本物の「リサ」の座をかけて戦うサイコパス凶悪犯の山木梨沙さんと小片リサさん

本物の「リサ」の座をかけて戦うサイコパス凶悪犯の山木梨沙さんと小片リサさん。

山木「このハロプロという世界に“リサ”は一人だけで十分だと思わない?」
小片「フフフ お互いに心の内の思いは同じようですね」
山木「どちらが本物の“リサ”か決める時が来たようね 覚悟はいいかしら?」
小片「いいですね 決着をつけましょう」
山木「勝負の方法は…エロ尻勝負よ」
小片「フフフ お互いの得意分野ですね」
山木「分かりやすくていいでしょ?」

小片リサさんをレイプする計画に親身に相談に乗ってくれる優しい山岸理子ちゃん新沼希空ちゃん谷本安美ちゃん

つばきファクトリーの小片リサさんをレイプして精神崩壊するまでめちゃくちゃに犯す計画を打ち明けると、親身に相談に乗ってくれるとても優しい山岸理子ちゃんと新沼希空ちゃんと谷本安美ちゃん。

山岸「本気でリサ丸をレイプしたいの?」
谷本「リサ丸の尻を犯したいんだって クスクス」
新沼「お尻を犯したいなんていやらしい クスクス」
谷本「でもリサ丸は犯したい尻をしてるよね いいお尻」
山岸「毎日リサ丸のこと脳内で滅茶苦茶に犯しまくってるんだ?」
新沼「そこまで熱心にオカズにされてると女としてちょっと羨ましい キソマンじゃダメ?キソマンを犯してもいいんだよ? 笑」
谷本「でもリサ丸のあの性格だからレイプして楽しいのは絶対あるよね」
山岸・新沼「あー」
山岸「いつもはあんな感じだけどレイプされた時の反応は可愛いらしそう」
新沼「めっちゃ分るー 普段とのギャップがある感じ」
山岸「いつもは偉そうに仕切ってるけど…犯されると一番しおらしくなるみたいな」
新沼「犯されてる最中も泣きながら 許して下さい許して下さい ってか弱い声で言ってそう」
谷本「可愛い」
新沼「可愛いね」
山岸「でもリサ丸は色々注文も多そうだよね 満足いかないレイプだとレイプをやり直しさせられそう」
谷本「レイプされてもおっぱい責めが物足りないから やり直しでおっぱいレイプさせたり みたいな」
新沼「レイプやり直し!って」
谷本「リサ丸はエッチなお尻してるけど おっぱいもちゃんと犯されないと満足しないタイプなのは分かる」
山岸「貧乳でおっぱいないくせに」
新沼「耳が痛い おっぱいにコンプレックスがあるからこそおっぱいを徹底的に犯されたい願望があるんだよ」
谷本「そうなんだ」
新沼「うん ちゃんとそこそこ胸がある人には分らない感覚かも」


新沼希空「あなた達には私やリサ丸の気持ちは永遠に分からない…」

山岸「でもやり直しでおっぱいを犯させてる最中はまた泣きながら 許して下さい許して下さい ってか弱い声で言いそう」
谷本「あー 犯されてる間はレイプされてる私という設定にはまり込んでるのか」
新沼「なんか物凄い変態じゃない?」
山岸「でも変態的な要素はリサ丸がつばきのメンバーでも実は一番強いよね」
谷本「なんとなく物凄くマニアックな妄想してオナニーしてるのは分かる」
新沼「あー 分かる分かる 絶対に性癖はマニアック 拷問の妄想とか好きそう」
山岸「そこまでリサ丸のこと詳しく知ってるんだ 笑」
新沼「でも分かるじゃん」
山岸「何を根拠に 笑」
谷本「Hips Don’t Lie オシリは嘘をつかない」
山岸「wwwwwwwww」
新沼「ずっと変態なオナニーして育って来た様なエッチなお尻してるもんねリサ丸」
谷本「お尻の形が変態のお尻」
山岸「オケツマンになるとお尻からそんなことまで分かるんだ」
新沼「で、どうやってリサ丸をレイプするの?」
谷本「メンバーがリサ丸を騙して部屋に連れ込んで待ち伏せして犯す的な?」
山岸「それでレイプに協力して欲しくて相談して来たんだ クスクス」
新沼「キソマンじゃダメ?今すぐにここでキソマンを好き放題にしてもいいんだよ?特別にキソマンをプレゼントしてあげるよ?」
谷本「でもそこはやっぱりレイプへのこだわりがあるんじゃないの 無理やり犯すことの快感みたいな」
山岸「つばきのメンバーの中でも一番騙してレイプしやすそうなのってリサ丸だよね」
新沼・谷本「あー」
山岸「実はみたいな」
新沼「確かに私達をレイプするのって結構難しいかも」
谷本「簡単ではないね」
山岸「レイプするならリサ丸しかいないと」
新沼「私のキソマンも凄く気に入ってくれてるけど そこはやっぱりレイプにこだわってリサマンなんだね」
谷本「極上キソマンを好き放題出来るチャンスを捨ててもリサマンを犯したいと」
山岸「そんなにレイプっていいものなの?」
新沼「でも私はレイプされたい願望あるよ 欲情されて滅茶苦茶に求められたい」
山岸「抵抗されて大変なレイプよりも ただ寝てるだけの楽な騎乗位でもっと気持ち良くイカせてあげるのに」
谷本「でもそこは精神的なものなんじゃないの? 女の子を無理やり犯す征服感とか」
新沼「精神的な部分が大きいよね 私も犯されて征服されたい」
山岸「リサ丸もM?」
新沼「間違いなくMだね 性的対象として滅茶苦茶に犯されたい願望が強いタイプ」
谷本「普段ああいうタイプの方が裏ではドM願望の塊とかよくありがち」
山岸「二人とも凄過ぎ 笑 何でそんなにリサ丸のこと知ってるの」
新沼「色々と秘密の情報網があるから」
谷本「エッチなお尻を見れば分かるじゃん」
山岸「一体何者なのあなたたち 笑」
新沼「だってリサ丸 レイプされたそうな書き込みばかりしてるじゃん」
谷本「しかもいつも犯されたそうにお尻をプリプリさせてるし」
山岸「え?どういうこと?」
新沼「キソマン関係への異常な執着とアピールが凄い キソマンスレを見てますと言いたくて仕方ない感じ」
谷本「ブログにも更新してアピールしてたよね おんまゆキソラーン! って」
新沼「基本的にエロとかオカズにされるのとか好きなタイプだと思うんだよね しかも鬼畜拷問系にも抵抗がないタイプ」
谷本「鬼畜拷問系にも抵抗がないというより むしろ強い関心があるくらいな」
山岸「二人ともそこまでリサ丸のこと知ってたんだ」
谷本「一応メンバーだからね」
新沼「理子ちゃんが他人に関心無さ過ぎ 笑」
山岸「かなりの変態だと思ってたけど まさかそこまでだとは思わなかった 明日からリサ丸を見る目が変わりそう」
谷本「リサ丸は真性のド変態だけど あまり変態を軽蔑する様な目では見ないであげてね」
新沼「オケツマンに真性のド変態と言われるリサ丸 笑」
山岸「でもさ 実際リサ丸をレイプするとして きしもんをどうするかじゃない?」
新沼「真面目で仲間思いだから 絶対にレイプの計画とかには協力してくれないタイプだよね リサ丸を裏切るとか絶対に出来なさそう」
谷本「うまく嘘ついてリサ丸から引き離せばいいじゃん」
山岸「その隙に私達でリサ丸を騙して部屋に連れ込んで…」
新沼「そして犯すと でも私達がレイプに協力するメリットが何も無いよね」
山岸「私はリサ丸を騙して犯されるところ見てるだけでいいかも」
谷本「ドS~」
新沼「レイプに協力してあげるかわりにキソマンも舐めてよ レイプの気分で滅茶苦茶犯してもいいよ 笑」
山岸「急に何てこと言い出すの 笑」
新沼・谷本「あっ」
山岸「どうしたの?」
谷本「後ろ」
山岸「あっ 真性ド変態のリサ丸」

小片「大体のことは聞かせて貰ったけど そんなに小片のことを犯したいんですね フフフ」

つばきファクトリーの小片リサさんが連続100日ブログ更新の大記録を達成した

つばきファクトリーの小片リサさんが2017年6月2日から2017年9月9日にかけて連続100日ブログ更新の大記録を達成した。

連続100日更新達成の記事
○○ワールド! 小片リサ – つばきファクトリー オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tsubaki-factory/entry-12309260629.html

1日も休まず100日も連続でブログを続けることの凄さは一度でもブログをやったことのある人間なら分るが、雪女を連想させる様なミステリアスな雰囲気のクールビューティーでありながらこだわりや執着心が強くストーカー気質の美人である小片さんならではの記録達成と言えるだろう。


こちらをじっと見つめ続けるクールビューティーストーカー雪女の小片さん

最近の小片さんはすっかり明るくリア充的な雰囲気になり、以前の電柱の陰からずっとこちらを見ている様な暗くジメジメした雰囲気はなくなったが、小片さんのこだわりや執着心の強さは今もブログ更新に生かされている。

小片さんのイメージそのものの「まんが日本昔ばなし」の雪女の物語


吹雪の晩に現れた小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


冷気の息を顔に吹きかけて人を殺す小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「お前の命は助けてやるが自分のことは絶対に誰にも言うな」という小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


吹雪の晩に道に迷って困った幸の薄そうな女の人の振りをして家を訪ねて来た小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「どこにも行く当てがないのでこの家に住まわせて欲しい」と懇願する小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


結婚して子供を産んで母親になり洗濯や家事をする小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


包丁で果物の皮を剥いている小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


満足そうに家庭を見守る美人の小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


縫い物をしている小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「絶対に誰にも話すな」と言っていた雪女の話をされて自分がその雪女であることを明かし恐ろしい怒りの形相になった小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「命だけは助けてやる」と言って家から去っていく小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


雪女の小片さんに息を吹きかけられて死にたい。

こんな小片さんみたいな出で立ちのまんが日本昔ばなしの雪女。「まんが日本昔ばなし DVD 第6巻」から動画の映像でも見られる。


まんが日本昔ばなし DVD 第6巻(DMM.com)

日本各地に伝わる民話をベースにした国民的アニメシリーズ「まんが日本昔ばなし」の第6巻。‘日本の心’を思い起こさせる昔話を描いた、子供から大人まで楽しめる名作アニメ。「雪女」「養老の滝」「さだ六とシロ」「蛙の恩返し」の全4話を収録。

同じクールタイプで少し似ているアンジュルムのりなぷーこと勝田里奈ちゃんは、ひたすら飄々として執着やこだわりを感じさせないのと対照的に、小片さんはクールでありながらもひたすら執着するタイプである。


ミステリアスでクールビューティーなストーカー雪女である小片リサさんの横顔

道重さゆみんに対する異常なレズビアンストーカーぶりを発揮しているカントリーガールズの山木梨沙さんと同様にで、たった一瞬だけの出来心とかではなく、冷静に計算をして何年間もひたすらに獲物を追い詰め続けて行くようなタイプのストーカー女になれる素質が小片さんにはある。

そんな山木さんと小片さんをエロ尻レイプで脳内レイプすると最高に気持ちがいい。ただ、小片さんには尻レイプだけだと「お尻だけ触ってる人誰?」と怒られるので、尻レイプをしながら乳首をこねくり回しおっぱいも揉みしだいて尻おっぱい同時レイプしたい。

身も心も犯したい氷の微笑みのミステリアスクールビューティー小片リサ

男なら誰でも持っている憧れの女性に対する性的陵辱・破壊衝動・征服的願望を、容赦なくおっぱいや尻や膣やアナルに思い切りぶちまけたくなる、高山に咲く白いスズランの花の様な毒のある気高さが、氷の微笑みのクールビューティー小片リサの魅力だ。

小片さんは一見すると地味な顔立ちだが、非の打ち所がない完璧な美人だ。クールな佇まいが美しく、そして優等生でお嬢様らしい良い意味でのプライドの高さと品格もあり、クラスメイトの男子達が密かに思い焦がれられながら告白すら出来ず普通なら決して手の届かない高嶺の花的な存在だ。例えると女子中学生時代から大学生の彼氏を作りクラスメイトの男子達を見下していた様な雰囲気がある。

そしてそういう手の届かない高嶺の花的存在である小片さんだからこそ、精神崩壊するまで女として人間としての尊厳を完全に否定されるレベルの性的凌辱を強制的に加え続けて徹底的に奴隷家畜以下の肉便器として扱い、虚ろな瞳の従順な奴隷の様になるまで体も心も犯してプライドを完全にへし折り、剥き出しのハートを抉り出しナイフで心を滅多刺しにして鷲掴みで握り潰してやりたい欲望を強烈に掻き立てる。

好き放題に陵辱して徹底的にめちゃくちゃに犯したい、乳房を揉みしだきたい、乳首を捏ねくり回したい、指で股間をまさぐりたい、肉棒で膣を貫いて滅多挿しにしたい、子宮に精液をぶちまけて孕ませたい、ハートを滅多刺しにしたい

ちびまる子ちゃんのお姉ちゃんの様なクールビューティーな雰囲気の小片さん。ちびまる子ちゃんのお姉ちゃんは密かに一部では絶大な支持と人気を誇るアニメキャラクターだ。そして個人的にもちびまる子ちゃんのお姉ちゃんは、人生初のガチ恋をしたアニメキャラクターでもある。さらに小片さんは口元をニヤリとさせる冷たい笑みの中に、ちびまる子ちゃんの野口さんの様な毒のあるニヒルな魅力も持っていて、それがさらに小片さんのミステリアスなエロさを引き立たせている。


クールビューティーなちびまる子ちゃんのお姉ちゃんとニヒルな野口さんを足した様な毒のある美人の小片さん


野口さんカットでも美人過ぎるトレイニー時代の小片さん

小片さんはトイレニー時代から「トイレニーのママ」と言われていて、小言を言いながらも年下や後輩のメンバー達を指導してしっかりと面倒を見る様な存在だった。その様なトイレニー時代の過去や、つばきファクトリーでも最年長メンバーのサブリーダーとして冷静にはっきりと指摘をしたり、時にキツイ言葉で厳しく注意する現在の様子もまた、小片さんのちびまる子ちゃんお姉さんとも通じる「しっかり者のクールなお姉さん感」に繋がっている。そんな普段はしっかり者でクールビューティーなお姉さんだからこそ、めちゃくちゃに犯して気高くクールな仮面をはぎ取り乱れさせたいという凌辱願望をかき立てられる。

また、小片さんはメンバーの面倒を見るしっかり者のお姉さんであると同時に、目立ちたがり屋でもあり「どんな手を使ってでも、自分が一番になりたい!」という気持ちもとても強く感じられる。ブログでも目を見開いた自撮り画像ばかりを毎日連投して、「私だけを見て!」と自分の存在をアピールしてくる。つんく作詞作曲で提供されたつばきファクトリーの楽曲である「独り占め」はそんな小片さんのイメージに一番良く合っている。アニメ「エヴァンゲリオン」登場キャラクターの惣流アスカラングレーが好きだというキャラ設定も、「私だけを見て!」という小片さんからヲタへ釘を刺すメッセージなのだろう。さらに小片さんは野口さんの様なニヒルで謎な不気味さもあり、浮気や推し変でもしようものなら毒針で刺し殺されそうな雰囲気もある。そんな一見すると地味な様に見えて、気安く触れると毒でやられそうな危険な香りもまた、敢えてそれに挑みたくなるミステリアスクール美女の小片さんのエロティックな禁断の魅力を引き立てる一要素になっている。

上の写真でもサンタのコスプレをエッチに着こなした小片さんは「私だけを見て!」と視線を独占しようとする様に一人だけ強引に前に来て寝そべり、ドエロい太ももとエロティックな腰つき小ぶりで形のいい精液をぶちまけたくなる様な尻を見せつけながら、上目遣いの様に下から目を見開きアピールをしている。
福田花音(通称まろ)を目標としてまろの様なネットマスターを目指す小片さんは、ステージ上でのパンティラインの透けた自分の尻画像が、掲示板のヲタの間で「尻が小ぶりながら形が良くてエロい」と評判で持ち切りだったことも間違いなく知っている。


パンティラインが透けた形が良くエロティックな小片さんの尻

その好評の反応を知っている小片さんは、手段を択ばずにエッチなサンタのコスプレで寝そべり尻や太ももを見せつけて自分をアピールをしようとする。冷静でクールでしっかり者のお姉さんでありながら、そんなエロティックな女のアピールをしたがる小片さん。最後には毒針で刺されそうな危険を感じさせながら、抗いがたい闇属性の泥沼的で魔性な性的魅力に満ちている。

そんなクールビューティーな雰囲気で魔性の魅力を持つ小片さんのチャームポイントの一つが、時折見せるまるで雪女か雪の女王の様な「氷の微笑み」だ。


曇天から雨のちらつき始めた闘技場で「そろそろ決着をつけようか」と勝利を確信した様に氷の微笑みを浮かべつつ魔笛霰雷津の強烈な冷気攻撃を放つ直前の小片リサ(2017年8月4日 TOKYO IDOL FIGHT「TIF」にて)

※魔笛霰雷津(まてきさんらいず)
「HUNTER×HUNTER」の作者としても知られる冨樫義博の漫画「幽☆遊☆白書」の登場人物で、氷を操る能力を持つ妖怪では最上位の呪氷使いである「魔性使いチーム」の次鋒・凍矢の遠距離攻撃用の必殺技「魔笛霰弾射」(まてきさんだんしゃ)をさらに強化した小片リサの冷気攻撃。手のひらに凍気の塊を数多く作り出し、それを散弾の如く吹いて相手を撃ち殺す。


魔笛霰弾射を放つ直前の呪氷使い凍矢(テレビアニメ「幽☆遊☆白書」 暗黒武術会・三回戦にて)


凍矢の魔笛霰弾射(漫画「幽☆遊☆白書」 暗黒武術会・三回戦にて)


魔笛霰雷津(まてきさんらいず)を放つ小片リサ

小片さん自身もこの「氷の微笑み」のチャームポイントを自覚しているのか、「つばきファクトリーのニヤ顔担当」を自ら名乗っている。


「つばきファクトリーのニヤ顔担当」を自認する1980年代~1990年代風の昭和チックなタッチの小片さんのイラスト(ハロー!プロジェクト オリジナルかるた)

こんな「氷の微笑み」や「ニヤ顔」が似合う美マンコの小片さんをオナネタにしたオナニーでは、「膣野菜プレイ」の変態妄想が気持ち良く抜ける。

小片さんが同じつばきファクトリーのエースの浅倉樹々ちゃんに嫉妬して意地悪をする度に、罰として小片さんの美マンコにきゅうりやダイコンを突っ込んでお仕置き凌辱性拷問するのだが、野菜をもっと膣にねじ込んでめちゃくちゃにして欲しくて、さらに浅倉樹々ちゃんに意地悪をする変態の小片さん。

「キキちゃんをイジメるなんて本当に最低な糞女だな!体で詫びろや小片!」

と言うと、ニヤリと笑って自分でパンツを脱いで四つん這いになる小片さん。そして膣野菜の快感に目覚めて、ますます浅倉樹々ちゃんへのショボい意地悪を繰り返す様になる小片さん。

「あ、また膣野菜でお仕置きですね(ニヤリ」

「お前は全く最低最悪な意地悪糞女だな!これで少しは改心しろよ!」と罵りながら、愛液でグジョグジョになった小片さんの膣に大根やキュウリやナスをねじ込んで行く。

さらに膣野菜の快感に目覚めて、右足と左足の靴紐を結びつけたりと、ますます浅倉樹々ちゃんへの小さなショボい嫌がらせを繰り返す小片さん。

小片さんが変態拷問目的でわざと意地悪を繰り返すようになったことを知らない浅倉樹々ちゃんに謝ると、「私を巻き込まないで最初から変態プレイだけすればいいのに!」と怒られる 。

そこで、小片さんは「悪いことをした罰を受ける」という行為自体に興奮して愛液を垂らす真性ド変態だから、ただ変態プレイをするだけでは物足りないということを説明して、浅倉樹々ちゃんには小片さんのショボい意地悪を我慢してもらうことになった。

そして小片さんとは「あ、また膣野菜でお仕置きですね(ニヤリ」が挨拶代わりの日常になった。

というのが小片さんをオナネタにした「膣野菜プレイ」の変態妄想の内容だ。


小片さんと小片さんの美マンコで膣栽培されたスイカ(レッスン着の生写真)

冷気攻撃の使い手である小片さんのイメージそのものの「まんが日本昔ばなし」の雪女の物語


吹雪の晩に現れた小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


冷気の息を顔に吹きかけて人を殺す小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「お前の命は助けてやるが自分のことは絶対に誰にも言うな」という小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


吹雪の晩に道に迷って困った幸の薄そうな女の人の振りをして家を訪ねて来た小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「どこにも行く当てがないのでこの家に住まわせて欲しい」と懇願する小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


結婚して子供を産んで母親になり洗濯や家事をする小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


包丁で果物の皮を剥いている小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


満足そうに家庭を見守る美人の小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


縫い物をしている小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「絶対に誰にも話すな」と言っていた雪女の話をされて自分がその雪女であることを明かし恐ろしい怒りの形相になった小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


「命だけは助けてやる」と言って家から去っていく小片リサさん似の雪女(まんが日本昔ばなし)


雪女の小片さんに息を吹きかけられて死にたい。

こんな小片さんみたいな出で立ちのまんが日本昔ばなしの雪女。「まんが日本昔ばなし DVD 第6巻」から動画の映像でも見られる。


まんが日本昔ばなし DVD 第6巻(DMM.com)

日本各地に伝わる民話をベースにした国民的アニメシリーズ「まんが日本昔ばなし」の第6巻。‘日本の心’を思い起こさせる昔話を描いた、子供から大人まで楽しめる名作アニメ。「雪女」「養老の滝」「さだ六とシロ」「蛙の恩返し」の全4話を収録。