ハロプロザーメンアイドルの先駆者「ミス・ザードル」鈴木愛理

ハロプロの元祖ザーメンアイドル「ミス・ザードル」鈴木愛理。鈴木愛理はザーメンアイドルとして10年以上もハロプロの第一線を走り続けて来た圧巻のザードルキャリアを誇っている。2,000年代以降のザードル界のトップランナーの一人でありまさにザードルの先駆者的存在だ。

尻を見せ付けながらの余裕の表情に「もう!ジロジロみずぎ(照)」の貫録の駄洒落コメントと、まさにザードル界の第一人者としての風格すら感じられる鈴木愛理の尻ショット

鈴木愛理は6歳でアップフロントミュージックスクールに入学。2002年6月30日に8歳でハロープロジェクト・キッズオーディションに合格。そして2003年9月12日には9歳で田中れいな・夏焼雅と共に、当時平均年齢11歳のハロープロジェクト最年少のシャッフルユニット「あぁ!」に参加。2005年6月11日には11歳で℃-ute(キュート)のメンバーに選出された。

この様に小学生の年齢からハロプロキッズの主要メンバーとして活動していた鈴木愛理は、小学校を卒業し中学生となったばかりの2007年5月20日には、児童ポルノ同然の年齢の弱冠13歳でワニブックスから1stソロ写真集「愛理」を発表し、水着ショットで尻を晒しまくり、汚れザーメンアイドルとしての第一歩を踏み出すことになる。


水着ショットで尻とおさなメコスジを晒しザードルとしてのキャリアの第一歩を踏み出した1stソロ写真集「愛理」

その後の鈴木愛理の素晴らしい汚れスペルマ精液便器アイドルとしてのキャリアについては改めて語る必要すらないだろう。

  • 愛理(2007年5月20日、ワニブックス、撮影:アライテツヤ)
  • CLEAR(2007年12月5日、角川グループパブリッシング、撮影:河野英喜)
  • 6月の果実(2008年6月20日、ワニブックス、撮影:根本好伸)
  • 蒼色(2009年6月26日、ワニブックス、撮影:佐藤俊作)
  • 登校日(2010年8月20日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)
  • 巡る春(2011年5月23日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)
  • OASIS(2011年6月23日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)
  • この風が好き(2012年6月25日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)
  • 卒業 鈴木愛理全集2010-2013(2013年3月31日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)
  • 泳がない夏(2013年8月20日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)
  • 共鳴(2014年4月12日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)
  • 永遠 鈴木愛理全集 2010-2017(2017年3月31日、ワニブックス、撮影:西田幸樹)

児童ポルノ作品である1stソロ写真集「愛理」の発売を皮切りに、上記にあるように副業のアイドル活動をこなしながら本業の汚れザーメン便器活動では五ク業務を皆勤すると共に、10年間の間に12冊もの児童ポルノ本やエロ本(性感エロ写真集)を立て続けに発表し続け、ヨゴレアイドルとして多くのキモヲタから大量のザーメンを浴びせられ続けた結果、鈴木愛理はハロプロにおけるザーメンアイドルの頂点「ミス・ザードル」の地位を確固たるものとしていった。

巨大掲示板「2ちゃんねる」のモーニング娘。 (狼) 板(正式名称:ハロプロ@2ch掲示板)でも、2010年前後に以下の様なスレッドが乱立されており、当時の鈴木愛理のザードル評価の高さが窺い知れる。

2ちゃんねるモ娘(狼)板「ザードル鈴木愛理はチンポを勃起させるために手段を選ばない生まれつきのヨゴレ児童ポルノ女児」
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/morningcoffee/1282296812/

2ちゃんねるモ娘(狼)板「ザードル鈴木愛理はマンコの形を見せてオナニーをさせる職業の変態ドスケベズリネタ児童」
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/morningcoffee/1306220293/

2ちゃんねるモ娘(狼)板「ザードル鈴木愛理はCDの6倍の速度で児童ポルノを量産し最早着衣の方が珍しいヨゴレのスペルマ裸族」
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/morningcoffee/1308651616/

また、鈴木愛理に対するスペルマ便器需要は現在も一部ではなおも根強く、モーニング娘。 (狼) 板の「愛理とセックスしたい」シリーズスレは、2017年7月時点で「438スレ目」という長大なパート数に突入している。

2ちゃんねるモ娘(狼)板「愛理とセックスしたい438発目」
https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/morningcoffee/1499004684/

この様な鈴木愛理のザーメンアイドルとしての際立ったキャリアと実績に対する認知度の高さはハロプロ内部だけに留まらず、「クイコミ激スジ美尻鈴木愛理」と謳われるなど国内のメディアからも非常に高評価され賞賛を浴びている。


多くの一般人が目にするコンビニの本棚でも「クイコミ激スジ美尻鈴木愛理」という絶賛の言葉がメディアに踊る

「ハロプロエロ下半身ランキング」で10位に食い込み、そして下半身も激スジで食い込みさせる鈴木愛理。ハロープロジェクト内でのザードル評価だけに留まらず、日本アイドル界全体でもクイコミの第一人者の地位をひた走るザーメンアイドルの先駆者と言っても過言ではないだろう。

鈴木愛理の所属するアイドルグループで2005年から活動開始した℃-uteは、2017年6月12日のコンサート「℃-ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ ~Thank you team ℃-ute~」をもって12年に及ぶ歴史の幕を閉じ解散したが、鈴木愛理のスペルマ便器ザーメンアイドルとしてのキャリアは今後もまだまだ終わらない。

ロリコンアイドルヲタク向けのヨゴレ児童ポルノ女児スペルマ便器から、成熟した大人の女性の色気や性的魅力を前面に押し出す本格派の汚れ性処理オナペット勃起精液便器へと成長し、成人年齢である20歳を過ぎた今もなお汚れザーメンアイドルの第一線を走り続けている。

そしてこの様に、主に小中学生年代の女児などを好む小児性愛のロリコンアイドルヲタク向けのヨゴレ児童ポルノ女児スペルマ便器アイドルから、大人のメスのエロを曝け出す本格派の汚れ性処理オナペット勃起精液便器アイドルとなったことで、愛理が汚れエロ写真を撮影される際にカメラ(さらにはそのカメラの向こう側にいる愛理の汚れエロ写真をズリネタにシコりザーメンを放出するキモヲタ)へと向ける表情や仕草なども大きく変化した。

固く勃起した肉棒を膣や肛門アナルにぶち込まれたそうに、立ちバックの体位でいやらしく尻をカメラに向けて突き出すなど、動物のメスの本能としての「肉便器欲求」や「犯されたい願望」をより前面に出し性的な痴態を曝け出す本格派の汚れ雌豚ザードル便器の表情や仕草となったのだ。


ヨゴレ児童ポルノアイドルを経て、立ちバックの体位で勃起した肉棒を膣や肛門にぶち込まれたそうに、いやらしく尻をカメラに突き出す成熟した大人の女性の本格派汚れ雌豚ザードル便器となった鈴木愛理

上の立ちバック画像のキャプションの「全ての方に感謝の気持ちを伝えたい」というコメントは、「(脳内で自分の膣や肛門に精液を注ぎ込んでくれる)全ての方に感謝の気持ちを伝えたい」というのが真意であり、さらにキャプションには「でも私、解散しても“ザードル”を辞めるつもりないんですよ!」という愛理の言葉が続く。

これらは℃-uteが解散してもヲタからスペルマやザーメンを射精され続ける対象でありたい、一生勃起射精の対象として活動したいというザードルとしての肉便器願望の表明なのである。

そして、愛理はいやらしく尻をヲタに向かって突き出す精液を注ぎ込まれたそうなショットを撮影させ、ヲタの精液を体内に注ぎ込まれたい雌豚肉便器願望を爆発させているのだ。まさに真のザードルの喜びを知った本格派の成熟した汚れザーメンアイドルとなったのだ。

汚れ児ポドル時代の愛理の「私を見ておじちゃんのおちんちんから白い液が溢れて来てるよ」と言い出しそうなニヤニヤとした勝ち誇った表情は、今では肉棒が欲しくて仕方ない精液を膣内や直腸内にぶちまけられたくて仕方なさそうな「お願いペニスをお尻にぶち込んで私の肉便器を精液で満たして」と哀願する淫乱なメスの表情へと変わっている。


バックショットの写真でも精液便所願望や雌豚感は感じられない汚れザードルキャリア初期の鈴木愛理

鈴木愛理はかつての様にザードルとしての自分自身の魅力と努力によってロリコンヲタを勃起射精させ精液を噴出させて勝ち誇るだけでなく、現在では写真撮影中にメスとしての肉便欲求を爆発させ、さらにキモヲタ達の大量の精液を次々ドクドクと自分の体内に注ぎ込まれることを生々しく想像して女としての喜びを感じる本格派の汚れ雌豚ザーメン便器へと進化したのである。

愛理がこの様に露骨な雌豚便器願望を示す様になったのは慶應義塾大学に入学して学んでからであり、同じハロープロジェクトのカントリーガールズに所属する変態ドMキモヲタレイプ妄想オナニー常習者の山木梨沙さんといい、慶応義塾大学商学部卒で女性レイプ凌辱専門漫画家のクリムゾン作者(クリムゾンの解説 – Wikipedia)といい、おそらく慶応大学には女子のレイプ願望や雌豚便器願望を目覚めさせ育む土壌があるのだろう。


豚鼻を付けて嬉しそうに雌豚アピールする鈴木愛理


豚鼻を指差して自分は雌豚だとアピールする山木梨沙さん

この様に慶應義塾大学の肉便器学部で雌豚便器学を学んだ結果、さらに淫乱な雌豚属性を身に付けザーメンアイドルとして本格化した鈴木愛理だが、スポンサーのスペルマピザへの性接待によって結成したBuono!の活動停止や、枕営業担当として長年所属していた℃-uteの解散後も、そのザードルキャリアは終わらない。

幼少期からザーメンアイドル界の最前線を走り続け、今では本格派の雌豚ザーメン便器へと成長した鈴木愛理。日本のスペルマ産業を牽引する汚れザードル界のトップランナーとして、今後もますます精液便所活動が楽しみなハロプロメンバーである。


慶應義塾大学の肉便器学部で国内最高レベルの雌豚便器学を学んだことで淫乱なメスの表現も身に付け、汚れザードル界のトップランナーとして今後の精液便器活動が楽しみな鈴木愛理

汚れスペルマ便器鈴木愛理の8年間に及ぶ過去のザーメンアイドル活動の集大成
「永遠 鈴木愛理全集2010-2017」(DMM.com)