清涼感溢れる変態性欲の捌け口系クールビューティー加賀楓

加賀楓の立ち姿と佇まいは圧倒的な清潔感と清涼感に溢れ、そして美しい。「富士山、侍、芸者、加賀」と並べて、日本を代表する美の象徴として世界に誇りたい素敵な美人だ。そして同時に精液を膣内にぶちまけたい変態妄想の対象でもある。

何故人は富士山や侍や芸者や加賀楓に美を感じるのだろうか。富士山にも侍にも芸者にも加賀楓にも共通して言えることは、圧倒的に美しい佇まいを感じさせるということだ。

美しい富士山は近づいて見ればただの凸凹の岩山かもしれない。侍はただの前髪の禿げ上がったむさ苦しいおっさんかもしれない。可憐で優雅な芸者も側に寄って見ればただの厚塗り化粧の売女かもしれない。同様に加賀楓の顔だけを見て女装したオードリー若林や天童よしみと言う人間もいるかもしれない。

しかし日本人は富士山を誇り、侍に憧れ、芸者に心惹かれ続ける。そして今日も俺は加賀楓の画像を見ながら「加賀ちゃんは本当に美人だなぁ」と呟き、脳内で生け捕りにされた加賀楓を性拷問する変態エロ妄想を繰り広げ、硬く勃起した肉棒を右手で握りしめる。

哲学的に言えば、「美」とはその対象自体に顕在する要素ではなく、美しいと感じるものを見る人の内部で湧き起こる一種の内的現象なのだ。

日本人が富士山を見て美しいと感じる時、日本人の心の中には美が湧き起こり、俺が加賀楓の画像を見て「加賀ちゃんは美人だなぁ」と呟く時、俺の肉棒の中で精液と血液の充血が湧き起こる。これが美というものの本質である。

そこにはオードリー若林も天童よしみフェイスも関係ない。目の前の加賀楓を美しいと感じ勃起射精する俺の心と肉棒があるだけだ。顔が天童よしみにそっくりだとかオードリー若林に似ているだとかいう顕在的な一部分の要素は、美の基準とは全く無関係なのである。

「美しい佇まい」は決してそれ自体を部分部分の要素に切り分けられるものではない。近づいて一部分を見れば無数の岩石が転がり凸凹だらけだろうが、ただの前髪が禿げ上がったおっさんだろうが、化粧厚塗り女だろうが、全体としてその佇まいを見れば、富士山も侍も芸者も美しい。そして顔が天童よしみにそっくりだろうがオードリー若林に似ていようが、加賀楓の立ち姿と佇まいは圧倒的に美しいのである。批評の神様と言われた小林秀雄のこの言葉に全てが集約されている「加賀の美しさがあるのではない、美しい加賀がいるのだ」。

「美」とはその対象自体に顕在する要素ではなく、美しいと感じるものを見る人の内部で湧き起こる一種の内的現象である。では、富士山や侍や芸者や加賀楓を見た者に「美」を感じさせるものとは一体何なのであろうか。

美の本質の一例として、日本人が侍を美しいと感じるのは、表面的・顕在的な見た目の美しさの為ではなく、一本の刀に己の生死を懸ける潔く気高い生き様によって、日本人の心の中に一種の美の感覚を呼び覚まされるからである。

そして加賀楓にもまた、生け捕りにされても命乞いなどせず「くっ…殺せ!」と言い切るクールビューティーキャラの女剣士を思わせる潔く気高い雰囲気や生き様の美しさがある。


「くっ…殺せ!」のセリフが似合う高潔な女剣士の様な加賀楓の出で立ち

一本の刀に己の生死を懸ける侍。そして、捕らえられ精子をかけられる加賀楓。侍のその誇り高く高潔な生き様に日本人は心を動かされ、その佇まいに儚く尊い美しさを見出す。また一方で、加賀楓のその清廉さにハロヲタは股間を勃起させ、その佇まいに清涼で尊い美しさを見出すのだ。

「もののあはれ」とは、江戸時代後期の国学者である本居宣長が、著作「紫文要領」や「源氏物語玉の小櫛」などで提唱した、平安以前の古来から日本人の心に内在するという美の概念である。そして、この日本人の心に内在する「もののあはれ」という美の感覚を象徴する存在として、古来から日本人に愛されてきたとされるものが侍と桜なのだ。

江戸時代中期に書かれた武士道書「葉隠」には「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という有名な一節がある。これは日常の生活から常に死への覚悟を背中に背負って生きる潔く尊い武士の精神と生き様を端的に言い表した言葉だ。そして侍と同様に古来から日本人に愛される桜もまた、短い春の一瞬だけ咲き誇り、儚く潔く散り行く花である。

この様に生きながらに死を背負う侍や散り行く桜の花という対象に、儚く尊い美を感じる感覚が、日本人が古来から受け継ぐ「もののあはれ」だ。そしてこの「もののあはれ」という概念が内包する儚い美しさには、青春の最も輝く一瞬をハロプロに捧げるアイドル達にも通じるものがある。

侍や桜がその散り際に最も美しくある様に、ハロメンもまた、そのアイドルからの引退の散り際に最も美しい輝きを放つ。そしてハロプロ研修生時代から、ハロプロを卒業していく多くの先輩メンバー達の美しい背中を見続けてきた加賀楓もまた、散り行く桜の花の様に儚く尊いハロメンの生き様を端然と受け継いでいる。

そして加賀楓がこのように潔く清廉な生き様を感じさせる美人であるからこそ、そこからのギャップでそんな清らかで美しい真面目な加賀ちゃんを変態的な拷問凌辱プレイで汚す性的妄想に興奮して、最高に気持ち良く抜けるのだ。まさに変態性欲の捌け口として最適の存在が加賀楓だ。

そして侍の様に潔く清廉な佇まいと生き様が美しい加賀楓は、敵軍やモンスターに力及ばず捕らえられて「くっ…殺せ!」という台詞を吐きながら、結局意志に反して性的に凌辱されてしまう誇り高い女剣士役がとてもよく似合う。

いつも冷静で真面目で清廉なクールビューティーの加賀ちゃんが性的拷問によって強制的に精神崩壊するまで凌辱される、というそのギャップに性的興奮を感じるのだ。そして、加賀ちゃんに与えられる性的拷問の内容は、強制フタナリ化凌辱など加賀ちゃんが恥ずかしがる様な変態的なものであればあるほどいい。


変態的エロ妄想を掻き立てまくる加賀楓の素朴で清廉な佇まい(嫌々セクシーポーズをやらされながら)

俺がよく加賀ちゃんで抜いているのはこの様な妄想だ。

一人で最後までオーク達に立ち向かったものの、武器である槍も折れ完全に追い詰められた女剣士の加賀楓。それを仁王立ちで見下ろすオーク長。

加賀楓「くっ…殺せ!」

オーク長の合図で部下のオーク達は加賀を抑え込み縛り付けて、無理やり謎の薬を飲ませる。

加賀楓「離せ!やめろ!」

オーク長「フフフ あなたを殺したりなんかするわけないじゃないですか」

加賀楓「!!!その声はっ…!」

オーク長が光り輝くオーブを取り出すと、加賀を取り囲む醜悪なオーク達の姿が少女へと変わっていく。

広瀬彩海「ニヤニヤ この時の為に秘かに薬を開発して準備していたんですよ」

和田桜子「もうどうやっても私達から逃げられませんからね♡」

金津美月「もう永遠に加賀さんを離しません ニコッ」

小野瑞歩「加賀さんに飲ませたのは、クリトリス感度の巨大なメスチンポが生えて超淫乱になる薬です」

井上ひかる「乱れる加賀さんの動画もしっかり撮影して記録させて貰いますね♪」

加賀楓「くっ…殺せ!」

次回へ続く・・・

ここでエンディングテーマが流れる

「オークになりたいっ!!!」(ハロプロ研修生)

オークになりたい(オークになりたい)
種族の差は気にしないで
オークになりたい(オークになりたい)
変態加賀ヲタ I wanna be your Oak

という様な内容のハロメンやハロプロ研修生達がフタナリ化した加賀ちゃんを変態拷問プレイで延々と性的に辱める実写アニメ番組が毎週全国放送される、というのが俺がよくオナネタにして抜いている妄想だ。

加賀ちゃんはこの後、広瀬彩海の巨乳によるメスチンポへのパイズリで何度も何度も強制的に射精させられ、小野瑞歩のフェラチオによって強制的に精液を吸い取られる。最後には「私…もう我慢できない…!」と完全に欲情し股間をグチョ濡れにした金津美月が「お願い…もう堪忍して…」と哀願する加賀ちゃんの上に跨り、加賀ちゃんの巨大メスチンポを自分の膣に挿し込んで狂った様に激しく腰を振り乱れまくる、そしてその様子を井上ひかるに動画で撮影され、その映像をYouTubeにアップされて世界中に配信されるというストーリーだ。

ハロメンや研修生達に性欲の捌け口としてレズ輪姦され、容赦なく何度も何度も精液を搾り取られるフタナリの加賀ちゃん。巨大メスチンポから何度も何度も精液を搾り取られながら、クリトリス感度の巨大メスチンポの感度が高過ぎて、研修生達に勃起した巨大メスチンポを弄り回されると、我慢し切れずにあっという間に勢い良く精液を噴出してしまうフタナリの加賀ちゃん。何度もイかされ精液を搾り取られ尽くして、大量の愛液を垂れ流しながら研修生達からのレズレイプによって完全に心折れてグッタリとするフタナリの加賀ちゃん。そしてその恥ずかしい動画をYouTubeにアップされ世界中に映像を配信されるという絶望的な恥辱を与えられるフタナリの加賀ちゃん。

この様にハロメンや研修生による強制フタナリ化輪姦レズ凌辱プレイが加賀ちゃんにはよく似合う。クールで清廉で素朴で真面目な美人の加賀ちゃんであるからこそ、強制的に股間に巨大なチンポを生やされて恥ずかしがっているリアクションなども良く似合う。そして加賀ちゃんには、強制的にメスチンポを生やさせた挙句、ペニスを激しくしごきながら胸を乱暴にぐにゃ揉みに揉みしだいてメスチンポから大量の精液を勢い良く射精させて、ペニスレイプしてやりたくなる。男女兼用性処理便器用メスチンポ肉バイヴ加賀楓は、脳内変態エロ妄想ストーリーの創作意欲を強烈に掻き立てるまさに変態性欲の捌け口にうってつけのパーソナリティの持ち主なのだ。

そして加賀ちゃんは圧倒的な清潔感に溢れていて、フタナリ化させて股間に肉棒を生やしても全く不潔な感じがしないのである。ペニスレイプ凌辱によって、亀頭を指でツンツンしたり肉棒の裏筋を撫でたりとペニスを愛撫して徹底的に弄んで強制勃起させ、いやらしい喘ぎ声を出すくらいにペニス性感を責めまくり、そしてペニスをねっとりとむしゃぶり、最後のフィニッシュでは肉棒を激しく手コキしてイかせ射精させて、ペニスを完全に性的に征服したい唯一のハロメンが加賀ちゃんだ。


フタナリ凌辱プレイで犯される姿が似合う「かえでぃー」こと加賀楓

武士の精神的規範を示した武士道書「葉隠」には、侍や武士同士のチンポしゃぶり変態ホモ同性愛行為である「衆道(しゅどう)」の心得について以下の様な内容の記述がある。

1716年頃に書かれた『葉隠』には、武士道における男色の心得が説かれ、「互いに想う相手は一生にただひとりだけ」「相手を何度も取り替えるなどは言語道断」「そのためには5年は付き合ってみて、よく相手の人間性を見極めるべき」としている。また、相手が人間として信用できないような浮気者だったら、付き合う価値がないので断固として別れるべきだと説き、怒鳴りつけてもまとわりついてくるようであれば、「切り捨つべし」と言い切っている。そして『葉隠』では武士における衆道は、命がけのものが最高のこととされた。

衆道 – Wikipedia

ハロメンの中で唯一加賀ちゃんだけに、フタナリ化させて巨大クリトリスの肉棒を生やさせペニス凌辱レイプしたい、と思わせられるのも、この様な清廉で潔い武士の心構えと通じる精神性の高さを持つ加賀ちゃんの「くっ…殺せ!」感のある生き様や立ち居振舞いによるものだろう。

「命がけのものが最高」とされた武士道における衆道と同様に、ハロメンの強制フタナリ化凌辱プレイも、命がけの女剣士の「くっ…殺せ!」感のある加賀楓でなければ、最高に抜ける変態エロ妄想が成立しないのである。

以上、死を潔しとする武士道の精神、そして「もののあはれ」という日本古来からの美の概念を解説しつつ、日本の美を体現する加賀楓の美しさと変態性欲の対象としての魅力を例証してきた。

最後に、かつて武士道を起源に発展しハロヲタとしての心構えを継承する「ハロ道」、そしてそのハロ道の伝承の為に武士道書「葉隠」の裏の書として書き記された「ハ隠」から、このブログ「ハロプロオナペットワールド」の副題でありハロ道の真髄を表すこの言葉で記事を締めたい。

「ハロ道と云ふは抜く事と見つけたり」