる。

余りにもコスパ良過ぎ。

クロネコ屋の月100万稼ぐアフィリエイト講座
http://moonpower2020.net/

もしもアフィリエイト収入に興味があったら、価格も大半は3,000円程度で高額のインチキ情報商材などに比べて遥かに良心的なので、初心者の人はクロネコ屋さんのnoteを買うといいかもしれない。

誰がクロネコ屋さん有料のnoteを買おうが、俺自身には一円も得にもならない。

しかし、クロネコ屋さんには普段から色々と勝手に参考にさせて貰っているので、また文体とオーラによる確信だが、おそらく2chのWEB制作板でも名無しで色々とアドバイスなどしてくれているので、せめてものお返しに、このブログの読者がnoteを購入してくれると嬉しい。

ブログアフィリエイトの注意点

ただ、注意点としてはブログ運営で月100万円とかの収入を得ることは以前に比べるとかなり競争が激しくなり、難しくなって来ていること。

体感的にブログで月100万とかのそれなりの金額の金を稼げる成功率は1%。それでも成功率0.1%くらいのYouTuberとか当選率0.01%くらいの宝くじの高額当選比べると遥かに可能性が高くマシではある。

クロネコ屋さんの有用な情報を参考にすることで成功の可能性が3倍位に高くなるが、そうだとしても成功者になれる確率は3%程度とほんの一部の人間だけ。いずれにせよかなり厳しい確率の挑戦となるので覚悟は必要になる。

そのため、クロネコ屋さん自身は、作業時間のあまり取れない一般人向けには月3万円程度の金額の副収入を得て投資で回す方法を推奨している。確かに普通の会社員などの場合は、こういう考え方の方が無難なことは事実。

クロネコ屋さんは元々が小説を出版したくらいのガチのプロのライターなので、一般人とは比べ物にならない人間離れした文筆力で長文ブログ記事を大量更新して月収800万などの結果を出すことが出来たが、世の中の99%の人間にはクロネコ屋さんと同様の方法で成功することは不可能だと思う。

情報提供者のクロネコ屋さんにせめてものお返しをしようとしたが…

2018年1月7日。朝起きてクロネコ屋さんのブログをチェックすると新着記事に仮想通貨のアフィリンクを貼っていて、

仮想通貨アフィリエイトが稼げる理由。コインチェックの報酬単価は死ぬほど高い – クロネコ屋の月100万稼ぐアフィリエイト講座
http://moonpower2020.net/2018/01/06/post-873/

自分自身は一銭も払わずにただ登録して本人確認するだけで3,000円ほどのアフィリエイト報酬がクロネコ屋さんに入るとのこと。

コインチェックの本人確認は、運転免許証など身分証明書の写真をアップロードしてハガキを受取るだけなので、ユーザーの負担はほとんど無いに等しいです。

前に「無料登録で報酬が発生するアフィリエイトほど楽なものはない」みたいな事を言いましたが、まさにそれです。

ユーザーが登録するだけで3000円確定って、相当条件いいですよ。

元手の資金も大してないので仮想通貨をやる気は全くないとはいえ、いつも一銭も払わずタダで有益な情報利用させて貰っている身として「この機会にアフィリンクから登録して少しでもお返しすべきだろ、男として、いや人間として!」とアフィリンクをクリックして登録しようと思ったが…

この画面が出て来た瞬間、面倒臭さに意気込みを挫かれて辞めた。

IDセルフィーってなんだそれ…身分証の画像だけじゃ駄目なのか…

在宅ワークで髭もずっと剃ってないし寝起きに自撮り撮影とか面倒臭過ぎる。

そんなどうしようもないクズ人間ぶりを発揮して登録を途中で放棄。

おそらくコインチェックに申し込んでメール登録した時点で報酬発生はしたが、未承認でキャンセルになってしまうはず。アフィリエイターの立場として一番ガッカリしてムカつくユーザーになってしまった。

結局、俺はハロプロに対してもクロネコ屋さんに対しても一円の金も払わない完全な無銭在宅を続ける宿命なのか。

まあ、今年中か来年か再来年か10年後かいつかアフィリエイトで月100万円くらいの収入になったら、ハロプロにはハロメンへのオナペット感謝料の30万円を払って、クロネコ屋さんにも感謝料として10万円を寄付しよう。

ただ、このブログや記事によって、ハロメンは脳内で犯されたり性欲に捌け口にされることで変態ドM性欲を満たされる、クロネコ屋さんの場合は情報発信者としての信用度という無形の資産構築に多少は貢献しているので、今の所はそれでよしとしようと思う

追記:2018年2月の散々なアフィリエイト成果でむしろクロネコ屋さんの顔に思い切りに泥を塗ることに

お気に入りのブログ・好きなブロガーランキングベスト11

3 ◆FWr5F.Z97Aのお気に入りのブログや好きなブロガーを1位から11位までランキング形式で発表していく。

1位 俺の遺言を聴いてほしい

http://oreno-yuigon.hatenablog.com/
ナンパから足を洗い約2年間1回もセックスをしていないオナ禁中の元ナンパ師が主に恋愛などについて語るブログ。

「俺の遺言を聴いてほしい」の一押しのブログ記事

2位 私の時代は終わった。

http://d.hatena.ne.jp/ikkou2otosata0/
三十路処女の看護婦が笑いを交えつつ怨念と妄想を書き綴ったブログ。

「私の時代は終わった。」の一押しのブログ記事

3位 まじまじぱーてぃー

http://www.mazimazi-party.com/
ブログ主のあんちゃさんの顔がドストライク。とにかく顔がタイプ。ハロプロ所属なら絶対にダンスの上手い顔。

「まじまじぱーてぃー」の一押しのブログ記事

4位 guchu guchu pay

http://lin2t.hatenablog.com/
ハロプロ関係では一押し。だが更新頻度が低い

「guchu guchu pay」イチオシのブログ記事紹介

5位 オナニーのオカズ研究所

http://mousou0707.blog.fc2.com/
テキストの圧倒的なシコリティ。男性向けエロサイトという建前だが、秘かに非常に女子人気の高そうなエロサイト。

「オナニーのオカズ研究所」の一押しのブログ記事

  • 【動画】乳首でイクまで布団にこすりつけるオナニーがエロすぎる 自分のイキ姿をSNSにアップしてる女神
    http://mousou0707.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
    画像や動画も最高にエロいが、それを際立たせるコメント文章がさらにエロい

6位 みどりのろうごくblog

http://atlanta.blog24.fc2.com/
ヴェルディ川崎や日本代表などサッカー関連のトピックを語るブログ。比喩表現の言葉選びが絶妙でストンと腑に落ちる的確な表現に舌を巻く。

「みどりのろうごくblog」の一押しのブログ記事

7位 接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

http://www.kandosaori.com/
三十路エロ女社長のブログ。ブログに対するスタンスで手本としている。クリムゾン好きに悪い人はいない!

「接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!」の一押しのブログ記事

8位 散るろぐ

http://www.cild.work/
文才では現在のブログ界でNo1。小説家レベルの美文を書く炎上ブロガー。

「散るろぐ」の一押しのブログ記事

9位 隠者エルのパチで稼ぐ思考&転売(せどり)

http://shinogushikanaine.seesaa.net/
元パチプロ・スロプロで現セドラーのブログ。ギャンブルという厳しい勝負の世界で長年戦い抜いて来たブログ主の寡黙で淡々とした雰囲気がかっこいい。

「隠者エルのパチで稼ぐ思考&転売(せどり)」の一押しのブログ記事

10位 考えるための書評集

http://ueshin.blog60.fc2.com
読書家の人のブロガー。思考のフィクション性などについて興味深い考察が多くブログの他にツイッター(うえしん @ueshinzz)もチェックしている。

「考えるための書評集」の一押しのブログ記事

11位 Chikirinの日記

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/
有名社会派ブロガーとして有名なChikirinのブログ。近未来の社会経済について夢と妄想の広がるブログ。ちなみに「TIKI BUN」とは何の関連性もない。